TOP > > 夏だ海だ日焼けしたい!健康的に日焼けするために知っておくべき事

夏だ海だ日焼けしたい!健康的に日焼けするために知っておくべき事

夏になると、海で綺麗な小麦色に日焼けをしたいと思う人も多いのではないでしょうか?しかし、この日焼けで健康を害してしまう事が非常に多いです。

間違った日焼けの方法では、じゅうぶんに小麦色にならないだけでなく、色ムラができたりヤケドをしたりといい事はありません。さらに言えば紫外線は私たちの人体にとても有害な光です。こうした事を踏まえて、正しい知識と日焼けのしかたを考えていきましょう。

紫外線は老化の一番の原因!

夏になると、海にいって健康的な小麦色や真っ黒に焼きたいという人は少なくないと思います。しかし、ここで注意しなくてはいけないことをはじめに説明していきます。まず、紫外線は人体にとって有害で、私たちが醜く老化していく一番の要因となっています。

紫外線によって肌がダメージを受けると、皮下組織では大量に活性酸素という身体を攻撃する毒素が作られます。これが後に皮膚がんや胃潰瘍などの原因となるものです。

また、皮膚で生成された大量のメラニン色素が、一部の皮膚でずっと作られ続けて最終的にそこに定着してしまうのが、いわゆるシミやそばかすといった肌トラブルの元凶です。

小麦色になるのとヤケドは大違い

日焼けをする時に、小麦色に綺麗に焼きたいと思うのはわかりますが、日焼けで黒くなるのは、紫外線から身体を守ろうと皮下組織から大量のメラニン色素が放出されるからです。

これによって綺麗な小麦色に日焼けをするわけですが、そもそも日焼けを勘違いしている人が多く、間違った日焼けのしかたでは黒くなるどころか皮膚がヤケドして赤くなって痛くて大変な思いをしますし、後日、ヤケドした部分の皮膚が剥がれてきてボロボロと汚くなってしまいます。

一気に焼こうとしすぎても肌がヤケドして皮が剥けるだけですから意味がありません。健康的に日焼けをしていくには、ヤケドをしないようにケアしながら効果的にメラニンの量を増やしていく必要があります。

日焼け止めとサンオイルはどう違うの?

ここで、通常日焼けをする際に使うアイテムとして、サンオイルがあることはおわかりかと思います。日焼けをするにはサンオイルを塗るというのが定説になっていますが、そもそもサンオイルとはどのようなものなのでしょうか?

日焼け止めやサンオイルには、ある数値が表記されていて、ものによって数値もさまざまです。この数値というのが「SPF—」というものと「PA—」というものです。

SPFとは、日光の中でも肌を焦がしたりヤケドさせて炎症を起こすのを防ぐ成分の数値です。この数値が大きいほど、日焼け止めとしての効果が高いことになりますが、あくまでもヤケドを防ぐためのものになり、メラニン色素が作られるのを防止するわけではありませんから普通に黒くなります。

そこで、肌が黒くなるのを防ぐのが次の「PA—」という数値です。女性などで日焼けで黒くなること自体を防ぎたい場合は、このSPF数値が高くてPA数値も表記されているものがいいでしょうし、サンオイルなどのように炎症を起こさず効果的に日焼けをしていきたい人の場合は、PA数値が記載されていなくて、SPF数値が低めのものがいいでしょう。

肌質にあわせたものを使う

とはいえ、人にはそれぞれ肌質や肌の色があります。もともと色白な人が無理に日焼けを使用としても、かえって赤くヤケドしてしまう確立が高くなって肌が黒くなりません。逆に、もうすでにそこそこ肌が黒い人は、紫外線に対する耐性ができていますので、ある程度こんがり焼いても大丈夫でしょう。

このように肌の状態にあわせたケア用品を使っていくといいでしょう。肌の元々黒い人は、サンオイルなどのようにSPF数値が極めて低いものを利用して日焼けをしていくといいと思いますが、肌の白い人は紫外線に対する耐性がないため、SPF数値があまり低いものを使うと、ヤケドして赤くなってしまう可能性があります。

SPF数値がそこそこ高めのものでも、PA表記がなくて、ある程度長時間太陽の下にいれば綺麗に焼けてくることでしょう。

一度で一気に焼こうとしすぎないこと!

最後になりましたが、とくに男性の場合に多いのは、1度で一気に黒くしようとする事ですが、これはあまりよくありません。先ほども説明してきたとおり、無理に焼こうとするとヤケドをしてしまって意味がありませんし、皮がむけて色にムラができてしまったりします。

身体にヤケドなどの負担をかけないようにして、なるべくじっくりと焼いていくのがポイントです。1日や短時間のみで一気に黒くしようと考えない方がいいです。ご自身の体質や肌色に合わせて効果的にサンオイルや日焼け止めを塗って小麦色の肌を目指してみてくださいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る