TOP > > 長引く夏風邪を早く治す方法!実は危険な夏風邪の症状、特徴と治し方

長引く夏風邪を早く治す方法!実は危険な夏風邪の症状、特徴と治し方

風邪をひいた女性

夏風邪は長引くと言われます。夏風邪のウイルスであるアデノウイルスやエンテロウイルスは夏の環境を好む性質があるため、ひとたび感染するとウイルスを排除するのが難しいからです。

また腹痛や下痢、嘔吐など夏風邪に多い特定の症状が出るのも特徴です。

夏風邪を早く治すには腸の働きを活発にして免疫力を高めることが大切です。夏風邪を早く回復させるための方法をご紹介します。

夏風邪と冬にひく風邪は同じじゃない!感染症である夏風邪の症状と特徴

風邪はウイルスの感染によって引き起こされますが、夏風邪を引き起こすウイルスは他の季節の風邪ウイルスとは違う種類のウイルスです。季節によってウイルスも特徴が異なり、その季節の環境に最も適したウイルスが広まるのです。

例えば、冬に流行するインフルエンザウイルスは、温度と湿度が低い、寒くて乾燥した空気の状態を好みますが、夏に多いアデノウイルスやエンテロウイルスは、高温多湿の環境を好んで繁殖します。

冬の風邪と夏の風邪のウイルスの違い

つまり一口に風邪と言っても、季節に適した種類のウイルスが繁殖するために予防や対処の方法も異なるのです。

にもかかわらず夏風邪を引いたときに冬の風邪と同じように対処すると、ウイルスの勢いを強めてしまう場合もあります。夏風邪をひいた時は夏の風邪ウイルスの特徴を理解した上で対処しなければならないのです。

夏風邪の大きな特徴は子ども(特に乳幼児)に発症しやすいという点です。これは夏風邪の原因となるウイルスが子どもに感染しやすいという理由があります。

夏風邪にかかると、

  • 発熱
  • 喉の痛み
  • 頭痛
  • 鼻水
  • 腹痛
  • 下痢
  • 嘔吐

などの症状が起こり得ます。気温が上がり始める5月くらいから流行し始めます。

夏風邪は高熱が出るとよく言われていますが、微熱が出て、だるく、喉がイガイガし、お腹にくる、という症状が穏やかに長く続く場合もあります。

夏バテだと思っていてももしかしたら夏風邪かもしれませんね。

喉の痛みによる食欲低下や下痢などによって体力が低下すると夏バテにもなりやすく、さらに免疫力が落ちてなかなか治らないということもあります。こじらせないようしっかり対処や予防をしましょう。

後で取り上げますがこれらは高熱、喉の痛み、発疹といったものが特徴です。

大人がかかることもあり、大人がかかると重症になったり、感染が拡大したりすることがあります。

子供が感染しやすい!ヘルパンギーナ、手足口病、プール熱

夏風邪と呼ばれる感染症には、主に3つのものがあります。代表的な夏風邪と言われるヘルパンギーナ、手足口病、プール熱について1つ1つ特徴を解説していきます。

エンテロウイルスによる夏風邪:ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナは乳幼児を中心に発症する夏風邪の1つで、流行のピークは7月頃です。

「エンテロウイルス」に感染することにより発症します。

稀に大人でも発症することがありますが、ほとんどの場合は5歳以下での発症となります。主な症状は以下の通りです。

  • 突然の高熱
  • 口内に水疱ができる
  • 喉の痛み

ヘルパンギーナの一番の特徴は口の中にできる水疱です。扁桃腺の上辺りに複数個の水疱ができ、その周囲が赤く腫れ上がってきます。

熱は大体2日ほど、水疱は1週間ほどで収まります。

予防策としてはタオルや食器の共有を控えることが有効です。

また稀ですが大人に感染することもあるのでオムツ交換の際などは注意が必要です。大人が感染した場合は症状が重めに出るケースが多いです。

エンテロウイルスによる夏風邪:手足口病

手足口病という名称は一度くらい耳にしたことがあるのではないでしょうか?

「エンテロウイルス」の感染によって発症する夏風邪の代表的な疾患で、名称の通り手足や口に発疹ができるのが特徴です。代表的な症状は以下の通りです。

  • 38度台の発熱
  • 手足に水疱性の発疹ができる
  • 口に発疹ができる
  • 口の痛み

手足口病を発症するのはほとんどが5歳以下の乳幼児になります。

飛沫感染や接触感染によって発症するので、夏場の幼稚園や保育園で集団感染するケースが多く見られます。子どもを幼児施設に通わせているご家庭は特に注意が必要です。

予防策は冬風邪やインフルエンザと同じです。外出先から帰って来た時は手洗いとうがいを徹底的に行いましょう。

アデノウイルスによる夏風邪:咽頭結膜熱(プール熱)

咽頭結膜熱とはいわゆる「プール熱」のことを言います。プールの水で感染することがあるので通称プール熱と呼ばれていますが、実際は接触感染や飛沫感染による感染も多いのが現状です。

これは夏風邪を起こすウイルス「アデノウイルス」の感染によって起こります。

感染している人のくしゃみ、またタオルなどを共有することによって感染する可能性があります。幼稚園や小学校などの集団生活の中で感染するケースが多いので注意が必要です。症状には以下のものがあります。

  • 38度~40度の高熱(3~1週間ほど)
  • 目が赤く充血する
  • 喉の痛み、腫れ

咽頭結膜熱の大きな特徴は、長く続く高熱と目の赤みです。他の夏風邪の場合、熱は2,3日で下がることがほとんどですが、咽頭結膜熱の場合は最長1週間ほど続くことがあります。

咽頭結膜熱の予防策は他人とタオルや食器を共有しないことです。また手洗いを徹底しましょう。

プールの後は目を洗わないほうが良いとされています。直後に目を洗うことで余計にウイルスに感染しやすくなります。

食事・水分・環境で治す!夏風邪独自の対処法

夏風邪が長引く理由は前項で説明したような夏風邪特有のウイルスに原因があります。

私たちが考えている一般的な風邪とは原因や症状が少し異なるので、同じような感覚で治そうとしても難しいというわけです。

夏場はクーラーを使用している家庭も多く、室内と外部の温度差が激しいので温度調節も難しく風邪が長引く傾向にあります。冬の風邪のように布団を沢山掛けてとにかく体を温めれば良い、という法則も当てはまりません。

夏風邪には夏風邪の治し方があるのです。

風邪を早く治す為には。免疫力の向上が重要なポイントとなります。食事、水分補給、環境からみた夏風邪の治し方をみていきましょう。

夏風邪の治療法:食事で免疫力アップ!

冬の風邪と同様、栄養補給をしっかりと行いましょう。食欲がない場合もおかゆやゼリーなど何でも良いので口に含むようにします。

冬の風邪の場合はとにかく温かいものを食べて免疫力を高めることが推奨されていますが、夏風邪の場合は無理をして熱いものを口にする必要はありません。食べ物の温度より栄養価やバランスを優先しましょう。

喉の痛みで食事が難しい場合、お粥、重湯(おもゆ)、葛湯(くずゆ)などで炭水化物をとり、エネルギー源を摂りましょう。玉子も栄養豊富で消化も良いので、玉子粥などにするのもオススメです。

風邪にビタミンCが有効なのは冬でも夏でもかわりません。しかし夏は特に汗をたくさんかくことでビタミンも不足しがちなので、気をつけて摂るようにしましょう。

ビタミンCは野菜や果物に含まれています。熱に弱いので、生で食べたり、あまり火を加えすぎないように調理したり工夫してくださいね。

赤ワインに含まれるポリフェノールは消炎作用があります。少しのアルコールも免疫力を活性化させる作用があるのです。

大人なら、風邪のひき始めに赤ワインを少し飲む、というのも良いのではないでしょうか。ショウガを入れてホットワインにするのも良いですね。

ただしアルコールは炎症を悪化させる場合がありますので、飲み過ぎには注意です。

夏風邪の時には腸の働きを回復させるためにできるだけ消化の良い食べ物をたべるようにしましょう。茶碗蒸しやヨーグルトは消化が良く栄養価も高いので、食欲がない時でも食べるようにしましょう。

また発酵食品のヨーグルトや乳酸菌飲料は腸の働きを回復させるので夏風邪を早く治すと言えます。

夏風邪の治療法:水分補給の正しい方法は?

夏風邪を治す大きなカギは水分補給にあります。夏風邪は下痢などの胃腸障害を起こしやすいので、より多くの水分が必要となるのです。

また夏場は気温が高いので脱水症状を起こしやすくなります。

飲みものは普通の水でも構いません。でもお勧めはミネラルが豊富なスポーツドリンクですね。

スポーツドリンクのほうが能率良く水分やミネラルを吸収でき、脱水症状を事前に避けることが期待できます。冷蔵庫に常備しておくと良いでしょう。

夏風邪の治療法:室内環境を整えてウイルス対策

寒気などの症状がなければ、冬風邪のように無理をして体を温める必要はありません。

帰宅したらクーラーをつける前に、まず換気をしましょう。窓を開けたり、無理なら換気扇を回しましょう。室内は湿度が高い状態になり、ウイルスが潜みやすいからです。

クーラーの温度は高めに設定することをお勧めします。汗をたっぷりと掻くことが夏風邪を早く治す重要なポイントです。

汗を掻いて濡れた衣服や下着を着用していると風邪が悪化する恐れがあります。こまめに着替えましょう。

とにかく十分な睡眠をとることが重要です。栄養をしっかりと摂ったら早めに寝るようにしましょう。

場合にもよりますが、入浴はしても構いません。風邪を引いたときは湯冷めによる冷えや体力の消耗を防ぐ、という観点から入浴を控えるのが普通ですが、夏風邪のウイルスは肌に付きやすいので入浴して洗い流した方が早く治る場合があります。

ただし熱が高い場合は控えてください。長湯も体力を消耗しますので控えましょう。

入浴後はしっかりと体や髪を乾かしてから眠るようにしましょう。冷えてしまっては逆効果ですので、湯冷めには注意してくださいね。

治そうとして失敗!?夏風邪の間違った対処法

普通の風邪のときの対処ではかえって逆効果の場合があります。風邪をひいたからといって、こんな対処法をしてしまっていませんか?

下痢止めは飲んではダメ!

夏風邪の症状で下痢や腹痛がある場合には下痢止めを使用してはいけません。下痢は体内の外敵を排除しようとする体の防御反応なので、薬を使って下痢を無理に止めようとするとウイルスや病原菌を体内に留めておくことになります。

また、下痢によって失われた水分を補給することが特に重要です。発汗や下痢で失った水分はしっかり補わなければなりません。特に夏は汗をかきやすいので思っている以上に体の水分は不足します。

スポーツドリンクなど体内に吸収されやすく塩分やミネラルが含まれたものを飲むようにしたり、冷たい水は避け白湯を飲むようにしましょう。

抗生物質を飲んではダメ!

今でも風邪をひくとすぐに抗生物質を出す病院もたくさんありますが、実は抗生物質はウイルスには全く効きません。

「風邪をひいたせいで体力が落ちた時に他の病気を引き起こさないように」などの理由で薬を飲むように勧める医師もいますが、抗生物質は飲み過ぎると耐性ができてしまい、本当に必要な時に効き目が弱くなるという悪循環を起こす場合がありますから、安易に飲むのは避けた方が良いのです。

汗をかかせるのはリスクがあるので注意が必要

風邪を引いたら暖かくして汗をかかせる、という対処をする方もいますが、夏は脱水や体力消耗、熱中症の危険があります。

下痢や嘔吐をしていると脱水になりやすくなりますし、吐き気や喉の痛みなどから物をあまり食べられなくなっていると、食べ物から水分を補給することも難しくなっていますので、汗をかかせるのは必ずしも良いとは限りません。

市販の風邪薬は夏風邪にはあまり効果がない?

市販の風邪薬や解熱剤は副作用として便秘を起こしたり、胃腸の調子が悪くなるものもあります。症状に腹痛や下痢が見られる場合、下痢はウイルスを外に出そうとする働きですので、出せなくなると症状が長引く可能性があります。

また、すぐに熱を下げるとかえって免疫力が下がってしまうとも言われています。体温が上がるとと白血球の働きが活発になります。高熱が出ている場合は別ですが、そうした意味でもすぐに解熱剤を飲むのはお勧めできません。

ウイルスを殺す薬はありませんので、安静にして、身体がウイルスとしっかり闘えるようにしましょう。

夏風邪にならないためには?大人も子供も共通の夏風邪予防法

様々なウイルスが関係するため夏風邪の予防接種はありませんが、出来るだけ夏風邪にならないために、心掛けられることは色々あります。

夏風邪の予防法1.うがい、手洗いをしよう

基本的なことですが、うがいと手洗いは感染予防に効果的です。

うがいは一回に30秒行ないましょう。まず口の中をクチュクチュとゆすぎ、次に上を向いて喉の奥をゆすぎます。このうがいを2回から3回行なえば、30秒位になりますよ。

うがいする時にうがい薬がなくても、水だけでも十分効果があります。緑茶や食塩水でうがいをするのも良いです。外出した後、食事の前後、起床したときなどにうがいしましょう。

手洗いも石けんでこすり洗いをし、流水で洗い流すまでを30秒くらいかけて行ないましょう。目安として、「もしもし亀よー」の歌を2回歌い終わるまでの時間をかけて手洗いすると、ちょうど良いですよ。

夏風邪の予防法2.タオルや食器の共有を避ける

夏風邪のウイルスは湿度を好みます。濡れたタオルは夏風邪のウイルスが繁殖しやすいので、なるべくタオルの共用はしないようにしましょう。食器の共有も避けます。

夏風邪の予防法3.湿気を取る、でも乾燥は防ぐ

夏風邪の原因となるウイルスは高温多湿を好みますから、湿度が高くならないようにしましょう。これは熱中症対策にも効果的ですね。除湿器をかけたり、汗をかきやすい布団には除湿シートを敷くことも出来ます。

とはいえ、あまり乾燥してしまうと喉の粘膜が弱くなり、体内にウイルスが侵入しやすくなりますので、乾燥し過ぎは良くありません。

室内の湿度は夏は55%から65%くらいが良いとされています。40%以下になると口腔粘膜が乾燥してしまうので良くありません。

夏風邪の予防法4.ダニ対策をするのも効果あり

ダニは呼吸器系に影響を与えるものがあります。夏はダニが増えやすいですし、呼吸器が弱まると夏風邪になりやすくなったり、長引いたりしてしまいますので、ダニ対策も意識しましょう。

ハウスダストに含まれるチリダニは温度が25℃、湿度が75%位で増殖しやすくなります。ダニの繁殖を抑えるためにも、除湿や換気をして湿度管理をしましょう。

汗を吸う布団はダニが繁殖しやすくなります。除湿シートを敷いたり、干したり、布団乾燥機をかけることも効果的です。色々なダニ対策グッズもありますね。

夏風邪の予防法5.流行中は人混みを避けよう

夏風邪が流行っているときなどは、なるべく人の多いところは避けましょう。でもイベントなども多く、どうしてもしょうがない時はうがいと手洗いを徹底したり、マスクをするなどの対策も出来ますね。

こんな症状は危険かも!?二次感染の心配がある症状

下痢が激しいときはひどい脱水になる危険がありますので、病院へ行きましょう。場合によっては入院して点滴する必要もあるかもしれません。

細菌性の胃腸炎になっている場合もあります。その場合は病院で抗菌薬を使用することもあります。

  • 症状が重い
  • 高熱が続く
  • 症状が一週間以上長引く
  • 黄色っぽい痰が出る

このようなときは二次感染を起こしているかもしれません。早めに病院へ行って診察してもらいましょう。喉の痛みがひどく、かなり腫れているときも、悪化させないために早めに病院を受診しましょう。

疲れやすい夏に風邪をひかないようにしっかり予防しよう

いかがだったでしょうか?夏は身体がバテてしまいやすく、夏風邪は長引いてしまいがちです。

夏風邪に効くという薬はありませんが、休養と栄養をしっかり取って身体の調子を整え、ウイルスに負けないように心掛けましょう。

なるべく夏風邪をひかないよう、またひいてしまってもなるべく早く治せるよう、今考えてきたような夏風邪ならではのポイントを押さえて無駄なくしっかり対策をしたいですね。

夏は身体を疲れさせる要因がたくさんあります。

  • 急に暑くなったとき
  • 冷房による冷え
  • 室外との激しい気温差による自律神経の乱れ
  • 日焼け
  • 熱帯夜による寝苦しさ

そんな夏は体力が落ち身体の免疫力が落ちやすいので、単なる夏バテと考えて身体の不調が長引いたりしてしまいがちです。でも、実は夏風邪を引いているかもしれませんね…?

キャラクター紹介
ページ上部に戻る