TOP > > イライラしていませんか?冬が旬の百合根には神経を鎮める作用がいっぱい

イライラしていませんか?冬が旬の百合根には神経を鎮める作用がいっぱい

私達は毎日の生活をしていく上で、様々なストレスとぶつかっています。朝目覚めてから満員電車で出勤し、会社で嫌な上司や同僚と笑顔で仕事、中には嫌いな顧客に愛想笑いをすることもあるでしょうね。

これが一日中続いた挙句、帰宅するにも満員電車が待っているのです。このようなことは普通に起こり得る話であり、日々のストレスとして身体に蓄積されているのかも知れません。

朝起きたら「何か変だ、イライラしてる!」このように感じたなら要注意です。溜まったストレスが攻撃型の怒りに変化する可能性があるのです。

ストレスが怒りの感情に変化したら大変です。貴方は2つを選択しなくてはなりません。

怒りの感情を発散させる2つの方法を考える

1つ目が怒りを発散させる方法です。これは感情に任せて怒りを周りの人に発散させる行為で、とても危険な状況を生むでしょう。今まで貴方が我慢して構築してきた信頼関係や上下関係などが崩れてしまう可能性もあるし、貴方の人間的な評価まで下げてしまう可能性があるのです。

そうならないようにスポーツなどで身体をいじめる方法もありますが、ジャッジで乱闘しないようにして下さいね。

2つ目がさらに我慢を重ねるのです。しかし、感情がイライラから怒りに変わった状況で、作り笑顔で生活していると思いもしない病気が訪れる可能性も否定できないでしょう。

それがうつ病です。イライラしていた感情が怒りに変わり、さらに脱力感になってしまうのが大きな問題と言えるでしょう。現代の医学においてうつ病は脳の病気として認知されつつありますが、そのきっかけの一つに精神的なストレスがあると考えられています。

うつ病を発症してしまうと、脱力感や無力感、ネガティブ思考、さらには罪悪感まで持ってしまうこともあり、自力で治癒させることは難しくなってしまいます。

せっかく紹介した2つの方法ですが、どちらの方法もオススメできるレベルではありません。やはりこの状況から考えると、感情が怒りに変わる前のイライラの段階で、何らかの対応を取ることが良さそうですね。

イライラ感情を怒りに変えない百合根の効果を探る

関西地方ではポピュラーな根菜でもある百合根は、古くから食用として親しまれてきました。知らない人もいると思いますが、ユリの球根がその正体で鬼ユリ(小鬼ユリ)が主に食用として流通しています。

この百合根は漢方では「百合(びゃくごう)」と呼ばれており、炎症を鎮めたり、咳を止めたりする効能があるとされています。

また精神を安定させる作用も有名で、イライラ感や気分が落ち込んでいる状態にも効果があるのです。またイライラから起こる睡眠障害や食欲低下も改善が見込まれ、精神を安定させてくれます。

これらの効能は百合根に含まれる数種類のアルカロイドによるもので、食べた時に感じる軽い苦味がそれにあたります。

百合根は一般的には高級食材として扱われていますが、季節によっては安価に入手可能です。百合根を使った料理で有名なのが、やはり茶碗蒸しではないでしょうか?寒い季節に百合根が入った温かい茶碗蒸しを食べることで、身体も心も温かくなっていきそうですね。

またホクホクした食感が特徴なので、炒め物やサラダにも合うと思います。色々と挑戦してみて下さいね。

日々の生活でストレスが溜まっている人は、イライラが怒りに変わる前に百合根の力でストレスを解消しましょう。楽しい毎日が貴方をきっと待っていることでしょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る