TOP > 脳卒中

脳卒中を知ろう

脳卒中とは、脳の中の血管が詰まったり、破れることにより、栄養を運ぶ役割をする血液が行き届かなくなり、脳の神経が集まる細胞が壊死してしまうことを言います。

血管が詰まる症状を脳梗塞、血管が破れる症状を脳出血、動脈瘤が破れる症状をくも膜下出血といい、これらの症状をまとめて脳卒中としています。

脳卒中は、症状が現れると、急を要する病気ですが、その症状の前に予兆が出ていることが多く、そこで気づくことが出来れば、早期治療をすることで悪化することを防ぐことができます。

予兆の症状としては、手足の痺れ、言葉が少しの間出なくなる、物が二重に見えたり、片方しか見えない、自分ではまっすぐに歩いているつもりでも、実際はななめに歩いている、などが上げられます。

日常生活の中で、おかしいと思うことがあれば、早めに病院を受診し、検査を受けましょう。脳卒中は命にかかわる重篤な症状を引き起こします。例え、命を取り留めたとしても、半身まひや歩行困難などの後遺症が残ることが多く、そうならないためにも早期発見が重要です。

こちらのカテゴリでは、脳卒中の原因とは、脳卒中の予防とは、脳卒中の予兆とはどんなものがあるか、などをご紹介しています。

脳卒中の原因とは

脳卒中の中でも、脳梗塞はとても多い症状です。脳の病気は冬に多いと思い込みがちですが、脳梗塞は夏に多い病気です。というのも、脳梗塞には高血圧が深く関係しており、血圧の変化が、リスクを上げてしまうからです。また、汗を大量にかく夏は、血液中の塩分濃度が変化し、ドロドロ血液が出来上がってしまい、血管を詰まりやすくしてしまうのです。

・塩分が脳梗塞を招く!?
夏の脳梗塞が多い理由は塩分だった!水分が吸収されない秘密とは

脳卒中の予防方法とは

脳卒中の予防方法として、緑茶、コーヒーを毎日飲んでいる方の方が、発症リスクが低いという統計が出ています。特に、緑茶は効果が期待でき、緑茶とコーヒーの両方を飲む方は相乗効果で、効果アップ!

ただし、緑茶にもコーヒーにもカフェインが入っていますので、飲み過ぎは中毒症状を起こす原因になります。1日2杯ずつくらいが、理想的な飲み方です。

・お茶とコーヒーを飲もう
緑茶・コーヒー好きに朗報!健康に良い飲み方が脳卒中を防ぎます!

脳卒中は、血液が大きく関係しています。ドロドロ血液ではなく、サラサラ血液を作り出すことが、予防方法としてとても有効です。そこでおすすめしたいのが、青魚です。

青魚には、血液サラサラ効果を持つDHAが豊富に含まれており、ナッツや緑黄色野菜、発酵食品を一緒に摂ることで、効果アップが期待できます。

・おいしく予防しよう!
フキが脳卒中を予防する!?その理由と美味しい食べ方
10月29日は世界脳卒中デー→脳梗塞・脳出血は<青魚>で予防!

脳卒中の予兆とは

脳卒中は急に症状が出たと思われる方も多いのですが、危険な症状が出る前に、予兆が出ていることが多くあります。その例として、食事をしているときに、お箸を落としたり、おかずが急に掴めなくなったら、危険信号です。すぐに病院を受診しましょう。

・日常生活での信号
お箸を落としたら危険信号!?食事でわかる脳卒中

脳卒中の予兆として、眼に症状が出る場合があります。急に片方しか見えなくなったり、物が二重に見えたりしたら、危険な信号の現れです。乱視や疲れ目など、自己判断はせずに、早急に病院へ向かいましょう。

・物が二重に見えたら要注意
乱視とは限らない?物が二重に見えるのは危険な病気が原因かも?

日本人の死亡率の高い病気として、がん、心疾患、脳卒中が上げられます。これらの病気の重要なことは、早期発見です。症状がなるだけ軽いうちに気づくことが出来れば、それだけ治療を早く開始できますし、後遺症が残るようなことにもならないからです。

そのためにも、これらの病気の正しい知識を得ていることが大事です。脳卒中の予兆について知っておくことは、早期発見、早期治療につながります。ぜひご一読されておかれてください。

・予兆の症状を知っておこう
脳卒中の前兆は頭痛や吐き気だけじゃない!意外に知らない前兆一覧
50代以上必見!脳卒中の前兆といわれる7つの症状をチェック

脳卒中の危険とは

脳卒中は高齢者が起こしやすい病気だという認識がありますが、近年、若年層でも症状が出られる方が増えています。

生活習慣病を発症する年齢が低くなっていることが原因でもありますが、首の後ろにある動脈の血管壁に、首を左右に振ることで傷がつき、出血するという脳動脈解離は、若い世代に多い症状です。ゴルフや野球中に、激しい頭痛を感じたら、救急車を呼びましょう。一刻を争う場合があります。

・ゴルフが危険!?
ゴルフが危険!?首をひねっただけで脳の血管が破れる脳動脈解離

ふだんアルコールを摂取しない方よりも、アルコールを過剰摂取されている方の方が、脳卒中の発症リスクは2.3倍にもなるという統計が出ています。

脳卒中は、生活習慣を改めることで、予防が可能な病気です。飲み過ぎているな・・・と感じられる方は、生活習慣の見直しをされ、健康な生活を目指されてください。

・アルコールで招く危険
大量アルコール摂取の女性は男性よりも死亡率がこんなに高い?!

新着記事はこちらになります!気になる記事は要チェック!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る