TOP > > 日焼け対策してますか?でも目から入る光も原因と知ってましたか

日焼け対策してますか?でも目から入る光も原因と知ってましたか

夏の悩み事と言えば「食欲不振」「疲れ、疲労」などの夏バテ、そして「日焼け」がありますよね。特に女性にとって日焼けは深刻な問題で、黒くなった肌を見てはため息をついている人も見かけます。

もともと日焼けはどのような仕組みで起こるのかご存知ですか?そこにはメラニン色素による影響が大きく関係していたのです。

日焼けの原因は紫外線によるメラニン反応だった

日焼けは太陽光を浴びることで起こる現象です。太陽光に含まれる紫外線がその原因なのですが、紫外線にもUVA、UVB、UVCの3種類があるのです。その中のUVCは地上には到達しませんので、実際には紫外線と言えばUVAとUVBになるのです。

日焼けは波長が短いUVBが主な原因であり、UVBを長時間浴びることで肌が赤くなりダメージを受けてしまうのです。

UVBは肌の中に入り込みDNAを傷つけると考えられており、これを修復するために肌の再生化(皮がむける)が起こるのです。またUVBの影響を受けた皮膚細胞はメラニン色素を作り出し皮膚を浅黒くして、日焼けと呼ばれている状況を引き起こします。

つまり、日焼けとは紫外線の一種類であるUVB波が皮膚に吸収されることで、皮膚細胞がメラニン色素を作り出す結果だったのですね。

貴方の日焼け対策は間違っているかも!

日焼けを予防するには紫外線をカットする必要があることは、ご理解頂けたと思います。それでは貴方はどの様な紫外線対策を行っていますか?最近では様々な紫外線対策グッズが売られており、UVクリームやミスト、日傘、手袋など豊富なラインナップと言えるでしょう。

紫外線を直接回避するためには、昼間に出歩かないことが間違いありませんが、これは一部の人を除いて現実的ではありません。多くの人はUVカットのクリームや日傘、帽子などを利用されているのではないでしょうか。

しかし、この方法には大きな間違いがあるのです。それは目に大きく関係しています。

光を見ることで肌が日焼けするって知っていましたか?

日焼けの原因は直接、肌に紫外線を浴びることだけと思っている人が多いと思いますが、実は目で強い光を見ることで日焼けすることはあまり知られていません。いくらUVクリームや手袋で肌をガードしていても、強い光を目に浴びることで肌が黒くなってしまうのです。

「またぁ~嘘でしょう」なんて聞こえてきますが、これは本当にある現象です。

人間の目も強い光を浴びると細胞がダメージを受けます。この時、脳は肌を強い紫外線から守るために、メラニン色素を作るように命令を出すのです。この脳からの命令を受けた皮膚細胞はメラニン色素を作り、肌が黒くなってしまいます。

肌を露出していないにも関わらず、肌が黒くなるのはこれが原因だと言えます。また目の細胞自体にも紫外線の影響が残り、充血などの炎症、ドライアイなどの症状が出ることもあるようです。

目からの日焼けを防ぐにはUVカットのサングラスを

このように日焼けは肌だけではなく、目からの光にも注意する必要があります。ここでオススメなのがUVカットレンズを使用したサングラスの着用です。日本では未だにサングラスのイメージは良いものではなく、車の運転以外にはかけない人も多いようです。

特に男性でサングラスをかけて歩いている人はあまり見かけませんよね。しかし、日焼け予防の観点から考えると、サングラスは必需品です。夏は直接太陽を見なくても、反射光などで常に強い光を浴びている状態です。

目から入った紫外線で貴方の皮膚が日焼けしてしまうのです。ちょっとした外出でもサングラスの着用をオススメしたいと思います。

日焼けの原因はメラニン色素、いかにこの色素を作らせないかが予防にとって重要です。肌だけではなく目のUVカット、ぜひ実践してみて下さいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る