TOP > > うつぶせ寝などで起こる乳幼児突然死を防ぐ!赤ちゃんを守る予防法

うつぶせ寝などで起こる乳幼児突然死を防ぐ!赤ちゃんを守る予防法

赤ちゃんとお母さん

乳幼児突然死症候群(sids)は、寝ている間に元気だった赤ちゃんが突然死するという恐ろしい病気です。

保育園などでの事故があり新聞で大きく取り上げられていた時期もあったので、記憶されている方もいるでしょう。

日本でも毎年2000人に1人の割合で赤ちゃんが亡くなっていて、欧米ではこの病気を知らない親はいないと言うくらい病気の認知や予防の関心も高くなっています。「ゆりかごの死」とも言われるこの病気を防ぐには、どうすれば良いのでしょうか?

乳幼児突然死症候群(sids)とは?

言葉の通り、健康に成長していたはずの子供が睡眠中に何の前触れもなく突然亡くなってしまう病気(病気と認定されていない説もあります)です。突然なので、前兆はありません。

主に一歳未満の乳児に発生することが多く、特に2~6か月程度の乳児に多くみられます。

原因はまだ100%確定されておらず、現時点で分かっていることは、体温の上昇が何らかの起因になっているのではないか。ということです。

過去の例から共通点を導きだすと、いずれも

  • 睡眠中
  • 寒い時期
  • 室温が高め

など、温度に関係する事象が多くみられるようです。この事から、体温の上昇を避けるための何かが原因になっていると考える研究者が多いようです。

うつ伏せから仰向けに寝かせる事で赤ちゃんの突然死も減ってきているものの、依然として赤ちゃんの突然死は起こっています。

赤ちゃん突然死の意外な原因と突然死を防ぐ6つの方法

あくまでも統計上の話ですが、赤ちゃんが突然死んでしまうという悲劇に見舞われた人の多くが、ちょっと目を離した隙に、というのが多いようです。

寝かせた時は仰向けだったのに、気づいたらうつ伏せで死亡していたとしたら、目を離したことを一生後悔してしまいますね。

突然死を防ぐために、お母さんやお父さんができることを知っておきましょう。

1.うつ伏せ寝ではなく、仰向けで寝かせること

この病気が発生した状況で最も多かったのはうつ伏せ寝です。

うつ伏せになると苦しいので、赤ちゃんは自分で顔を横に向けたり、顔を上げてなんとかしようとします。しかしこれは生後しばらく経って首や背中の筋力が付いた状態で可能になる事です。生後間もなく首がすわっていない赤ちゃんは、これができません。

生後2~6か月の時期はできるだけ赤ちゃんから目を離さないようにする事が何より重要です。

眠っていてもちょくちょく様子を見て、顔に布団などがかかっていないか、うつ伏せになっていないかを確認してあげましょう。

寝返りができないようにすればいいと考えがちですが、実は寝返りは赤ちゃんにとっての筋トレの意味を持ちます。ある程度は寝返りも必要なので、やはり親が目を離さず常に注意しながら見守る事が重要なのかもしれません。

仰向けで寝かせると、仮にミルクなどを吐いた時に窒息してしまうのでうつ伏せ寝が良いという意見もありますが、吐いたミルクを誤飲して窒息することはまずありません。

また仰向けで寝かせると頭の形がいびつになったり体型が悪くなる、などの意見もありますが、これもあまり根拠のないことです。

うつ伏せ寝のほうが睡眠時間が長くなり、深く眠るということは確認されているのですが、深く眠り過ぎるために覚醒作用(眠りから覚めること)が遅くなるという点は、この病気と何らかの関連があると考えられています。

これは赤ちゃんも時として無呼吸になることがあるのですが、その時に覚醒反応が低下しているとそのまま息ができずに窒息したり、低酸素状態が続いて脳や内臓が機能不全になり死亡するのではないか、という考え方です。

このようなことから考えると、赤ちゃんをうつ伏せ寝にすることの利点はほとんどなく、逆にこの病気にかかるリスクが少なからず生じるので、仰向けで寝かせることが病気の予防につながると考えられます。

2.添い寝は親が寝入ってしまうと危険

赤ちゃんの突然死は原因がはっきりと解明されていなかったのでほとんどが原因不明の突然死とされていましたが、最近になって意外なことが原因になると解明されてきています。

その原因もいくつかありますが、添い寝も赤ちゃんの突然死の原因になりうるというのです。愛しい我が子に添い寝する母親というのも微笑ましい光景ですが、添い寝には赤ちゃんにとっての危険がたくさんあるのです。

添い寝をする場合は親のベッドや布団に寝かせますね。この場合は大人が使う布団やマットなので、赤ちゃんには不向きです。布団の素材が化繊の場合、汗を吸い取らないので大人よりも汗っかきの赤ちゃんは不快感でいっぱいになります。

添い寝で危険なのは、親が寝入ってしまう場合です。寝ている間の行動は自分ではコントロールできませんので、つい寝返りをうって赤ちゃんに覆いかぶさってしまう事もあります。

あやしている間に眠り込んでしまい、赤ちゃんの胸の上に腕が乗ったままになると、腕の重みでも赤ちゃんにとってはかなりの重さなので、圧迫しすぎてしまいます。

赤ちゃんは大人用の布団は不快に感じるので動いてしまい、布団やタオルが顔に被さり窒息してしまう事もあるといいます。注意しているつもりでも、ついうっかりは通用しない事を理解しておきましょう。

赤ちゃんは体温が高いので、大人が少し肌寒いと思っても赤ちゃんはそれほど寒くない場合もあります。冬の寒い時期にホットカーペットやこたつで寝かせてしまうと、低温やけどのリスクも高くなりますが、体温が上がりすぎてしまい、これも突然死に繋がると考えられています。

添い寝は一見親子のスキンシップにもなるので良い事のように思えますが、思わぬところに危険が潜んでいるので、添い寝はもう少し大きくなってからにしておく、というのが大切ではないでしょうか。

3.赤ちゃんにふさわしい寝具を選び、ぬいぐるみに注意する

赤ちゃんを寝かせる時は、ベビーベッドの中で寝かせる事を徹底しましょう。

赤ちゃん用の寝具はコットン100%のものや、真綿で作られたものを選んであげてください。化繊のものは汗を吸い取らないので、赤ちゃんの夜泣きなどの原因にもつながります。

衣類の着せすぎに注意をして、体温の調節に気を付ける事が重要です。

乳児は外に出ている手や足が冷たくても、首の後ろやお腹が温かいのならそれほど神経質にならなくても大丈夫のようです。

筆者も娘が小さい頃、医師に着せすぎと注意されたことがあります。とにかくまめに体温をチェックすることが大切なのかもしれません。

寝苦しくて寝返りを打ち、いつの間にかうつ伏せになってしまうよりは、少し値段が高くても上質の寝具を選んであげましょう。

布団は柔らかくふわふわなほど良いように思えますが、柔らかすぎても身動きがとれなくなる可能性は高くなります。硬すぎず柔らかすぎず、適度な硬さも考えて選ぶのがおすすめです。

適度な硬さはベビーベッドを購入する際にメーカーに問い合わせてみましょう。乳幼児突然死が心配なので、とお伝えすると適切なものを紹介してくれますよ。

また赤ちゃんがお気に入りだからと、顔の近くにぬいぐるみを置く事もありますが、これが顔にかかったり、寝返りを打った拍子に窒息してしまう原因となる事もあります。ぬいぐるみなども置かないようにするか、眠ったらベビーベッドから出すようにしましょう。

4.妊娠中や周囲の喫煙は控える

妊娠中の母親の喫煙や、周囲にいる家族の喫煙は控えてください。

喫煙により中枢神経がマヒして、覚醒反応が低下することが突然死の原因とも考えられています。この場合も覚醒機能が低下し、うつ伏せ寝と同じ状態を引き起こすと考えられます。

赤ちゃんを守るためにもタバコは控えましょう。

5.できるだけ母乳で育ててあげる

母乳ではなくミルクで育てることも突然死の原因の1つとも考えられています。

母乳には母親からの免疫物質が含まれているので、感染症などの病気を防いだり、口腔の発達が良くなることで気道や食道が発達し、気管狭窄や誤嚥を防ぐことにつながります。

しかし母乳でないミルクで育てると、こうした母乳で育てる利点が得られないので、それがこの病気の原因ではないか、と考えられているのです。

母乳育児のメリットについては以下の記事で詳しく紹介していますので、是非ご一読ください。
【母乳のススメ】母乳で母親から子へ与えられる免疫力の種類

6.ホームモニタリングを取り入れてみる

最近開発、発表されているホームモニタリングという方法があります。赤ちゃんが寝ている様子を常にカメラで撮影し、それをスマートフォンなど親の端末に表示し、赤ちゃんが寝ている様子をチェックする方法です。

顔の表情や動きなどから異常を検知して、緊急に信号を送るというシステムも開発されています。こうした技術は大いに活用したいものですね。

「舌小帯の切断」は予防にならない!

乳幼児突然死の予防法と称して、「舌小帯の切断」という方法を選択する人がいますが、これは非常に危険な行為です。

これは舌を上にあげたときにみられる舌の裏側と下あごを結ぶ、水掻きのような筋を切ると呼吸がしやすくなり乳幼児突然死の予防になる、というものですが、逆に感染症にかかったり、唾液の分泌機能に障害が残ることもあります。

迷信のようなものですので絶対に行わないでください。

突然死の心配からかわる海外の赤ちゃん事情…私たちはどうすべきか?

日本と海外では生活習慣の違いも多々ありますが、赤ちゃんに関してもかなり違いがあって驚く事もあります。

例えばアメリカの妊婦さんは、出産で入院しても早い人は翌日には退院します。帝王切開でも3日ほど入院したら、即退院となるのが当たり前というのですから、ちょっと驚きますね。

アメリカでは妊娠と出産は病気として考えないので、出産後も早い段階で普段の生活に戻したほうが良いと考えられているからなんだそうです。確かに病気ではありませんが、日本では1週間は病院で過ごします。

中には高級ホテルのペントハウス並のインテリアが揃った豪華な産院などもあるので、アメリカの人が見たら逆に驚いてしまうでしょう。

生後間もない赤ちゃんも、日本では仰向けにして寝かせますが、アメリカなど海外ではうつぶせで寝かせるのが常識となっていました。

しかしうつ伏せで寝かせる事が赤ちゃんの突然死に繋がると言われるようになってからは、仰向けに寝かせるように変わってきています。

筆者の知り合いもこれで2歳の女の子を亡くしています。この時、最愛の子供を亡くした状況にもかかわらず、かなりしつこい警察の取り調べがあったと聞いています。「虐待の可能性」が疑われてしまったという事でした。

確かに当時はあまり聞きなれないものでしたし(平成になるかならない頃でした)、今よりも世間の認知度は低かったと思います。当時は勿論、原因など分かるはずも無く、「心臓麻痺」と診断書に書かれた。と言っていました。

健康で生まれてきた赤ちゃんが突然死んでしまったら…親としては後悔してもしきれません。日本ではそれほど多発はしていないものの、赤ちゃんの死亡原因としては最も多いのも事実なのです。

大きな後悔をしないために、私たちができることはすべて行いたいですね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る