TOP > > 時々心臓が痛いのはストレスのせい?ストレスが心臓に与える影響

時々心臓が痛いのはストレスのせい?ストレスが心臓に与える影響

ストレスというのは、自分が思っている以上に体に影響を与えることがあります。また自分では大丈夫と思い込んでいても、かなりのストレスを無意識にため込んでいることもあります。ストレスの感じ方は個人差がありますが、心臓にも負担をかけることがあるので軽視してはいけません。

ストレスが心臓に与える影響とは?

ストレスにも種類があるので、ストレスを感じたからといってすぐに心臓に影響が出るとは限りません。しかしストレスは自律神経のバランスに影響を与えます。自律神経というのは体の様々なバランスを保っている神経なので、このバランスが崩れてしまうと、健康にも様々な影響が出てしまいます。

血行不良、冷え、肩こり、頭痛なども、ストレスが原因で自律神経のバランスが崩れた時に現れる症状の一種です。血行不良から血流障害が起こり、心臓にも負担をかけます。この時いつもより心臓にかかる負担が大きくなると、動悸や息切れなどの症状が出ることもあります。

激しい運動をしたわけでもないのに、急に動悸や息切れ、心臓がドキドキするような場合は、ストレスが原因で起こった症状である可能性もあります。人によっては心臓への負担が大きすぎて、心臓の痛みという症状が出ることもあります。

このように心臓の痛みとなるような場合は、ストレスの度合いも大きく、それが長期間続いているケースが多いので、日頃から自分のストレス管理は注意しておきたいことの1つです。心臓に影響を与え痛みを感じるような場合は、ストレスが原因になる事が多いのですが、その原因となるのが生活習慣であることも決して珍しくありません。

ストレスから心臓を守るための工夫

ストレスが原因となり心臓に負担をかけるのなら、ストレスを無くすのが一番ですね。しかしそうそう上手く行かないのも現実です。ストレスの原因は個人差もありますし、生活環境や仕事での環境も人によって違います。

ストレスを解消する方法や、ストレスをため込まないためのマニュアルなどもありますが、こればかりはマニュアル通りとはいきません。まず大切なのは、自分にできる範囲で生活リズムを整えることです。

生活リズムの乱れは体に与える影響も大きく、自律神経のバランスを崩します。これはストレスを感じた時にも上手く対処できなくなる原因となります。ストレス解消法が思い浮かばないと、これだけでもストレスになります。

何も思いつかない時は、あまりクヨクヨ考え込まず体を休めることを意識してみましょう。何もせず横になるだけでも体は休まります。ストレスは神経を消耗させるので、体の疲れとなることもあります。疲労が蓄積されていれば、休息し眠るだけでも効果があります。

休みの日は時間が許す限りゆっくりと休息してみるだけでも、かなりストレスは軽減されるはずです。余りにもストレスが強すぎて心臓の痛みといった症状が出ている場合は、心臓にも負担をかけているので休息したくらいでは改善されないこともあります。

こういう時は病院に行って適切な対処をする事も大切です。自律神経のバランスが崩れている時、自力では解決できないことも多々あります。こういう時も無理をせず病院に行って、何がそうさせているのかを確認しておきましょう。

原因が分かれば適切な処置ができますので、大事に至る前に予防もできます。一度身についてしまった生活習慣や生活リズムは、そう簡単には改善できません。しかしこれがストレスの原因となり心臓に負担をかけているなら、改善の余地はありますね。

ストレス解消法もいろいろありますが、休息もストレスを軽減するのに役立ちます。休日でも思うように休めない人もいると思いますが、1日のうち数時間でもいいので休息タイムを作ってみてください。

アロマやハーブをとりいれるのも、精神をリラックスさせるのに役立ちます。気持ちが落ち着けば楽になることもあるので、いろいろ試して自分に合うストレス解消法や軽減法を見つけてください。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る