TOP > > その症状、実は橋本病?!体質や歳と勘違いされやすい症状をチェック

その症状、実は橋本病?!体質や歳と勘違いされやすい症状をチェック

橋本病とは甲状腺の機能が低下していく病気です。甲状腺とは甲状腺ホルモンを作っている器官で、機能が低下し甲状腺ホルモンが不足してしまうと代謝が悪化し、むくんだり疲れやすくなります。

あまり聞き慣れない病気かもしれませんが、実は珍しい病気ではありません。男性より女性のほうがなりやすく、男性の20倍とも言われます。40代以降でなりやすいとされてきましたが、最近は若い女性にも多いことがわかっています。

この病気の特徴として、体の中で変化が起きていても自分で気付くような症状はなかなかあらわれないということです。また徐々に出てくる症状にも個人差があり、他の病気と間違えられることもあります。

50代以降の女性の場合、更年期障害と間違えられやすくなります。自分が橋本病であることに気付いていない人も含めると、実際の患者数は中年女性の20~30人に1人(10人に1人とも言われます)ではないかとされます。

初めは首がはれるだけ

橋本病は自己免疫疾患といって、外から来た敵を倒そうと自分で作った抗体が、間違って自分の甲状腺を攻撃してしまうことで起きます。甲状腺は炎症を起こして機能が徐々に低下していきますが、初めのうちは多少の余裕もあり、甲状腺ホルモンを正常に分泌できるため体調の変化は特にありません。

最初の症状は首のはれです。首のはれは甲状腺のはれによるもので、抗体の攻撃を受けて炎症を起こしてはれてきてしまうのです。場所は鎖骨の上、のど仏の下あたりでゴツゴツした固いはれになります。

はれの大きさは人によってまちまちです。大きいからといって甲状腺の機能低下がひどいわけではなく、またあまりはれていなくても機能低下が激しいこともあります。普通は痛みもなく(ごくまれにはれがひどくなり痛み、熱が出ることもあります)、気道や食道が圧迫されるということもありません。まれに下を向いたときに圧迫感があるくらいです。

人によっては首がはれるだけで、機能低下による症状は一生あらわれないということもあります。

その後、全身症状が・・・

その後も抗体による攻撃が続いていくと、甲状腺の機能は低下し全身に症状が出るようになってきます。症状には個人差がありますが、全体の印象としては元気がなくて年齢よりも老けてみえるといった感じです。

寒がりになる、肌がカサカサになる

代謝を高める甲状腺ホルモンが不足することで、熱を作り出せずに寒がりで冬が苦手になります。汗をかく力も弱くなり、皮膚が潤いを失いカサカサしてきます。

むくむ、食べないのに太る

新陳代謝が悪くなることで体内の水分は外に出ないで中にたまり、しだいにむくんできます。余分な水分がたまることで、食べないのに太っていきます。

独特な顔つきになり、声がしわがれる

むくみは全身に広がり、顔がむくむことでまぶたがはれ、唇が厚くなり独特な顔つきになります。舌がむくんでろれつが回らなくなったり、声帯がむくんで声がしわがれることもあります。

疲れやすい、だるい、起きられない、気力がない

体が重く感じられて疲れやすくなります。また朝の目覚めが悪く、昼間も眠気が続くようになります。

集中力低下、記憶力低下、思考力低下

甲状腺ホルモンが不足すると精神面にも影響が出ます。今まで普通にやってきたことも、こなすことが大変になってきます。

月経異常

月経の周期が長くなったり量が増える、だらだらといつまでも続いてしまうなどということもあります。

その他にも便秘ぎみになる、筋肉がつる、脈がゆっくりになる、コレステロール値が上がるなどということもあります。

症状は徐々にあらわれてくるため、歳のせいにしたり他の病気と間違えてしまいやすくなります。血液検査などですぐわかるのですが、一般の検診では調べない項目のため見逃すこともあります。気になる症状がある方は一度、甲状腺専門の医療機関でみてもらうとよいでしょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る