TOP > > こんなにあった!ストレスが原因で発病する病気一覧

こんなにあった!ストレスが原因で発病する病気一覧

日本はよく、「ストレス社会」と言われます。ストレス三昧の毎日を送っている方も多いのではないでしょうか?私たちの生活にストレスは蔓延していますので、もはやストレスは当たり前のような存在になっています。

しかし、ストレスが原因となって発症する病気はたくさんあります。今回は、ストレスが原因となる病気を一覧で大発表します!

ストレスが引き金となる病気一覧!

1つ目のストレスが引き金となる病気は、「急性胃炎」です。やはりストレスが原因の病気と言えば、急性胃炎が最も有名です。胃は特にストレスに弱く、強いストレスを受けると胃がキリキリ痛むという人も少なくありません。

もちろん急性腸炎の原因はストレスだけではありません。暴飲暴食、ピロリ菌、ウイルスなど多くの原因があります。ですが、ストレスもその大きなウエイトを占めていますので、なるべくストレスを溜めないようにしてください。

2つ目のストレスが引き金となる病気は、「慢性胃炎」です。慢性胃炎は、慢性的に胃炎を繰り返す病気です。吐き気、胸やけ、胃痛などの症状が襲い掛かります。しかも慢性化してしまうと、治るのにも時間がかかります。なるべく早く病院で治療を受けた方が良い病気となります。

3つ目のストレスが引き金で起こる病気は、「不眠症」です。不眠症の大きな原因の一つにストレスがあります。不眠症にかかると、夜中に何度も目が覚めたり、睡眠薬なしでは眠れなくなったりします。また、眠っていても悪夢にうなされてしまい、ぐっすり眠れない場合もあります。

更に不眠症になると、うつ病を併発してしまう事もあります。ですから、なるべくストレスを溜めこまないようにして、不眠症を解消してください。

4つ目のストレスが引き金で起こる病気は、「自律神経失調症」です。特に女性に多い病気で、精神的なバランスを崩しやすくなります。自律神経が乱れると、多汗、手のしびれ、動悸、めまい、不整脈などたくさんの不快な症状が現れます。

日常生活に支障をきたす恐れもあり、早めの治療が必要となります。また自律神経失調症は、ストレスが大きな要因となりますので、ストレスをなるべく溜めこまないようにする事も病気改善の重要なポイントとなります。

5つ目のストレスが引き金となって起こる病気は、「胃潰瘍」です。胃潰瘍は、強いストレスやピロリ菌などが原因となり発病します。胃もたれ、胃痛、胸やけなどの症状が現れます。

また、胃潰瘍の恐ろしい点は、胃がんのリスクをアップさせる可能性がある所です。胃潰瘍になってしまった方は、定期的に胃がん検診を行い、胃がん対策をしてください。

6つ目のストレスが引き金となって起こる病気は、「高血圧」です。ストレスを受ける事で高血圧になると、血管系の病気にかかりやすくなります。また高血圧は成人病を引き起こす可能性もあります。ですから、高血圧は恐ろしい症状と言えます。

このように、ストレスが引き金となって起こる病気はたくさんあります。もちろん、これら以外にも多くの病気が存在します。ですから、ストレスは溜めこまずに発散させてください。

また、ストレスに負けない強い心を身につける事も、病気予防の為に大切です!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る