TOP > > 最後に嬉しい楽しいと思ったのはいつ?感じない自分がいたら

最後に嬉しい楽しいと思ったのはいつ?感じない自分がいたら

最近、こんなふうに感じたことはありませんか?

  • 楽しいって思えることが少なくなってきた。
  • 大好きだった趣味も、こころから楽しいと思えない。
  • 今後も何かを楽しめるとあまり思えない。
  • こころから笑っていない。

このような気持ちを感じている人は、決して少なくありません。そして、そのまま放置をしておくと、このような症状が出始めます。

  • 寝起きに体が重い
  • いつも悲しい気持ちになる
  • 人に会いたくない
  • やる気が起きない

そのうちに、身体に影響が出始めます。

  • めまいがする
  • 頭が痛い
  • お腹がいたい
  • 吐き気がひどい
  • 体がとても重い
  • 不眠/過眠
  • 食欲不振/過食

さらに、いつもの自分じゃない自分に気づきます。

  • 集中力がない
  • 記憶力が悪い
  • 行動や思考が遅い
  • 普通にできたことが普通にできない

このような状態は、うつ病が疑われる状態です。うつ病じゃなくとも、なんらかの精神疾患である可能性が高い状態にあります。そしてこの頃には不安感、倦怠感、恐怖感、悲観などが非常に強くなっています。

「楽しい」「嬉しい」が感じない…は、こころの病の兆候!?

こころの病になった人は、「楽しい」「嬉しい」を感じなくなっていることに、早くから気づいていることが多いのです。うつ病などは特にその兆候が強く、ある種、治療の過程は、「楽しい」「嬉しい」を取り戻す過程であるとも言えます。しかし、うつ病になってからでは遅いのはご存知の通りです。

「楽しい」「嬉しい」を感じなくなるメカニズム

原因はほぼ「ストレス」です。ではストレスがどういうメカニズムで「楽しい」「嬉しい」を減らしていくのでしょうか。とても大きなショックや継続的なストレスを受け続けると、脳の前頭葉(理性や計画などに関わるもっとも高度な脳で、ほかの部分からの情報をまとめる)と呼ばれる部分の機能が低下します。

すると、いままで前頭葉が抑制していた扁桃体が、徐々に暴走を始めます。そして「楽しい」「嬉しい」などを感じなくなります。扁桃体とは、感情に関わる脳の部分で、この扁桃体が落ち着いている時は、明るく楽しく、しあわせを感じます。逆に活発な時は、不安や恐怖感、怒りなどを感じます。

「楽しい」「嬉しい」を感じなくなってきたらどうするか

ストレス解消が一番です。では、どのような解消法法があるのでしょうか。まだ、それほど深刻ではない状態の場合。本やネットなどでストレス解消に関する物が多く出回っています。とても個人差のあるものなので、自分にあったものを見つけてください。

  • ガールズトーク
  • サンドバッグをたたく
  • 思いっきり泣く
  • 音楽・お笑いなどのライブに行く
  • キャンプで自然を謳歌する
  • ゲームデイを作り、おやつを用意してゲームしまくる
  • 漫画デイを作る
  • カラオケ(1人カラオケも最高)
  • お金をためてショッピング

など、たくさんありますね。自分にあったものなら世間の目を気にしません。ストレスを一時的にでも解消する方法を見つけたら、とにかく思いっきり楽しんで実践してください。次は、深刻な状態にある人にも、まだそうではない人にも共通するものです。

こう考えてください。「この不調は、自分がストレスから脳(自分)を守ってあげられなかったせいだ。これからはできるだけ日常を楽しんで、脳(自分)をいたわってあげよう」そして、できるだけ「ありがとう」「楽しい」「嬉しい」を口に出しましょう。

あまりそのように感じていなくても、そんな状況なら声に出してください。周りとの関係に良い影響を与えるだけではなく、声に出すことで、脳がそのように認知しはじめます。そして、瞑想です。

脳科学、神経学、心理学などで推奨されています。とても効果があります。では、深刻な状態にある人はどうでしょう。今ある不安、恐怖感、自己否定的な思考は、どんなに筋が通っていようが、機能不全に陥った脳のせいと強く認識してください。

自己否定的な思考は、本来の自分の考えではありません。ストレスによって物理的な異常が起こった脳が、暴走している状態です。次に、脳を休ませてあげてください。自分がゆっくり休まないと、脳は休んでくれません。自分を怠け者だ、弱い人間だとか、つねに脳が言ってきます。

それを受け流して、できるだけ何も考えずにゆっくり休みます。何もしないことは、非常によいことなのです。しばらく休んだら、少しずつ活力がわいてきます。そこで初めて、何か楽しめそうなことを探してみてください。簡単なことから。決して義務化しないように。ゆっくり自分のペースで。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る