TOP > > ストレス社会を生きるならビタミンCのサプリよりキャベツを買え

ストレス社会を生きるならビタミンCのサプリよりキャベツを買え

現代の日本人は、多大なるストレスにさらされていると言えます。非常に悪い意味で身近になってしまったストレスという言葉。実は、このストレスに対応するための機能が、人間の身体には備わっているのです。

ストレスへの対応

ストレスは元々、外力によって生じる歪みを意味する、物理学の用語であったとされています。つまり、ストレスがかかると、人の身体の中では何らかの歪みが生じているのです。それに対処するための仕組みが、ストレス反応というものです。

ストレスとホルモン

ストレスは大脳皮質という部分で感知され、徐々に内側へ伝達されます。やがてそれが怒りや、悲しみ、不安を生じさせます。そうした感情の刺激は、様々なホルモンを分泌させるサインとなるのです。

こうした流れで分泌が促進されるのが、アドレナリンとグルココルチコイドというホルモンです。アドレナリンは身体を戦闘状態にするホルモンで、血圧や心拍数を増加させ、中枢神経の働きを活発にする働きがあります。

グルココルチコイドは血糖値を上げ、胃酸の分泌量を増やすなどの効果を持っています。こうしたホルモンの働きにより、胃が痛くなったり、代謝率が上がることで痩せてしまったりするという弊害が生じてしまうのです。

ストレスとビタミンC

ストレスに対抗するために、アドレナリンを多く生成しなければならないと説明しましたが、その生成のためにビタミンCが必要になってきます。つまり、ストレスが多い人はビタミンCを意識して多く摂取しなければならないということです。

ストレスにさらされると、血管内で大量の活性酸素が生じることも分かっています。そういった活性酸素を除去するためにもビタミンCは活躍します。抗酸化作用を発揮して、活性酸素の除去に一役買ってくれるのです。

ビタミンCはサプリメントで摂るべきか

人間は、体内でビタミンCを合成することができません。そのため食べ物からビタミンCを摂らなければなりませんが、現在は様々なビタミンCのサプリメントが販売されております。これらは果たして効果があるのでしょうか。

ビタミンCは水溶性ビタミンであるため、摂りすぎによる悪影響はないとされています。他の栄養素やビタミンに比べて、サプリメントの効果はある程度あるとされていますが、食品からビタミンCを摂ると、それ以外の栄養分も摂取することができます。

普段からサプリメントに頼る生活をするのは、あまりお勧めできません。野菜や果物を食べることができない時に、補助的に使う程度にして、旬の新鮮な野菜、果物からビタミンCを摂るようにしましょう。

キャベツでストレスに勝つ

キャベツは緑黄色野菜でもなく、近年注目されている野菜と比べると、軽視されがちです。しかし、キャベツのビタミンC含有量は非常に多く、その食べ方も多彩です。買い物の際、サプリメントではなくキャベツを買った方が良い理由を説明しましょう。

キャベツのビタミンCの有用性

日本人のビタミンC供給源となる野菜の中で、堂々と一位に輝いているのがキャベツです。ビタミンC含有量自体はピーマンに劣りますが、キャベツは色々な調理法でたくさん食べることができるため、ビタミンC源として優秀なのです。

もっとも効率的な摂り方はキャベツの千切り

ビタミンCは水に溶けやすく、熱に弱いという性質を持っています。これらの性質を考えると、生のまま食べることが最も効率の良いビタミンCの摂取法です。ですが、千切りキャベツは水にさらして、シャキシャキの食感を楽しみたいものです。

食感を大切にしつつ、ビタミンCの損失を最小限に抑えるには、水に漬ける時間を5~10分ほどにすると良いと言われています。こうすることで、キャベツの食感を良くしつつ、ビタミンCを上手に摂取することができます。

また、ドレッシングをかける、コールスローサラダにするという場合は、キャベツの水分と一緒にビタミンCが失われることを防ぐため、食べる直前に調理・調味するのが良いでしょう。こうすることで水っぽくならず、味も良く食べることができます。

ビタミンCを効率よく摂るためとはいえ、いつもサラダで食べるのは飽きてしまいますし、キャベツを色々な料理で楽しみたいとも思うでしょう。炒め調理の方が、茹でる、煮るという調理よりもビタミンCの損失率が少ないというデータがあります。

野菜炒めなどの料理にすると、ビタミンCの損失分を埋めるだけ、量を多く食べることができます。また、電子レンジで加熱すると9割程度のビタミンCが残ることが分かっていますので、利用しない手はありません。

キャベツは日本人にとって馴染み深い野菜です。果物を食べる習慣があまりない人でも、普段の食事に取り入れやすいキャベツは、買い物の手が伸びやすいのではないでしょうか。サプリメントに頼る前に、キャベツを食べてストレスと闘いましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る