TOP > > 意外!?わかめの酢の物がストレス疲れの軽減に役立つ!

意外!?わかめの酢の物がストレス疲れの軽減に役立つ!

ストレス疲れを軽減するための情報は世の中に非常に数多くありますが、中には「ノウハウを覚えるのが難しい」「時間や手間がかかって大変」など、実践していくのには不向きなものも少なくありませんよね。

しかし!ここでお伝えするストレス疲れ軽減ノウハウはと~っても簡単です。なぜかというと、単に「わかめの酢の物を積極的に食べましょう」というだけのノウハウですから。一日の食事のうち、どのタイミングで食べてもかまいません!

もちろん、「いろんな食べ物がある中で、なぜわかめの酢の物なの?」という疑問を持つ人や、「わかめの酢の物を食べろと言われても、さすがに毎日は無理」という人もいるでしょう。ですがご安心を!そうした疑問・問題についてもちゃんとお答えしますよ。

なぜ「わかめの酢の物」がいいのか?

ではまず、なぜ、ストレスによる疲れの軽減に、わかめの酢の物が役に立つのかと言うと・・・簡単に言えば、わかめにも、お酢にも、ストレス疲れの軽減に役立つ成分が豊富に含まれているからです。

まず、わかめについては、豊富なミネラルが自律神経の調整をサポートしてくれるだけでなく、たっぷり含まれた食物繊維は、腸内の活性酸素を減らすのにも役立ちます。腸内の活性酸素は「腸が汚れていれば増える」という性質を持っているので、食物繊維で腸内をきれいにすれば、自然と活性酸素の数が減るわけです。

活性酸素とストレスは密接な関わりを持っていますので、そのひとつをわかめで減らす、というわけですね。次に、お酢についてですが、こちらはなんといっても、「酸っぱさで副交感神経を刺激する」という作用がある点が大きなメリットです。副交感神経というのは、リラックスに欠かせない神経ですからね。

じゃこを入れればさらにパワーアップ!

というわけで、わかめの酢の物はストレス疲れ対策として理想的な食べ物だと言えるのですが、このストレス疲れ軽減作用をさらにパワーアップさせたいなら、「じゃこ」を加えるのがおすすめです!

なぜ、じゃこを加えるといいのかというと、じゃこに豊富に含まれるカルシウムには、神経の興奮を抑える作用があるからです。じゃこはしっかりとよく噛んで、カルシウムの吸収率を上げるように心がけましょう!

ちなみに、じゃこを入れることによって噛む回数が増えると、「噛む」という行為そのものが副交感神経の刺激にもつながるので、この点でもまたストレス疲れの軽減に役立ちますよ。

毎日わかめの酢の物を食べるのはきつい!という人へ

「いくらわかめの酢の物がストレス疲れ軽減にいい、と言われても毎日は食べられない」という人は、おやつに「酢こんぶ」を食べるといいでしょう。

酢こんぶも、ミネラルや食物繊維豊富な昆布と、お酢を両方一度に摂取できるので、わかめの酢の物と同じようなストレス疲れ軽減作用が期待できますよ。

もちろん酢こんぶは、できるだけ「固いもの」を選ぶのがおすすめです。固いほどよく噛んで食べることになりますので、これまた副交感神経の刺激に役立ちますからね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る