TOP > > ストレスが溜まる前に自分で何とかするための3つの発散方法

ストレスが溜まる前に自分で何とかするための3つの発散方法

自分のストレスの種類を知る

どんな時にストレスが溜まると思いますか?多くの場合は人間関係を上げると思います。上下関係で我慢を強いられる。仕事量が多く過労気味になり疲れと一緒に溜まっていく。

相手に言いたいことを言えずに不愉快さが増していく…。人それぞれの環境がありますので、ストレスの種類も多々あるわけです。まずは、ストレスの種類を大きく3つに分けてみます。

1.自分の性格に起因しているもの・・・・・・自分自身の性格が原因
2.環境や相手の言動に起因しているもの・・・借金、仕事内容、騒音、責任などが原因
3.成長時にもたらされる緊張やプレッシャー・・・乗り越えれば消える、バネにもなる

自分の性格が原因のストレスの場合

現在の年齢がいくつかはわかりませんが、ある程度の年齢まで育ってしまったら、そう簡単に自分の性格を変えるというのは難しいものです。また、自分の性格が原因でストレスが溜まっていることを自覚できるかどうかでも違ってきます。

例えば、ハッキリ言えない自分が原因の場合は、相手を傷つけずに自分の意思表示をする方法を考え、少しずつ試していくということができます。慣れてくると、我慢している自分を続ける必要はなくなりますので、これによるストレスは軽減するはずです。

ある意味、自分に原因があると思うなら、一番簡単な理由だと思います。なぜなら、自分自身は自分で変えることができるからです。ストップをかけている何かを探せば、案外見栄だったり個人的感情だったりするものです。

人間関係をうまく修正してストレスを貯めずに人と付き合うためには、まず自分が相手にストレスを与えない人間になるべきです。そういう視点で、考えてみるとわかってくると思います。

環境や相手の言動がストレス要因になる場合

これが一番面倒な様に見えるのですが、実はこれもストレスを軽減させることができるのです。それは、やはり自分を変えることです。

小さなことでイライラしない、相手と張り合わない、相手の性格をすんなりと受け入れる、引っ越したり旅行に行ったりして自分が動くことで環境を変える、など、全部自分でできることで対処するのです。

とかく、我の強い人ほど逆にストレスを貯めやすいのではないかと思います。我の強い人は、自分の考えや行動を正当化し、相手に押し付けることで自分を通そうとします。それは相手にストレスを与えるというのもありますが、同時に自分にもストレスを溜めてしまうことにもなるのです。

つまり、臨機応変に対応でき、柔らかい感性で相手の言葉や行為をサラッと受け流せるタイプの人は、そういうことでストレスを溜め込むことはありません。少しでも自分を物分かりの良い人間に見せようとしたり、よく思われようとすると、気がつくと少しずつ我慢という名のストレスが溜まっていくのです。

成長時にもたらされる緊張やプレッシャーによるストレス

ストレスが完全に悪者のように言われている気がしますが、多少のストレスは生きていく上で必要なのです。ストレスが皆無の場合は、成長も発展もありえません。ストレスという言葉が当たり前になる前は、プレッシャーという言葉で表現していたように思います。

ストレスもプレッシャーも英語の意味では、押す、抑える、押されるといった圧力的なイメージがあります。日本語で表現するなら、ジャンプ前にしゃがむ感じです。だから、抑え付けられすぎると潰れたり、歪んだり、風船なら破裂したりしてしまいますが、より高く跳ぶためには多少はヒザを曲げてバネにする必要があるのです。

緊張やプレッシャーによるストレスは、成長のチャンスです。逃げようとする意識が強すぎてストレスがかかりすぎては良くないのですが、生きていく上で、こういう状況は度々訪れるものです。そしてそれを乗り越えた人だけが成長できるので、ここではごまかさず受け止めて真剣にトライするのもいいと思います。

ストレスが溜まる前に自分で何とかする発散方法

大きく3つに分けたので、発散方法は3つのようですが、実は1つです。それは、自分がストレスを受けていることを自覚し、その種類を見極めることです。ストレスを受けている自分を認めてあげて、どうすればそのストレスを軽減できるかを考えてあげるのです。

あまりに溜め込んでしまうと、自分ではわからなくなってしまいます。色んな種類のストレスが混ぜこぜになって、分類さえできなくなってしまいます。そうなる前に、やってみて下さい。

受け入れて分類し、対処の方法を考えるだけで、おどろくほどストレスが軽減します。まるで散らかった部屋を早目に片付けるのに似ています。これこそが、ストレスと上手に付き合っていく極意なのです。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る