TOP > > 砂糖の過剰摂取の危険性、対ストレス力を低下する症状を招きます!

砂糖の過剰摂取の危険性、対ストレス力を低下する症状を招きます!

砂糖は脳のエネルギーと言われた事があります。確かに砂糖を摂ると体内で速やかにブドウ糖に分解され、血液中のブドウ糖の濃度が一気に上がります。これによって頭が一時的にすっきりするのは確かです。

しかし一気にブドウ糖濃度が上昇すると、体内で有効利用する為に、すい臓からインスリンが大量に分泌されます。その為一気に血糖値が下がり、体はまた糖分を必要とするようになるのです。この血糖値の乱高下がインスリンの分泌に影響を与え、糖尿病などの原因になると言われています。

なぜ血糖値の乱高下がおきるのか・・・

なぜ砂糖を食べると血糖値の乱高下がおきるのでしょうか・・・。人の体はもともと穀物などを摂取し、それを体内で分解しブドウ糖に変えるように出来ています。元々精製された砂糖等が体内に入ってくる事は想定していません。人類の食べ物を精製する技術に、体は追いついていません。

普段から食べている砂糖などが多く含まれたお菓子や清涼飲料水は、体にとって想定外の食品です。その為私たちが考えている以上に体内では過剰に反応してしまうのです。厄介なのは、この砂糖などを脳は良い物だと判断する為、一度食べると次から次へと欲しくなるようになる事です。

砂糖はストレス耐性を下げます

糖分を摂りすぎると、一時的に血中のブドウ糖濃度が上昇し、その後低血糖になる事はお話ししましたが、低血糖になると今度は血糖を上昇させようとして副腎からアドレナリンを分泌させるようになります。血糖値の乱高下があると副腎を酷使する事になります。

そもそも人の体は、血糖値の乱高下がある事を想定していません。副腎も低血糖でアドレナリンを大量に分泌させる事は想定していません。その為「副腎疲労症候群」の人が増えているのです。この副腎が疲労する事が、現代人のストレス耐性を弱らせているのです。

副腎が疲労すると・・・

副腎はアドレナリン・ステロイド・性ホルモン等様々なホルモンを分泌している器官です。そのホルモンに抗ストレスホルモン、コルチゾールがあります。これが副腎の疲労により上手く分泌されなくなる事でストレス耐性が低下するのです。

副腎を疲労させる主な原因は、ストレスと糖分の摂りすぎ・・・。現代はストレス社会であり、その一方で糖分の摂りすぎを促進する砂糖を多く含んだ食品が溢れています。日々の生活の中で、立ちくらみをよく感じたり、疲れやすいと感じる方は副腎疲労症候群の可能性があります。

抗ストレス栄養素

副腎を元気にさせる栄養素、「抗ストレス栄養素」と言われるものがあります。ビタミンC・B、マグネシウム、カルシウムです。カルシウムは小魚類、海藻類に含まれ、マグネシウムはナッツやソバ等に含まれます。これらの栄養素を積極的に摂る事が必要ですね。

副腎を疲れさせない食生活

副腎を元気にさせる栄養素を積極的に摂り、なるべく副腎を酷使しない食生活が体の抗ストレス力を高めます。その為にもなるべく砂糖を摂る事を抑え、加工されていない、生命力をもった物を食べましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る