TOP > > 【画期的血管若返りの方法】動脈マッサージで脳卒中を防ぐ

【画期的血管若返りの方法】動脈マッサージで脳卒中を防ぐ

脳卒中の患者数は、平成20年度の厚生労働省の調査では133万9千人、年間死亡者数は約12万人です。脳卒中などの血管系疾患は、ガンに次ぐ日本人の死因になっている恐ろしい病気です。脳卒中を防ぐには、血流を良くすることが一番肝心です。そこで今回は、簡単手軽にできて効果の高い、「動脈マッサージ」による予防法を紹介します。

脳卒中ってどんな病気なの?

脳卒中は、脳血管疾患の総称で、おもに生活習慣による動脈硬化の進行などが原因で、脳内の血管が破れたり、詰まったりすることにより、血液が脳細胞に行かなくなり、脳神経に障害が起こり、最悪の場合は死にいたる病気です。

早期発見、早期治療が重要で、発症から3時間以内に処置できれば軽度ですみ、その後の後遺症も比較的軽度ですが、処置が遅れると死亡したり、重度の後遺症が残ったりする場合があります。

脳卒中は2つに大別される

脳卒中は大きく分けると、脳の血管が詰まる「脳梗塞」と、脳の血管が破れて出血する「脳出血」やくも「膜下出血」に分けられます。脳梗塞は、動脈硬化によって脳の血管が細くなったり、血管に血栓が詰まったりすることで、脳に酸素や栄養が送れなくなり、脳細胞が障害を受ける病気です。

脳出血は、脳の細い血管が、高血圧や加齢などによる動脈硬化が原因で、小さなこぶができてそれが破裂することによって起こります。くも膜下出血は頭蓋骨のすぐ下で、脳の表面を包んで保護しているくも膜の下で出血が起こる場合です。

これらの脳卒中は死亡率が高く、死を免れた場合でも手足や体の麻痺、言語障害などの後遺症が残り、著しく生活の質を低下させてしまう恐ろしい病気なのです。

脳卒中を防ぐには血流を良くすること

脳卒中を防ぐには、血管の老化を防ぎ、いつまでも若い状態の血管を維持することが必要です。そしてそのために最も意識しなければならないのが「血流を良くする」というポイントです。

なぜなら血管の老化も含め、体の老化現象を促進してしまうのは、血液循環障害が大きく影響しているということです。人間の体の細胞は、血液が必要な栄養や酸素を全身に送り続けることによって生かされています。

つまり細胞に栄養と酸素を運ぶ血液こそが、生命を支える源泉なのです。血液が全身にまんべんなく栄養と酸素を届けられれば、私たちの体と血管はいつまでも若々しいままでいられるのです。逆に血流が悪くなれば、細胞は痩せ衰えます。

極端ですが血流が止まれば細胞は死滅するわけです。いかに血液循環が大切なのか分かりますね。東洋の叡智である漢方では、全ての病気の原因は血液の滞り(瘀血)が原因であるとされていて、瘀血をなくすこと、つまり血流を良くすること一番大切だとしています。結局、血流が良ければ血管は若返り、動脈硬化を防ぐことができるので、脳卒中を予防する事ができるのです。

動脈マッサージで脳梗塞を予防する

血流を良くするには、運動が効果的だと言われます。確かに血液循環を良くするには最適で、ほとんどの健康法にも運動が奨励されています。しかし、忙しい現代社会では、なかなか運動を習慣にするのは難しいことです。

また忙しすぎたり、健康の状態によっては運動ができないこともあります。そこで登場するのが、今回紹介する動脈マッサージです。動脈マッサージは、簡単でありながら、ピンポイントで動脈をマッサージすることにより、運動と同様の血流効果が期待できます。

動脈の表面には、血液拡張神経が分布しています。動脈マッサージにより、外からそこに刺激を与えてあげると、血液拡張神経が刺激されて血管が拡張され、血流が良くなるのです。また、血流が良くなると劇的に高血圧も改善します。

動脈マッサージのやり方

それでは、最後に動脈マッサージの方法について解説します。今回は脳卒中をテーマにしていますので、特に頭と上半身の血流を良くする動脈マッサージを紹介します。

【頭の血流を良くする動脈マッサージ】

①「こめかみ」…左右のこめかみに両手を使って、手の指や手のひらで押しながら、円を描くようにマッサージをします。

②「頭頂部」…頭頂部に両手の指を立てるように押し当てて、頭皮と頭蓋骨をずらすようなイメージで前後左右に動かします。

③「額」…額に両手での指の腹を当てて、皮膚表面と頭蓋骨を前後にずらすように動かします。

④「耳」…両手で両耳たぶの根元をつまんで、鼓膜に届くような感じで、引っ張り動かします。

以上、所要時間約2分です。

【手の血流を良くする動脈マッサージ】

①「手の甲と手のひら」…手の甲と手のひらを、親指の腹を使ってまんべんなくマッサージします。

②「手の指」…各指の側面を別の手の人差し指と親指で、左右に少しねじるようなイメージで、指先までずらしながら、しごくようなイメージでマッサージします。

以上、所要時間約1分です。

【腕の血流を良くする動脈マッサージ】

①「上腕と前腕」…片法の手で、腕をしっかりつかんで、皮膚と腕の骨をずらすような感じで、上下に引っ張ったり、左右にねじったりしてマッサージしながら、手首の方まで少しずつ位置をずらしていきます。

以上、所要時間約1分です。

動脈マッサージは時間も場所もとらなくて、効果の高いマッサージです。これで脳の血液循環を良くして、脳卒中を予防しましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る