TOP > > 「ストレス」が体をガンにする?!免役力を奪う「ストレス」と戦う!

「ストレス」が体をガンにする?!免役力を奪う「ストレス」と戦う!

健康な人でも一日に体の中で5000個ほどのガン細胞ができているのをご存じですか?そして、その5000個のガン細胞を全て退治しているのが、免役細胞です。

「免役」とは、「疫病(病気)を免れる」という意味があり、私たちが生きていく上で欠かすことのできない、体を守ってくれる大切なシステムです。

免役が働いている事により、外部から入ってきた細菌やウイルスなどを速やかに退治でき、健康を維持できています。免役が低下している場合は、病気になってしまいます。

その免役の働きの要になっているのが、血液細胞の「白血球」です。骨髄で作られた白血球は、全身に張り巡らされたリンパ組織を通じて全身をくまなくパトロールし、病原菌を撃退してくれます。

白血球は「顆粒球」「リンパ球」「マクロファージ」という細胞が、ある一定のバランスを持ち働いており、そのバランスが崩れると免役が下がり、病気に繋がります。そのバランスを保つ働きをしているのが「自律神経」です。

ストレスが狂わせる「自律神経」の働きで、細胞がガンになる?!

「自律神経」は、「交感神経」と「副交感神経」に分けられます。「交感神経」は主に日中、緊張・興奮状態の時に働きます。この時、アドレナリンも分泌され、血圧も上がり、白血球中では「顆粒球」が活発に活動しています。

「顆粒球」は異物を消化酵素で分解して処理する、強い殺菌力のある細胞です。傷口の膿などは「顆粒球」がバイ菌や細菌と戦った証拠で、「顆粒球」は活性酸素を放出しながら死んでいきます。

「副交感神経」はリラックス状態の時に働いており、「リンパ球」が活発に活動しています。リンパ球は常に体中をパトロールしながら、細菌やガン細胞などをやっつけます。

「自律神経」は非常にストレスに弱く、白血球のバランスを保てなくなり、緊張や興奮で「交感神経」が働き過ぎる場合があります。すると、普段は必要であるはずの「顆粒球」が必要以上に増え、活性酸素が粘膜を破壊して「ガン細胞」の発生に繋がります。

逆にリラックス状態が続く「副交感神経」が優位になると、細菌やガン細胞などの異物をやっつけるだけでなく、自己免疫疾患と呼ばれる正常な細胞にも攻撃してしまう状態を作ってしまいます。そして異物の排除が過剰になりすぎる結果、アレルギー症状などを引き起こします。

「自律神経」が正常に働いて「白血球」をコントロールすることができなくなれば、免疫細胞が狂ってしまい、ガンや膠原病、高血圧などの生活習慣病にもつながるのです。

心も体も支配する「自律神経」をセルフコントロール!

「自律神経」は「交感神経」と「副交感神経」がバランスを保ってこそ正常に働く事ができます。何はなくとも「ストレス」は最大の敵!

「自律神経」は、私たちが意識的にコントロールできる物ではありません。しかし、本来は“早寝早起き”“バランスのとれた食事”“適度な運動”などの生活をしていれば正常に働く物です。

まずは自分がどういうストレス環境にいるのか考えてみてください。仕事での重圧、人間関係など日頃自分が何にイライラしているのか、不安に思っているのか原因をクリアにさせましょう。

ストレスの多い状況下に気づいた時、ゆっくりと体に空気を吸い込み、イライラや不安や恐怖などのネガティブな感情を振り絞る気持ちで吐き出してみましょう。

どんな時も「どうにかなる」「たいしたことない」という気持ちでいる事もストレスを貯めないコツです。実際に、自分の健康や命を損なうほどの事はないのですから。

そしてもう一つおすすめなのが、部屋の片づけ、今流行りの“断捨離”です。部屋をピカピカに片づけるだけで心は安定し、生活ゆとりが産まれて副交感神経がスムーズに働きます。適度な片づけではなく、隅から隅まで無駄な物は排除して、自分の持ち物を管理するという気持ちが大切です。

毎日存分にリラックスできる環境があるだけで、ストレスは格段と減ります。ストレスのない有意義な生活と健康は密接に繋がっているのです。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る