TOP > > 日焼けによる軽い炎症にはラベンダー風呂がオススメの理由

日焼けによる軽い炎症にはラベンダー風呂がオススメの理由

太陽もギラギラと厳しくなって、日焼けが気になる季節になってきましたね。日焼けはちょっと油断しただけで貴女の肌に大きなダメージを与えて、赤くなったり浅黒くさせてしまいます。

貴女は日焼け対策に何を実践していますか?最近ではドラッグストアやスーパーなどで、簡単に日焼け予防の対策グッズを手に入れることが可能です。UVクリームやローションなどが代表ですが、日焼けをしてしまってからのケア用品も多くあるようです。

実は日焼けは予防と同様に、アフターケアも重要だったのです。

日焼けは炎症と考えましょう

中には日焼けを目的に夏を楽しんでいる人もいますが、女性の大部分は日焼けを避けたいと考えています。まず日焼けとは何なのか考えてみましょう。簡単に言って日焼けは肌の炎症と考えて下さい。太陽光線に含まれる紫外線の中には波長の違いによりUVA、UVB、UVCがあります。

その中のUVB波が日焼けの原因と考えられているのです。UVBは比較的波長の短い光線で、長時間浴びると細胞にダメージを与える原因になります。

日焼けで肌が赤くなったり、水ぶくれなどを引き起こすのがUVB波だと考えられます。UVB波は波長が短く強いエネルギーを持っていることから、皮膚のDNAを傷つけ場合によっては皮膚ガンなど皮膚病の原因にもなるのです。

しかし、紫外線が全て悪者なのかと言いますとそれは間違いで、太陽光を浴びることでビタミンDの生成が行われたり、うつ病などの改善にも重要な働きを持っています。

ここで重要なのは、強い太陽の下ではどんなに予防策を取っても、なかなか完璧に日焼け予防を行うことは難しいと言う現実があることです。そして日焼けは炎症なのでそれを放置することで、肌が黒くなったり、シミ、シワなどの症状が現れてしまうのです。

日焼け予防と同様にアフターケアも重視しましょう

炎天下で出歩くとどんなに注意していても肌にはダメージが起こるものです。そこで十分なアフターケアを行って深刻な症状が出ないように注意することが大切です。

  • 炎天下で日焼けをしてしまったらまず冷やすことが大切です。タオルや氷嚢を使用して患部を十分に冷却しましょう。手の届かない背中などが日焼けしている場合は、シャワーを使用するのも良いでしょう。
  • 水分を十分に補給しましょう。脱水状態では肌に水分が行き渡りません。水分の補給を忘れないで下さい。
  • ビタミンCを補給しましょう。紫外線の影響でビタミンCが不足していることが考えられます。ビタミンCを十分に補給して下さい。
  • 肌の痛みが無くなったら、化粧水やローションで外側から水分を補給して下さい。化粧水をつけて痛みを感じる場合は、痛みがなくなるまで控えたほうが賢明です。

「日焼けしちゃった!」と感じたら、このようなアフターケアを実践しましょう。

全身の日焼けにはラベンダー風呂で炎症を抑えましょう

ハーブは古くからヨーロッパで使用されていた薬草であり、中でもラベンダーは様々な効能を持っています。日本においても一番馴染みのあるハーブではないでしょうか?

ラベンダーは甘い香りが特徴で、「リラックス効果」「免疫向上効果」や「鎮痛作用」「抗炎症作用」などの効能が期待できます。さらに皮膚の再生作用もあり、ヨーロッパでは火傷特効薬としても使用されていたそうです。

もちろん、日焼けにも効果があり、肌に対する炎症を押さえ、殺菌、肌の再生などを行います。

ラベンダーはエッセンシャルオイルを使用するのが簡単で、水や蒸留水で薄めてタオルで患部をあてても良いし、肌にスプレーしても効果があります。しかし、私のオススメはラベンダー風呂ですね。

ぬるめのお湯にラベンダーオイルを数滴垂らして入浴することで、全身にラベンダーの効果が期待できます。日焼けした日は決して熱い風呂には入らないで、38℃程度のお風呂に入るのがポイントです。

これにより炎症を抑えて殺菌もできるのです。ただし、妊婦さんや一定の人は、ラベンダーを安易に使用することは危険なので十分な注意をして下さいね。

日焼けは炎症と考えてキチンとした対応を取らなくてはいけません。油断するとシワやシミ、酷いと皮膚病になってしまうのです。「日焼けしたな!」って思ったらラベンダー風呂、どうぞお試し下さい。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る