TOP > > サプリメントを飲み過ぎてる?安易な判断は副作用の原因に

サプリメントを飲み過ぎてる?安易な判断は副作用の原因に

「健康は食事から!」このようなキャッチフレーズを雑誌などでよく見かけます。人間の健康にとって食事はとても大切なもので、食生活の問題によって様々な病気を発症することがあります。食事と言っても問題はその栄養であり、「タンパク質」「脂質」「炭水化物」「ミネラル」「ビタミン」「食物繊維」などをバランスよく摂取するのが理想となります。

しかし、大抵の人は好みや偏食もあってなかなかバランスの良い食事をしているとは思えません。野菜が嫌いであったり、魚が苦手であったりと理想的な食事とは言えないこともあるようです。そこで誰もが頼ってしまうのがサプリメントですよね。もともとサプリメントはアメリカ人の大好物でした。彼らの健康志向が極まって大流行となり、日本や世界へ広まったとも言えます。ところで、サプリメントってどんなものか知っていますか?

サプリメントは栄養補助食品だった

もともとサプリメントは、足りない栄養素を補う目的で開発されていました。足りない栄養素とは食品から摂取しにくい栄養であり、ミネラルや一部のビタミンがそれに該当しています。アメリカではジャンクフードなどによる肥満の防止や、健康推進キャンペーンの効果もあり、サプリメント市場は飛躍的に拡大されたのです。

当初はアメリカからの輸入促進目的で販売されていたサプリメントですが、日本においても健康ブームの到来によりビッグビジネスとなっています。日本でのサプリメントは基本的に栄養補助食品の位置付けであり、薬品でないことも市場拡大の要因かも知れません。

栄養補助食品の定義を簡単に説明しますと、「普段の食生活で摂取できない栄養を補助するための食品であり、人間の免疫力を高め自己治癒を高める食品」となります。この内容ってちょっと変だと思いませんか?本来バランスの良い食生活をしていれば、摂取できない栄養はないはず。

要は「いい加減な食事をしていてもサプリメントで補えば健康になれるよ」とも受け取ることができますよね。反対に規則正しい食生活をしている人には、サプリメントは必要ないことになります。また、自分にとっての不足栄養素を理解していないと、不必要なサプリメントを飲んでしまうこともあるでしょう。何となく簡単に飲んでしまうサプリメント。問題は無いのでしょうか?

サプリメントにも副作用があった

最近のテレビは通販番組が多くなったと思います。中でもダイエットサプリや膝痛サプリ、美容系サプリは人気で、同じコマーシャルを何回も繰り返して放送しています。また、便秘用のサプリなどもあり、本当に健康補助食品なのかと首を傾げたくなります。

これらのサプリメントは本当に害や副作用はないのでしょうか?アメリカではサプリメントの有効性について様々な研究がされています。最近の報告では、ビタミンやミネラルのサプリメントは効果が薄く、食事で栄養を十分摂取している人にとっては害となる可能性があるとの指摘をしています。

この報告では、心臓疾患、腫瘍、認知など様々な病気について研究がされましたが、サプリメントの有効性に繋がる確認はできなかったそうです。またコレとは別に、サプリメントによる大量のビタミン摂取は、様々な副作用を起こすとも報告されています。

■ビタミンAの過剰摂取は骨粗しょう症のリスクが高まります。また妊娠時に過剰摂取した場合は、奇形などの障害が出る恐れがあります。

■ビタミンBは比較的安全なビタミンですが、過剰摂取により胃腸の障害を発生させます。

■ビタミンCは水溶性で比較的安全なビタミンです。過剰摂取しても尿から排出されるとされていますが、稀に腎臓結石ができやすくなるとの報告もあります。

■ビタミンDの過剰摂取は骨粗しょう症、腎臓結石、臓器の石灰化などの副作用があります。特に長期間続いた場合に副作用が発症し、疲労感や倦怠感などに表れます。

このように、ビタミンだけを考えても過剰摂取は副作用を伴う行為だと理解できます。またビタミン以外のダイエットサプリなどは、中身が何なのかも分かり辛いのが現実だと思います。サプリメントは食品の取り扱いですが、実際には副作用の出る医薬品とも考えられるのです。

たかがサプリメント、されどサプリメントです。健康に良いと思って始めたことが、反対に不健康を招いている可能性もあったのです。サプリメントを始める際には、自分の食生活を考えた上で、足りないものだけを補給するようにしましょう。また心配な人は専門家に相談してから始めることをオススメします。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る