TOP > > 痛い手首の腱鞘炎!改善に効果的だと評判のツボを大発表

痛い手首の腱鞘炎!改善に効果的だと評判のツボを大発表

長時間手首を使う作業を行うと、腱鞘炎にかかりやすくなります。しかも重度の腱鞘炎になってしまうと、鉛筆が持てないくらい激しい痛みを伴いますよね。そんな腱鞘炎に効果的なツボがある事をご存知でしょうか?今回は、腱鞘炎改善に効果的なツボを大発表します!

合谷(ごうこく)で腱鞘炎の痛みを緩和!?

腱鞘炎にかかると、とにかく痛みに苦しめられます。ですから、まずは痛みを取り除きたいですよね。そんな痛みをとるツボが、「合谷」です。合谷は手の甲側にあるツボです。詳しい位置は、親指と人差し指の間あたりです。

合谷を刺激するコツは、少し痛みを感じるくらい強めに押す事です。ただし、痛すぎる刺激を与える事は控えてください。目安としては、「痛いけれど気持ち良い程度の圧」をかける事です。

また、4秒前後押し続け少し休んだのち、更に4秒前後刺激するといったテンポでツボ押しを行いましょう。合谷を効率よく刺激する事が出来れば、腱鞘炎による痛みを緩和させる事が出来ますよ!

大陵(だいりょう)で腱鞘炎改善!?

大陵は、手首にあるツボです。腱鞘炎改善に効果があると言われ、比較的知名度の高いツボでもあります。詳しい位置は、手のひら側の手首で、ちょうど中心部に位置しています。場所が分かりやすい事から、ツボ初心者の方からも人気があります。

また大陵は、場所が手首である事から、仕事中に刺激していても、目立たずに済むというメリットがあります。つまり、いつでもどこでも自然に刺激する事が出来る、とっても便利なツボが大陵なのです。外出先でも、会議中でも、お子様と遊んでいる最中でも、いつでも大陵を刺激できるという訳です。

ただし、1度大陵を刺激したからと言って、それで完全に腱鞘炎が治るわけではありません。やはり継続しなくては、意味がないのです。ですから、毎日一定時間大陵の刺激を行ってください。続けていく内に、気が付いた時には治っているという事があるかもしれませんよ!

このように、腱鞘炎改善効果のあるツボが存在します。ただし、重症化した腱鞘炎の場合は病院で診察を受ける必要があります。軽いものを持つ時に痛みがあったり、手首を動かすだけでも激痛が走るといった場合は、迷わず医療機関を受診してください!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る