TOP > 失神

失神する場合とは

失神とは、脳内の血流が瞬間的に遮られることによって引き起こされる意識消失の一種です。

失神というと少し怖いイメージがあるでしょうが、実は3人に1人が生涯で1度は経験するという意外と身近な症状なのです。

ですから、決して心配し過ぎることはありません。

失神すると具体的にどうなる?

症状としては、目の前が真っ暗になる・頭が痛くなる・気持ち悪くなるなど、失神する前に身体に何らかの異変が生じる場合がほとんどです。

その後瞬間的に意識を失いますが、脳に障害が残ることはほとんどなく、多くの場合は数分間で回復します。

心配されることは、失神することで身体のバランスを崩し転んでしまったり、身体のどこかを強く打ちつけてしまうなどのケガをする危険性があると言うことです。

失神につながる原因とは

失神は、貧血・低血圧・低血糖・低血圧・寝不足・栄養不足・薬の服用・心理的な要素などさまざまな原因がありますので、まずは自分の失神の原因をきちんと把握することが大切です。

原因が分かれば、薬の服用や日々の生活習慣の見直しなど、自分で失神を予防することが出来るからです。

・失神を起こす引き金とは
失神するのは貧血だけではない!こんなにもある失神の原因

・原因がわかれば対応もできる
献血中に失神…血管迷走神経反射性失神が原因かも?予防は可能?

また自分以外の人が失神した場合にすぐに対処できるように、頭の中に対処法の知識を入れておくことをオススメします。

こちらのカテゴリでは、もし食事中に誰かが失神してしまった時の対処法・失神する原因・献血中に起こりやすい血管迷走神経反射性失神についてご紹介します。

・突然の失神に慌てないために
慌てないで…食事中に誰かが失神したら?考えられる原因と対処

あなたにも、周りの人も失神になる可能性は十分にあります。もしもの時のために、きちんと知識を入れておきましょう!

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る