TOP > > ストレスにも種類がある!種類別のストレス解消法について

ストレスにも種類がある!種類別のストレス解消法について

自分が思っているストレス解消法も、実はストレスの種類によってはあまり解消されていないこともあります。例えばイライラしてしまう時はどんな人でも、多少なりのストレスを感じていますね。こういう時好きな音楽を聴くことでリラックスできるので、お気に入りの音楽を聴いたとしましょう。

しかしハイテンポの曲には興奮させる作用もあるので、本当の意味ではリラックスできていないことになってしまいます。かと言って好きでもないジャンルの曲を無理に聴くのもストレスとなってしまいますね。

ストレス解消法をひとつに決めるのではなく、ストレスの種類によって解消法を変えることも考えてみましょう。

自分のストレスの種類を確かめよう

まずストレスにも種類があることを理解しましょう。例えばストレスによって体がだるいとか倦怠感でいっぱいになってしまう、食欲が低下する、夜も眠れないという場合はストレスが体調に影響を与えています。

ストレスを感じることで胃痛、吐き気、息苦しさ、過呼吸、頭痛など身体的な症状が現れると、日常生活や仕事にも支障が出てしまいますね。

とにかくものすごく不安になる、絶望的な気持ちになる、自分が全て悪いんだと思う、集中力も低下する、なんだかとても孤独に感じるといったようにうつ状態のようになることもあります。

その逆でとにかくイライラが収まらない、人と話すのも腹が立つ、攻撃的になってしまう、やけ食いやヤケ酒をしてしまう、衝動買いをするなど、人によってストレスの種類も違っています。

タイプ別におすすめのストレス解消法

ストレス解消をする時には、ストレスを残さないことも大切です。といっても実際にはとても難しいことなので出来ることから取り入れていきましょう。

例えば身体的な症状が出てしまい、日常生活にも支障が出るような場合は、自己解決するのが難しいこともあるので、病院に行くなど専門家の助けを借りることも一つの選択肢です。病院に行くのに抵抗を持つ人もいますが、意外とスッキリ解決できることもあるので一度試してみる価値はあります。

イライラしたり攻撃的になってしまう場合は、そのままでは自分自身も辛くなってしまいますね。こういう時は心からリラックスできる環境を作ってみましょう。お風呂に入るときアロマやハーブの入浴剤を使ってみてください。

香りなんて効果は期待できない!と思っている人も、精神を落ち着かせる作用のある香りを嗅ぐことで、不思議と心が落ち着いてくるのを実感できるはずです。この時香りをいっぱい吸い込むように、腹式呼吸も取り入れてみましょう。

呼吸や香りというのは自律神経に働きかけるので、ものすごいイライラや攻撃的な気持ちを落ち着かせてくれるはずです。おすすめはラベンダー、オレンジピール、カモミールです。

落ち込んでしまう人もアロマやハーブは効果が期待できるので、不安を解消する作用のあるものや、気持ちを高めてくれる作用のあるものを取り入れてみましょう。おすすめはジャスミン、グレープフルーツ、セントジョーンズワートです。

ハーブやアロマも種類があるので、ストレスの種類によって使い分けが出来ますし、薬のように副作用がないのでおすすめです!ハーブティや食事にハーブを取り入れることで、体の中からも作用するので効果もアップします。

食事と生活のサイクルを改善する

気持ちをリラックスできても、またストレスの原因になるものに直面すると新たなストレスが生まれます。残念なことに人はストレスに対しての免疫がないので、何度も繰り返してしまうのです。

でも食事や生活サイクルを見直すことで、ストレスに多少は抵抗できる体つくりを目指すことが出来ます。

食事は栄養バランスも大切ですし、毎日決まった時間に食べることも意識してみましょう。同じ時間に起き同じ時間に寝る、これも規則正しい生活の第一歩です。

ある程度健康な体つくりをしておくことで、ストレスを受けた時にもダメージが少なくなります。その後種類別のストレス解消法を実践すれば上手にストレスに対応できるようになるので、可能な範囲で取り入れてみてください。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る