TOP > > 女の薄毛は洗いすぎ!ストレス抜け毛は洗い方を改善し予防しよう

女の薄毛は洗いすぎ!ストレス抜け毛は洗い方を改善し予防しよう

抜け毛や薄毛の悩みと聞くと男性を思い浮かべますが、女性にとってもその悩みは重いもの。ストレスや血行不良、紫外線ダメージなども原因ですが、全ての予防には、まずヘアケア用品の選び方と手入れ方法が最重要です。

女性の場合は清潔である事を気にしすぎ、髪や頭皮を酷使しすぎている事があるのです。まずは抜け毛が増える原因を知り、症状に合ったケアをしていく事が大切です。

薄毛の悩みは精神的ダメージも大きい

髪は女性の命といいます。それほど髪の健康は女性にとって大切なものです。薄毛によって心に受けるダメージは大きく、気持ちを内向的にしてしまいます。実際、髪の健康を決めるのは頭皮の状態です。

髪を育てる畑となる頭皮の状態が悪いと、抜け毛や薄毛の問題が起こります。頭皮はストレス、紫外線、洗浄の仕方など様々なダメージを受けています。髪にばかり意識がいって、頭皮のダメージを改善していなければ意味がありません。

頭皮に悪い生活習慣とは

頭皮を酷使する一番の原因は、毎日の洗髪です。汚れを落としたくてゴシゴシと強い力で洗っていませんか?洗いすぎは頭皮を痛め、乾燥させます。毎日洗っているのにベタついたり、痒いなどの症状が出てきたら、頭皮が乾燥している可能性が。

強い力で洗いすぎるのは、頭皮には酷です。頭皮は指の腹で優しく洗うのが基本です。髪の汚れは、シャンプーの泡で十分に流せます。大切なのは頭皮です。

シャンプーの成分にも気を付けよう

髪のツヤや潤いをうたった商品の中には、髪をコーティングする成分が入っているものがあります。シリコンや界面活性剤がそれにあたります。長期的に使いすぎると毛穴を詰まらせ、かゆみやフケ、抜け毛などの頭皮トラブルになる事も。

しかし、これらを過剰に気にするのも問題です。手持ちのシャンプーでも大丈夫です。まずは、シャンプー前にお湯でのすすぎ洗いをしっかりした上で、泡立てたシャンプーを髪に乗せましょう。シャンプー前の丁寧なすすぎ洗いが大切です。

シャンプーは洗浄が基本です。潤いやツヤは健康な髪があってこそ。見せかけよりも自毛の状態が大切です。その上でのツヤは、トリートメントやリンスで補えばいいだけの事。優しく洗える石鹸シャンプーやノンシリコン、オーガニックなどのシャンプーを試してみるのもいいでしょう。

【髪の洗浄のポイント】
・頭皮を洗うことが大切!
・指の腹を寝かせて、頭皮をマッサージするように洗います。
・シャンプー前のすすぎ洗いを丁寧に。シャンプーの泡立ちが良くなり、頭皮への刺激が少なくてすみます。
・ノンシリコンや、オーガニックシャンプーを試してみましょう。
・シャンプーは洗浄が基本!潤いを残しすぎるシャンプーは避けましょう。
・シャンプー後のリンスやトリートメントは毛先中心でつけましょう。頭皮には直接つけないようにします。

紫外線には要注意です!

紫外線が肌に悪い事は誰もが知っていますので、日焼け止めなどで気を使っている方は多いでしょう。しかし髪はどうでしょうか?紫外線は髪にも大きなダメージを与えます。髪は黒いので、紫外線の影響をしっかりと受けます。

髪の毛へのダメージ、頭皮のダメージを予防する為には紫外線対策が必須です。特に夏の日差しが強い時期のダメージは、秋に抜け毛の多さとなって現れます。

髪の為のUVカット商品

UVカット加工の帽子や、髪にも使えるUVスプレーを利用しましょう。ただ全身用のスプレーはベタついたり、乾燥させてしまう事もあるので、できれば髪専用のUVスプレーを使ってみましょう。ベタつく事もなく、不快感なく使うことができます。

ドライヤーのダメージを少なくする為に頭皮を素早く乾かす

ドライヤーの熱をダラダラと長時間髪に当てるのは、ダメージにつながります。まずはしっかりとタオルドライをした後に、指5本を使い、髪をかき分けて頭皮を乾かしましょう。頭皮が乾くと髪全体が乾きやすくなるので、頭皮、根元、毛先の順番に乾かします。

ドライヤーの正しい使い方

1.タオルドライをしっかりとしておきましょう。髪をこすらずタオルで髪を挟み込むようにして水分をタオルに吸収させます。

2.ドライヤーは強風で素早く乾かしましょう。弱めの風でゆっくり乾かすのは、一見髪に良さそうでも、熱を長時間当てるほうがダメージにつながります。

3.乾かす順番は、頭皮、根元、髪の内側、毛先の順番です。

4.5本の指で髪をかき分けて、頭皮に熱を当てていきます。ドライヤーを揺らしながら、同じ場所に熱がたまらないようにしましょう。ドライヤーを髪に近づけすぎるのも避けましょう。

5.毛先は弱めの熱で、さっと乾かします。

6.抜け毛が多い場合は、髪を緩く縛ってまとめて寝てもいいでしょう。根元から縛るのではなく、軽く束ねるつもりで。寝ている間に、枕との摩擦で髪が痛み、抜けやすくなる事を避けるためです。

整髪料の使い方に気をつけましょう

髪をセットする時に使う整髪料は、毛穴を詰まらせる場合があります。ジェルやムースなどは頭皮に直接つくことがないように、手で揉み込んでから、根元から離して少量ずつつけていきましょう。

スプレータイプのものなら、髪から離して、手で揺らしながら同じ場所ばかりにかけないように気をつけましょう。そして整髪料を使用した日は、必ず洗髪をしましょう。

ストレスダメージも外的ダメージもまずは食べ物から改善!

髪の為にはタンパク質を取りましょう。髪に良いとされる海藻類とともに、肉や魚、卵などもバランスよく取る事が必要ですが、脂っこい肉は頭皮環境にはやや微妙な部分も。その場合は鶏肉などヘルシーなものを選ぶといいでしょう。

いかがでしたか?抜け毛や薄毛の予防は、まずは洗髪の仕方や、外的刺激に気をつける習慣が大切です。心的要因の脱毛症などは病院への受診が必須ですが、薄毛、抜け毛の予防は日々の習慣を改める事が大切です。

まとめ

  • 頭皮を強く刺激しない。
  • 洗髪の仕方、特にシャンプーに気をつけてみる。
  • 紫外線は必ず予防!
  • ストレスも外的ダメージもまず食べ物から見直して内側を健康に。
キャラクター紹介
ページ上部に戻る