TOP > > 人間の動作と呼吸の関係。ストレッチ体操でわかる呼吸の仕組み

人間の動作と呼吸の関係。ストレッチ体操でわかる呼吸の仕組み

呼吸困難に陥って改めて感じた呼吸の大切さ

今年になり、突然私の身体を酷い息切れと全身の虚脱感が襲いました。それまで普通だった例えば、朝、洋服に着替える、食事の支度でフライパンを振る、シャワーや風呂に浸かる、トイレで大便する、当然歩行も全て激しい息切れ状態に陥ります。

また同時に、手指の先端が冷たく真紫に変色し、いかにも血行不良の状態となるのです。

1月の後半には歩行困難になり、やっとの思いで病院の診察、精密検査を受けたところ「特発性間質性肺炎」と言う難病に掛かっていた事が分かったのです。その後、投薬治療のため入院をし主治医の説明で改めて実感した呼吸の大切な役割をお話したいと思います。

病気になって失ったものと得られたもの

この病気になる以前の私は、趣味で大好きな海外のロックバンドや友人バンドのライブ鑑賞や、自分でもコピーバンドのコーラスを務めていてとにかく歌ったり踊ったりが大好きでした。

日常生活では、入籍はしていませんでしたが、同居する彼と互いに会社に勤め、毎日楽しくそれなりに自立した生活を営んでいました。

しかし、この病気で先ず失ったのは彼との生活です。労作時に血中酸素が低下してしまうため、酸素機から酸素吸入をしなければ家事も出来ず、当然、外で働く事も出来なくなったので家賃の捻出が出来ず、お互い夫々に実家に戻る事になりました。

そして、感染症予防で人込みを避け、外出時にはマスクと常に3キロの重さの携帯用酸素ボンベが必要なので趣味のライブ鑑賞は行けない状態です。ステージでコーラスする事も出来ないでしょう。

反対に得たものは、彼との深い信頼関係で、近い将来、どちらかの実家で一緒に暮らせるように環境を整えて行こうと約束しました。そして我が家では25年ぶりに娘が帰ってきたと喜ぶ両親の笑顔でした。

病気のレベルが国の難病指定だったため、特定疾患申請をしたので医療費負担が軽減できるのが救いですが、年金暮らしの両親の負担を減らそうと、今は在宅で出来る仕事を探しています。

呼吸は生命の源なのです

普段何気なく呼吸していますが、呼吸が停止したら血液に酸素が取り込まれなくなり、二酸化炭素を排出する事も出来なくなりやがて筋肉、心臓、脳、すべての細胞の活動が停止します。生命維持には呼吸は不可欠なのです。

主治医の説明で今回、大変勉強になったとのは、実際私の身体に起こった事でした。

それは、肺の機能が壊れたことで血中酸素の低下に伴い、生命維持のため脳や心臓に沢山の酸素が行きわたる様に自己防衛として他の身体の末端箇所(手指や脚先)に血液を送る事を停止したのだそうです。

その症状が、歩行時に冷たく真紫色に変色する手足の指先や、筋肉に酸素を不足させ虚脱感で歩行を止めさせる等で、心臓や脳に酸素を送ろうとする身体の仕組みがあったのだと説明されました。これを聞いた際、自分の潜在能力に涙が出ました。

呼吸を維持するための呼吸筋ストレッチ方法

私の肺の一部は使い物にならなくなってしまいましたが、残された元気な部分の肺を強くしていく呼吸方法で今の生活を少しでも長く維持する事が可能なのだそうです。

これは肺の下部にある横隔膜を動かす事を意識した呼吸方法により、私のような肺の病気の患者さんのリハビリとして採用されている呼吸法のようです。

特に、肺の病気でなくても自然と肺機能が低下している高齢者の方々にも簡単にできる呼吸法なので、元気な肺で良い酸素を沢山身体に取り込んで是非元気な生活に役立てて頂ければと思いご紹介します。

先ずは肺呼吸ではなく腹式呼吸に切り替える事です。これを読んでいる貴方、今、口を開いて呼吸していませんか?

口を開けて呼吸をすると自然に肺呼吸になり、肺や気管が乾燥し、実は風邪などにも掛かりやすくなるみたいです。腹式呼吸は必ず口を閉じ鼻から息を吸います。この時、胸ではなくお腹を膨らませるイメージで息を吸うと上手に腹式吸引になる筈です。

そして息を吐くときは口を「う」の状態ほどすぼめてゆっくり声は出さずに息だけを吐いて下さい。呼吸リズムは1・2で息を吸い3・4・5・6で吐き出す感じです。自然にお腹に力が入り凹んでくるのがわかると思います。これが腹式呼吸です。

実際こうすることで横隔膜が鍛えられ肺の収縮を補助する役割を担ってくれます。この呼吸を無理なく出来るようになったら肺のまわりの呼吸筋のストレッチを取り入れながら同じように呼吸してみます。

肩の上げ下げ等、簡単な動きを付けた呼吸筋ストレッチについては検索して頂くと、図解や動画などでも沢山紹介されていますので是非調べてみてください。

呼吸は生命をつかさどる大切な機能です。是非、普段から肺を鍛えて身体に美味しい酸素をたっぷり取り入れて健康的な毎日を過ごして下さい。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る