TOP > > 愛用の育毛剤は医薬部外品?効果で話題の医薬品の発毛メカニズム

愛用の育毛剤は医薬部外品?効果で話題の医薬品の発毛メカニズム

「あれ?ここ、髪が薄くなっている!」ある日突然薄毛を発見する衝撃…今まで太くて多い髪を自慢に感じていれば尚の事、その衝撃はもはや恐怖以外の何物でもありません。

髪への執着は、男と女では違う

そこで今日は、この薄毛のトラブルについて、主に男性の読者を対象にして、お役に立つ情報をお届けしてまいりましょう。今でこそ茶髪の男女が増え、黒髪等は却って重い印象を与え兼ねない、そんな時代になって久しい感があります。ところが、ほんのひと昔前には女性に黒髪がもてはやされ、「黒髪は女性の命」という言葉が一人歩きしていたものです。

女性なら髪に執着するのも分かるが…

然しながら、その色が茶であれ黒であれ、髪の毛に対して抱く美の執念は、時代を超えて全ての女性が潜在的に備えていると申せましょう。従って、「黒」の文字が取れたところで、「髪は女性の命」と言い回すのであれば、それは現代女性の美しい髪への執着を象徴する言葉として、今でも十分に通用するに違いないのです。

一般的に男性は、女性ほど髪に執着しない

それでは、いかにも「男性には髪への執着はない」と言わんばかりですが、勿論何事にも個人差の問題が付いて回ります。従って、自分の髪の毛に尋常ならざる関心を寄せる性質を持ち、頭髪の手入れを怠らぬ男性も世の中に存在しても、少しも不思議ではないのです。

それ以外にも、美容師等の職業の男性がかなりの割合で実在する訳ですから、彼らを見る限り自分の髪よりも「女性のお客様の髪を美しくしたい」というプロ意識は、並の女性の髪への関心をも上回るに違いないと痛感させられます。

それでも、やはり世間一般を見渡すならば、やはり多くの男性は女性ほど髪の毛に意識を向けない、そんな傾向がある現実は否定できないのです。

それでも、薄毛や抜け毛が始まると、どんな男性だって動揺する

然しながら、いかに髪にこだわらぬ男性であっても、薄毛の兆しを発見しても平然としていられる、そんな男性は皆無ではないでしょうか?

そりゃあ誰だって自分の髪の毛が薄くなったら、はたまた際限なく抜け始めたら、どんな男性だって驚愕と落胆を覚えるのは間違いありません。これが更に、薄毛どころか抜け毛であった場合には、その発見はもはや恐怖以外の何物でもないでしょう。

男性の髪への執着は、髪を失い始めて始まる

それでは、実際に髪の毛が減り始めたら、どう受け止めれば良いのでしょうか?それには何と言っても、前向きでなくてはなりません。

髪に関心を持たせる為に、神が仕組んだ出来事かも

もしかしたら、薄毛や抜け毛に代表される髪のトラブルは、男性の関心を髪に引き寄せる為に、神(こちらはもう一つのカミですが…)が与え給うた出来事なのかも知れないのです。

この様に、何事も前向きに受け止めて対処すれば、必ずや薄毛や抜け毛のトラブルが契機となり、素晴らしい頭髪を獲得する展開が待っているに違いありません。

因みに、このサイトでは、男性を対象にした頭髪のトラブルの中でも、抜け毛よりも薄毛の方に焦点を絞っていますので、この点にはあらかじめご理解を下さるようお願いします。

薄毛になったら、リアップでフサフサ髪を

ところで男性に薄毛、つまり髪が薄くなる現象が起こったら、一体どう対処すれば良いのでしょうか?

薄毛を見つけたら、薬で治すか受診するか

確かに、「受診だなんて大袈裟な」と感じれば、人知れず塗り薬を塗布する道もありますが、もし自分で処置するのが面倒なたちであれば、医院を受診して、安全な専門家に一任する方法もある訳です。

結局のところ、個人の価値観に委ねられるべき問題ですが、どちらの方法を選択する場合でも、事前に情報収集する必要はある訳です。

薄毛を克服した高齢男性に取材する

そこで、筆者が親族の高齢男性に取材した結果、その人物から長年の経験を元に教えられた情報を、ここで読者の皆さんに伝授してまいりましょう。

リアップの効果が断トツという取材結果

それによると一言でいえば、先ずは「自分で塗り薬を試した方が良いのではないか」、という事に落ち着きそうです。それも、その塗り薬なら何でも良い訳ではなく、「効果があるのは、『リアップ』だ」と言うのですね。

そこで更に続けて聞き出した情報は、まさに驚くべき内容であったと言わざるを得ません。と言うのは、「リアップに効果が有る事実は、もう厚生省が認めているから」ときたからです。

だから、これを聞いた途端に、「リアップの効果は、他の製品とは比較にならない位、桁外れに大きいのか」と直感した訳です。勿論、当サイトはリアップの宣伝をする所ではなく、男性の薄毛を色々な発毛剤で改善する、その情報をお伝えする為の場所に他なりません。

それでもリアップに限らず、あまりにも著しい効果を発揮する製品が出現しているのであれば、やはりこれは読者の皆さんにとって有益な情報として触れておく必要があると考え、あくまでも商品の選択肢の一部としてご紹介する次第です。

発毛剤…国産より海外の方が、効果は高い

それから、筆者の取材に答えてくれた親族は、更にこんな内容の情報も与えてくれました。それによると、「発毛剤は、日本製では効果が薄い。外国製の方が効果が強いんだ」との事です。

それを聞いた途端、「それじゃ、その抜群の効果を発揮すると言うリアップが、効果の薄い製品しか作れない日本で誕生した訳?」と思わず聞き返しそうになったのですが、それもその筈、何と大正製薬で有名なリアップは、アメリカのファルマシア・アップジョン社が開発した製品が前身なのですね。

聞き出した情報にこそ、本物の価値がある

ところでリアップに限らず、「本当に有益な情報をもたらす人というのは、先ず間違いなく情報の出し惜しみをするもの」と、この世では相場が決まっています。

本当に儲かる話なら、誰も教える訳がない

何故でしょうか?それでは、少しばかり脱線しますが、幾つかの例を挙げて、その理由を考えてみましょう。例えば、金儲けの場合を挙げますが、「大金が儲かりますよ」と相手の方からやって来るのは、例外なく私がお金を巻き上げられる側にされています。

これ等、振り込め詐欺の類の犯罪にも、合法と違法の狭間にあるマルチ商法にも、全てに共通する争いに満ちたこの世の仕組みです。ちょっと冷静に考えれば、仮に本当に大きなお金が儲かるのであれば、誰が他人にわざわざ権利を渡す為に接近なんかするでしょうか。

とうの昔に自分だけで大量のお金を確保し、接近する人間をことごとく疑って遠ざけ、誰も来られない場所に身を潜めるに決まっているではありませんか。

天才的な技術であれば、伝授などできない筈

実はこれ、特殊技能の伝授の場面にも、通用する法則です。即ち、その技術に本当に価値があれば、弟子の誰にでも教えたりなどしません。まさに一子相伝の極端な世界ならずとも、「職人技は盗んで覚えよ」の世界ですが、それは必ずしも敵に対する警戒心から教えないとは言い切れません。

何故なら、この世では本物の技術というのは、即ち神がかり的な技術と言うのは、いかに善意の塊の様な人物であっても、そう簡単には外部には伝えられない仕組みに、最初からでき上がっているからです。

従って、もし「私の所では技術は公開しています。あの世に持って行っても仕方がないから」と言う人がいたら、それはあくまでも体系付けが可能な一般的な部分に限定して公開し、伝授が難しい技術の核心部分は門外不出で隠しているか、もしくは全面公開ができる程、最初からその人物が持っている技術が大した水準ではないか、そのどちらかであると言わざるを得ません。

そして実はこの場合、経験に基づいて特定するなら、後者の可能性が限りなく高くなるのです。

隠したがる人から聞き出したからこそ、リアップが効く情報は精度が高い

一体何が言いたいのかと聞かれそうなので、それではいよいよ本題に戻りますが、要するにリアップの効能がいかに本物か、その価値を実感して欲しいからこそ、一見無関係な話題を持ち出したに過ぎません。

つまり、筆者が取材をした男性の親族は、先程も申し上げた通り高齢者です。要するに、身内にリアップの宣伝をしたからと言って、今更その年齢で「大正製薬」からお金を貰おうだなんて有り得ないし、そんな事実も気持ちも皆無といっても過言ではないのです。

しかも、ここからが重要な点ですが、その高齢の男性親族が面倒がって話を打ち切ろうとするのに、それを筆者が食い下がって聞き出そうとした訳です。言うなれば「リアップが効く」という言葉は、話を避けようとする相手から、当方が無理やり引き出した情報に他なりません。

まさにここで、先程お伝えしたお金や技術をめぐる、この世の法則と重なって来るのですが、要はリアップの効能は相手が出し惜しみした情報だからこそ、おそらくはその効能は本物に違いないと判断できるのです。

誰だって発毛剤で髪を復活した過去なんて隠したい

結局のところ、「薄毛にはリアップが効く」と、申し訳程度に一言だけ述べて話を打ち切った背景には、「髪は元々フサフサだったという事にしたいのに、リアップの情報ばかり聞き出されて参ったなあ」という、本音の羞恥心が少なからず存在したに違いないのです。

そうなのです。「リアップ」が効くという情報に筆者が価値を認めるのは、何よりも嫌がる相手から聞き出した経緯があるからに他ならないのです。

リアップも例外ではなく、万人に効く薬など有り得ない

だからと言ってリアップが万能かと言えば、それは有り得ないと申し上げておきます。何故なら、いかなる画期的な製品であっても、体質や症状に千差万別が存在する以上、あらゆる人に効力を発揮するなんて、それは有り得ない話だからです。

ただ、「一度はリアップを試して下さい」とは、自信を持ってお勧めできます。その結果、もし抜群の効果が発揮され、見違える様に髪が生えたら、素晴らしい展開ではありませんか。

仮に、全く効かなかったとしても、まさか髪が抜ける程の害が発生する筈もなし、単に髪が生えないだけの元通りの状態である訳だから、早々に見切りを付けて他の製品に乗り換えれば済む話です。

リアップは効果と価格の優等生

ところでリアップ、万人向けかどうかは別にして、相性の良い髪に対する効果は、どんな風に発揮されるのでしょうか?そこで先ず、具体的な例を挙げて、ご説明してまいりましょう。

何と「地肌に髪が生える」…リアップの効果のもの凄さ

例えば、こめかみ周辺の髪が薄くなり、地肌が目立ち始めたケースです。

この方の場合は、リアップの使用を開始してから、数ヶ月が経過した頃に、髪全体が太く固くなったのを実感したそうです。更にもう一ヶ月が過ぎると、確かに毛が無かった筈の部分にまで、何と柔らかな細かな毛が生えて来たと言うのです。

その発毛は、半年後には頭髪の全体にまで及び、同時に、あれ程後退を続けた生え際が、前進したのを発見したのだそうです。つまり薄毛に悩んだ人が、リアップの使用を開始したら、わずか六ヶ月で効果を確信した訳です。

勿論、髪が以前の太さと固さを取り戻して、頭髪全体のボリュームが増えたのも驚きです。しかし何よりも、「一旦髪が抜けた後の地肌に、また元通り髪が生えて来る」なんて、これはもの凄い事実だと驚愕しませんか!

この様に、奇跡と絶賛されても良い位、頭皮自身による発毛を、リアップなら後押しする事ができるのです。何故でしょうか?それはリアップが市場に存在する、唯一の発毛剤だからに他なりません。

病院やサロンよりも経済的、リアップの発毛

しかも優れているのはその価格で、代表的な種類の「リアップX5」でも7,400円に過ぎません。それも数日で使い切る製品ならまだしも、リアップの場合は理想とされる使用法の「1日2回」を守っても尚、1本だけで1ヶ月間使える分量があるのです。

これだと仮に1日1回の使用に抑えるなら、2ヶ月は持つ計算になりますよね。これ、高いでしょうか?いいえ、決して高くはない筈です。何しろ、1本で1~2ヶ月も持つのですから…。分かり易く、これを一日当たりに換算したら、2回使用で246円、1回使用で123円に過ぎません。

この他、リアップには「リアップジェット」等、数限りない種類が存在しますが、このリアップジェットなんて3,800円ですから、それは安いものです。これが仮に、病院やサロンで本格的な処置を受けるなら、相当な出費を覚悟する必要に迫られるのですよ。

それと比較するなら、こんなに安上がりな薄毛対策は、そう何処にでも転がってはいない現実に気が付く筈です。過去の時代には、経済的な余裕がないが故に、薄毛を放置せざるを得ない人が、相当数存在したと考えられます。それを思えば今は、手頃な値段で豊かな髪を取り戻せるのですから、現代に生を受けた幸運に感謝せずにはいられませんよね。

リアップから見えて来る、発毛剤と医薬品の位置付け

それでは、リアップの効果は何処に根拠があるのか、その秘密を探ってみようではありませんか。

発毛剤と育毛剤の定義

このリアップが「国内で唯一の発毛剤」であるとの情報ですが、そもそも発毛剤は育毛剤と何が異なるのでしょうか?それは言うまでもなく文字通りで、髪を生やすか髪を育てるかの違いと片付ければそれまでです。そこを各々明確に定義づければ、一体どういう違いがあるのでしょうか?実は、以下の違いがあります。

発毛剤→毛の抜けた毛穴から、毛を生やす効果を持つ物
育毛剤→元から生えている毛を、太く育てる効果を持つ物

「何だ。こちらも当たり前じゃないか」と笑われそうですが、この当然の部分を認識するかしないかで、効果を活かせるかどうかが決まるといっても過言ではありません。因みに、

養毛剤→既に生えている毛に、栄養を与える物

なんていう物も存在します。ところが、こちらの養毛剤、よく見ると効果がある等とは、何処にも書かれてありません。それに反して、発毛剤と育毛剤の方は、効果があると明確に表記されてあります。

従って、養毛剤に効果があると思い込むと、使用後に落胆する羽目になりますから、やはり知識は必要になるのですね。何れも皆、誰もが何気なく使用する名称ですが、混同して使う人が大部分でしょうから、この際区別して認識しておこうではありませんか。

医薬品と医薬部外品の定義

さて、リアップは、医薬品なのでしょうか?その通りです。リアップは医薬品です。だからリアップは良く効くのですね。然しながら、この様に医薬品である以上、効果が有るのは当然であって、むしろ効果が無い時に問題にする必要がある訳です。

従ってリアップの効果に対して、何もことさらに驚嘆する必要はないのです。因みに、リアップの中には、代表的な「X5」(塗布するタイプ)の他、「リアップジェット」(噴射するタイプ)(ジェット式エアゾール)等、数え切れない程の種類がありますが、今挙げた二種類は医薬品の中でも、第1類医薬品に分類されます。

ところで、日常的に至る所で目にする、医薬部外品の表示ですが、これの医薬品との線引きは、何処でなされているのでしょうか?実は、これだけの違いがあるのです。

医薬部外品→医薬品ではなく、医薬品に準ずるもの。効果を持つ成分は配合されるが、予防に目的が置かれる。

医薬部外品→医師が処方したり、薬局:薬店で市販される薬。配合される有効成分の効果は認定済みで、予防の他治療に主に使用される。

医薬品・医薬部外品と薬事法の関係

そして、この医薬品と医薬部外品の区別は、日本の薬事法に基づいて実施されているのです。因みに、日本の薬事法は海外よりも厳しく、国内に流通する薬は全て、薬事法の細かな規制を受けます。

従って、効力の強い薬を求める場合等は、海外から個人輸入等で取り寄せるしか方法がなく、言うなればこれは全て自己責任に他なりません。当然の事ながら海外の製品では、桁外れの効能というメリットだけを享受できるとは限らない訳で、時には副作用や粗悪品等をつかまされるリスクを背負う覚悟も必要になるからです。

それならば、国民の健康と安全を第一に考えて、素性の知れない製品を水際で追い払ってくれる、そんな有り難い薬事法に保護される環境に感謝し、この法律で認められた薬だけを堂々と使用して行く、そんな選択肢がやはり無難とお勧めできるでしょうか。

因みに、リアップの場合、アメリカで開発されたとは言え、製造販売元は大正製薬という、れっきとした日本の会社です。決して、リアップだけをお勧めするつもりはありませんが、リアップであれば海外発の効果の凄さと、薬事法に守られた国産の安心感を兼ね備えているので、何と言ってもお勧めできると申せましょう。

発毛剤と育毛剤は、医薬品か医薬部外品か

ところで、一般的な発毛剤と育毛剤は、医薬品と医薬部外品のどちらに、分類されるのでしょうか?実は、意外にも育毛剤は、医薬部外品の方に含まれるのです。そして、「リアップが発毛剤であり、医薬品である」という事実も、既に理解しました。

それでは、リアップ以外の発毛剤も同様に、医薬品に分類されるのでしょうか?たぶんリアップが医薬品の部分が宣伝されるという事は、いかにも他の発毛剤は医薬品ではないと言わんばかりなのですが…。実は、それ程大げさな状況でもなく、発毛剤の全部の製品を見た場合、医薬品と医薬部外品の二種類が存在するのです。

勿論、リアップがアメリカ発とは言え、国内で唯一の発毛剤である以上、リアップ以外の発毛剤は我が国に存在する筈がありません。従って、海外に目を向けるならば、リアップ以外の発毛剤の中にも、医薬品が存在する可能性は十分にあるのです。

その薄毛…ゆっくり来るならリアップ、急に来るならプロペシア

この様に、リアップの効果の凄さは、現在も語り継がれています。然しながら、そんなリアップも、全ての薄毛に効く訳ではありません。

リアップのミノキシジルが効くのは、血流障害が原因の薄毛だけ

そうです。リアップは万能ではないのです。それは、体質の問題でしょうか?いえ。勿論それもありますが、一番の理由は、リアップが効果を発揮する薄毛は、原因が特定されているからです。と言う訳で、リアップが効くか効かないかを、試す前に知りたければ、自分の薄毛の原因を絞り込まなくてはなりません。

先ず、リアップが効果を現わすのは、「ミノキシジル」という主成分のなせる業なのですが、実はこれは頭皮全体の血流障害を対象に、その方面の治療に効果を発揮する成分に他なりません。即ち、リアップが薄毛を治すのは、そのミノキシジルの働きによって、頭皮全体の血流が改善された結果に過ぎず、だからこそ高い発毛効果が発揮される、という仕組みなのです。

事実、本来ミノキシジルは別の用途の薬であり、何と元は「血圧降下薬」だったという歴史を持っています。ところが、その服用者に多毛症の副作用が発生した為、そこに着目した当時の米国のアップジョン社が、現在のリアップの前進としての「発毛剤」を誕生させ、医薬品の認可まで獲得したのです。

何とリアップではなくロゲインが、ミノキシジル発毛剤の先駆けだった

実はその発毛剤は、リアップではなく「ロゲイン」でした。従って、「ミノキシジル発毛剤」として世界で初めて認可されたのは、アメリカのアップジョン社によるロゲインなのです。

時々、ロゲインをリアップのジェネリックと勘違いする人もいますが、ロゲインの方がリアップよりもミノキシジル発毛剤では先駆者になるのですね。そんな経緯もあってか、国内でリアップを買うよりも、ロゲインを個人輸入通販で購入する方が、日本の何倍も安いという判断が生まれています。

事実、現在では大勢の人が、フィナステリドやミノキシジルの購入に、海外通販を利用している現実がある位です。中には、リアップよりも「ロゲイン5%」の方が効果が上だ、という声も上がっていますので、参考にされても構いません。

その忌まわしい副作用を、こんな輝かしい効果に変える等、逆転の発想は素晴しいの一言に尽きますが、何故リアップが全ての薄毛に万能ではないのは、その理由はこれでご理解いただけたと思います。

リアップが得意なのは、壮年性の脱毛症だけ

因みに、リアップが得意とするのは、脱毛の中でも壮年性脱毛症だけです。この壮年性脱毛症というのは、遺伝性で徐々に進行する、薄毛や抜け毛を意味します。従って、同じ脱毛症でも、急激に症状が進行する、円形脱毛症等に対しては、リアップは効かないと判断して下さい。

AGAが原因の薄毛には、プロペシアのフィナステリドしか効かない

そうです。その薄毛の原因が、血流障害ではない場合には、いかに画期的なリアップと言えども、発毛効果は期待できないのです。だからもし、薄毛の原因が、AGAと呼ばれる男性型脱毛症であれば、リアップを単独で使用しても無意味です。

因みに、AGAとは男性型脱毛症とも呼ばれ、思春期以降の男性に多く発症する薄毛で、頭頂部や前頭部の毛が両側から消えて行く特徴があるので、判別は比較的容易です。意外にも、男性の薄毛や禿げの原因は、大部分がこれと解釈して差支えないそうです。

もし、薄毛の種類がこのAGAであった場合、効果を発揮するのはプロペシアだけです。実はプロペシアには、有効成分フィナステリドが含まれているのです。更にはAGAに於いては、この「フィナステリド+ミノキシジル」の組み合わせが、最大の効果を発揮します。

髪が生えれば人生が変わる

いかがでしたか?薄毛の悩みの参考になったでしょうか?

凄い効果の発毛剤が、格安価格で買える

それにしても、現代に生まれて良かったですね。目を見張る効果を現わす発毛剤が、信じられない程の安値で手に入るのですから…。髪の毛が生まれ変われば、本当に人生も好転しますよ。どうか予防に治療に頑張って、髪を取り戻して下さいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る