TOP > > うつや不眠などに効果実証!簡単なリラックス方法、タッピング!

うつや不眠などに効果実証!簡単なリラックス方法、タッピング!

「タッピング」という名前を聞いたことはありますか?今、リラクゼーション界では、瞑想が非常に注目されています。たしかに瞑想の効果は高く、心の爽快感は他に変えられないものです。しかし、瞑想は感覚をつかむまでに、少し時間がかかります。状況や環境によって、うまくいく時も、いかない時もあります。

すぐに誰でもどこでもできて、こころがほっこり、からだがスッキリする方法があります。それが「タッピング」です。指のみでできます。ほとんど失敗しません。リラックスやヒーリングより、更に進んで、ホリスティックと言われています。こころだけじゃなく、からだ、人間関係にまで総合的に良い影響があるからです。

現在はボランティアなどでも行われていて、被災者の支援を中心に、海外などでも利用されています。お年寄りの施設などでも大変好評なようで、数えきれないほどのイベントなどでも行われています。

なぜ、そんなに人気があるのか

・簡単!

とても簡単だからです!子どもからお年寄りまで誰でもできます。5歳の子どもでもできます。一度やってもらうと、やってもらった人は、反対に私がしてあげるとなるのです。

・心身への効果がすごい!

からだがぽかぽかします。こころがとても癒されます。笑顔になります。気持ちが元気に明るくなります。長年の不眠が治っています。胃のむかつきが治っています。ストレスによる身体の痛みなどが減っています。麻痺していたからだの感覚が戻ることがあります。セロトニン神経が活発になる傾向があるので、脳に良く、うつ病にも効果があります。

・仲良くなれる!

誰かと一緒に行うと、言葉が無くても通じ合える気がします。場が穏やかになります。話が弾むようにもなります。

・効果が実証されている!

不安による緊張、うつ、神経症、トラウマ、ストレスによる体調不調、不眠などに、臨床的効果が確認されているのです。さらに、先ほど書きましたが、セロトニンや、脳内にα波の増加も確認されています。病院で使用される日も近いかもしれません。

などなど。どうですか、すごいですよね!

こんなに簡単にできる!

1人でもできるし、複数の人とでもできます。ここでは、あくまでも簡単に紹介します。

・1人の場合

それぞれ、5本の指先の腹をつかって左右交互に、とても軽く、とんとんとんとん、と弾ませるように触れます。1秒間に左右1回ずつ、とんとんです。順番は、あご、頬、こめかみ、ひたい、あたま全体、後頭部、首と肩、鎖骨、胸、下腹、腰、の順です。

・2人の場合

イメージは肩たたきなんですが、それを指先の腹の部分で触れるか触れないかのソフトタッチでするのです。これを、肩甲骨の周辺から、腰、肩や腕、首や頭などを経由していきます。

指2本の別な方法

2本の指を使ってツボを刺激するやりかたもあります。さきほどのものとはちょっと違い、嫌なこと、無くしたい感情やストレスなどを、頭に思い浮かべながら行います。こちらも軽くとんとんと行ってください。眉頭、目の下、脇の下、鎖骨下、人差し指、小指などをタッピングしていきますが、こちらはツボを刺激するものなので、比較的場所がきっちりと決まっています。

筆者も見よう見まねで、家族や自分にやってみましたが、とても心地よく、とても癒されました。「ずっと感触が残って気持ち良い、ずっとやっていて欲しい」と言う感想をもらいました。とても簡単ですので、ぜひ皆さんもいろんな場面で利用してみてください。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る