TOP > > 男性型脱毛症『AGA』とその治療薬『プロペシア』の効果とは?

男性型脱毛症『AGA』とその治療薬『プロペシア』の効果とは?

薄毛、抜け毛といってもその原因は人それぞれです。自己免疫機能が原因の円形脱毛症、フケが増えて毛穴が詰まることが原因の抜け毛などありますが、男性型脱毛症『AGA』は遺伝的な原因が大きいとされます。

成人男性で額の生え際、頭頂部のどちらか、もしくは両方が薄くなってくる症状がAGAです。遺伝的な原因の他に生活習慣なども原因とされますが、大きな原因のひとつがジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンだろうとされています。

髪の毛は一定のサイクルで成長していて、十分な成長期があることで太くコシのある毛になります。しかし、AGAの人は通常2~6年もある成長期が数ヶ月~1年くらいにまで短くなってしまい、しっかり成長することのできないまま抜けてしまいます。そのため太く育ち切れない、軟らかい毛になってしまうのです。

この時の脱毛部にはDHTが高濃度で存在します。DHTは男性ホルモンのテストステロンに酵素が反応して作られます。そして髪の成長を妨げて、抜けやすくしてしまいます。つまり、DHTを抑えることが脱毛対策になるのです。

AGA治療薬、プロペシアとは?

プロペシア(成分名フィナステリド)はもともと前立腺肥大の薬として開発されました。その研究過程でAGAの人の毛髪に成長が見られることが明らかになりました。そのためAGAの薬としても許可されたのです。AGA治療には前立腺肥大の治療量より少ない量が使われます。

DHTは皮脂腺の受容体と結びついて過剰に皮脂を分泌させ、毛穴を塞ぐことで髪がきちんと育たなくします。それと同時に毛乳頭細胞の受容体とも結びついて髪の毛の正常な成長サイクルを乱し、抜けやすい髪にしてしまいます。

プロペシアはテストステロンをDHTに変える酵素を阻害します。酵素の働きが邪魔されるため、DHTが作られなくなるのです。それにより、皮脂が減って髪の毛が育つ環境ができ、また正常な成長サイクルに戻って抜けにくくなっていくのです。

つまり、プロペシアは発毛を促す薬というより脱毛を防ぐ薬になります。それでも、髪がきちんと育つようになって、髪が増えていく方も多いようです。髪の毛の質も良くなっていくようです。

1日1回1錠(0.2mgまたは1mg)を毎日服用します。結果が出るまでには半年ほどかかりますので、飲んでも効かないからとすぐ諦めてしまうのではなく、しばらく継続していくことが必要です。3年間続けた方の98%に効果があったとされます。

副作用は重大なものとして、まれにですが肝機能障害が起こることがあります。定期的に血液検査をし、何となく疲れやすい、熱がでる、風邪のような症状が出るというようなことがあれば必ず医師に相談してください。他には性欲減退、勃起不全などが起こることがあります。

この副作用については薬が原因ではなく、薬の服用を始める時期にあたる40代という年齢的にそのような症状が出ているという意見や、また薬を止めることで副作用も改善すると言われていました。しかし、この副作用は薬を止めても改善しないのではないかという研究結果も発表されています。

海外での研究発表なのですが、プロペシアを服用してEDやうつ症状を発症したという事例が多いようなのです。また薬の服用を中止しても改善しない方もいるようです。これについては本当に重大な副作用があるのかどうか、これから徐々に明らかになっていくと思われます。

プロペシア服用に関する注意

このプロペシアは女性には効果が認められていません。成人の男性のみが服用する薬になります。また絶対に割ったりしないようにしましょう。破損などにより薬の有効成分に妊娠中の女性が触れると、生まれてくる子供に影響が出る恐れがあります。(薬にはコーティングがされているため、割らなければ問題ありません。)

プロペシアは前立腺ガン検査で測定されるPSA値に影響を与えます。服用している場合には必ずそのことを医師に伝えてください。そして服用してAGAに効果がみられても、それで止めてしまうとAGAは再び進行してしまします。

そのため、きちんと服用を続けていくことが重要になります。AGAの治療は健康保険の対象にならないため、自費診療になります。料金は医療機関によって多少違いがあります。

最後にAGAには薬の服用もよいですが生活習慣の見直しも大切です。バランスのとれた食事をし、ストレスをためないようにしましょう。そしてタバコは毛根の血行を悪くして、髪を栄養不足にするとも言われるので、できるだけ止めたほうがよいでしょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る