TOP > > 子供がものもらいに!こんなときは眼帯をさせたほうがいいの?

子供がものもらいに!こんなときは眼帯をさせたほうがいいの?

朝起きてきた子供を見ると、まぶたが赤く腫れている。ものもらいのようだけど、幼稚園や学校へ行くのに眼帯をさせていったほうがよいのか・・・。これって迷うところですよね。それにいざというときに家に眼帯の用意はなく、慌ててしまうかもしれません。

でも実は、こんなときに眼帯は必要ないんです。というより、子供に眼帯をさせてはいけません。

子供の眼はまだ発育段階

生まれたばかりの赤ちゃんの視力は0.01くらいしかありません。成長するに従って視力も発達していくのですが、満1歳になったころでもまだ0.3弱くらいです。そして4~5歳になってやっと1.0になり視力はほぼ完成します。

遠近感を感じたり、両眼で物を立体的にみる力も視力と同じように発育途中です。少しずつ発達して、だいたい4~5歳で完成するとされています。

そして視力や立体的に物をみる力が育っていっているこの時期にそれを妨げてしまうものがあると、これらの力はうまく育たず、そのまま弱視になってしまう可能性があるのです。

弱視になってしまうと、その後に治療をしてももう正常な視力は戻ってきません。それだけに、この視力の発育時期というのはとても大切なのです。

弱視になる原因とは?

子供は左右両方の眼で物をみて、ひとつの立体的な映像として認識していくという訓練をしています。眼から情報を入れ、それを視神経を通して脳へ送り、そこで初めてその物がみえたと認識できるようになります。

この訓練を何度も行い、視力や立体的にみる力を伸ばしていくのです。またこの情報が脳への刺激になり、脳の発達も促します。

この時期に斜視や遠視、強い乱視や近視があって、両眼でしっかり物をみる訓練ができないままだと弱視になってしまいます。

弱視とは視力の発育段階において何らかの障害があったためにその発育が妨げられてしまったもので、その後の治療でももう視力は戻りません。そして眼鏡などで矯正しても、正常な視力を出すことができないのです。

ただ、乳児期には一見斜視のように見えるお子さんや遠視のお子さんも多くいます。その全ての症状で弱視の心配があるわけではないですので、まずは医師に相談してください。症状によってはそのまま治療の必要なく成長していけることも多くなります。

眼帯には弱視の危険が!

眼帯をしてしまうと片方の眼は何もみえない状態になります。視力を発達させようとしているこの時期に、それを妨げるものがあることは大きな問題です。両方の眼でひとつの物をみることができなくなり、視力を発達させるための訓練ができなくなってしまうのです。

眼帯をする期間が短期間でもあることは弱視につながります。しばらくしてから眼帯を外しても、もう物をみる能力は下がってしまい、一度下がってしまうと二度とその能力を育てることはできなくなります。

視力の発育が進んでいる10歳くらいまでは、眼帯をしないほうがよいとされています。ひどい傷があるなどという場合を除いては、たとえ短期間でも子供に眼帯をすることはやめておきましょう。

ただ子供は眼の腫れが気になってしまい、ついこすってしまうかもしれません。ものもらいになってしまった眼をこすらないようにだけ気をつけておきましょう。

大人も場合も、ものもらい程度なら眼帯はしなくてよいでしょう。ものもらい以外でも医師から何か指示があった場合などを除いては、あまり眼帯は必要ありません。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る