TOP > > サプリメントに頼りすぎるのは危険!?その危険性と落とし穴について

サプリメントに頼りすぎるのは危険!?その危険性と落とし穴について

ビタミンやアミノ酸、プラセンタなどサプリメントは大人気です。ですから、ドラックストアやスーパー、ネット通販などでたくさんのサプリメントが販売されています。確かに口コミ情報を見る限り、サプリメントで一定の効果を実感している人が多くいらっしゃいます。

でもサプリメントに頼りすぎるのは、とっても危険です。そこで今回はサプリメントの危険性や落とし穴についてご紹介していきます。サプリメントが大好きと言う方は、ぜひ一度目を通してみて下さい。

サプリメントを摂りすぎると過剰摂取になる!?

サプリメントは、不足している栄養を効率よく摂る事ができます。だから、日本でもサプリメントが大ブームになっていますよね。でも、摂りすぎると過剰摂取になる事もあるんですよ。

例えばビタミンDを過剰摂取すると、尿毒症や腎臓障害などを引き起こすリスクがあります。一般的にビタミンは過剰摂取すると尿などで体外に排出されると言われています。でもビタミンDの場合は、体内に蓄積されるという特徴があります。

その為、過剰にビタミンDを摂取すると、良くないと言われているのです。また人気の高いサプリメントに葉酸があります。特に妊娠初期は葉酸が必要だと言われています。葉酸が欠乏すると、胎児の成長に悪影響を及ぼすと考えられているからです。

ただ葉酸を過剰摂取すると、逆に胎児に悪影響を及ぼすことが分かってきました。そのため、いくら良いと言われているからと言って、サプリメントで葉酸を過剰摂取する事は危険なのです。

「サプリメント=体に良い」と言う考えから、用法容量を守らず過剰摂取する方がいらっしゃいます。でもサプリメントによっては過剰摂取する事で、悪影響を及ぼす可能性があるのです。ですから、用法容量をしっかり確認して適量を摂取してください!

サプリメントと薬の飲み合わせは難しい!?

サプリメントはあくまでも健康補助食品で、薬ではありません。その為、副作用の無い安全な食べ物だという認識の人も多いのではないでしょうか?しかし、サプリメントの種類によっては、薬との飲み合わせが悪いものもあるんですよ。

例えば、有名な物では「青汁+ワーファリン」があげられます。ワーファリンとは、血液をサラサラにする薬で、多くの方が服用しています。このワーファリンを青汁と一緒に飲むと、薬の効果を弱めてしまいます。

青汁には血液を固めるビタミンKが豊富に含まれています。つまり血液をサラサラにするワーファリンの作用を、青汁に含まれているビタミンKが阻害してしまうのです。ですから、ワーファリンを飲んでいる人は、青汁を飲まないようにしてください。

これはほんの一例ですから、他にも飲み合わせの悪い薬とサプリメントはたくさんあります。ですから、何か薬を服用している方は、まずドクターや薬剤師さんにご相談の上サプリメントを飲むようにしてください。

サプリメントは人気が高く、一定の効果もあるようです。しかし飲み方を間違えてしまうと、健康被害を起こすこともあります。ですから、用法容量をまもったり、ドクターと相談したりしながら安全性を確保しつつサプリメントを飲みましょう!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る