TOP > > STOPオス化現象!原因の女性ホルモンの乱れを改善するには?

STOPオス化現象!原因の女性ホルモンの乱れを改善するには?

ホルモンバランスが崩れる、とはよく耳にしますが実際の所、それがなぜ健康に悪いかまでを知る人は多くありません。最近ではその乱れによって「女性のオス(男性)化」が進んでいるとも言われており、その実態は実に複雑です。

女性ホルモンが「乱れる」とは?

乱れが起こるメカニズム

女性ホルモンに関わる重要な卵巣、そして視床下部、脳下垂体といった器官に何らかの不具合が生じ、それぞれがうまく連携できなくなると、結果として「ホルモンの乱れ」を引き起こします。

女性が一生かけて分泌する女性ホルモンの量は、わずかにティースプーン1杯ほど。それだけにごくわずかな量の変化でも身体に影響する女性ホルモンは、基本的に「安定」させるのは難しいとも言えます。

殊更に、女性ホルモンの分泌は神経からの指令によって行われるため、脳に負担がかかると、どうしても分泌がストップ、低下してしまいやすい特徴を持っています。

特に視床下部は自律神経をコントロールする器官でもあるため、ストレスの影響を直に受けやすく女性ホルモンの分泌を滞らせてしまいがちです。ストレスは女性ホルモンにとっての何よりの「敵」だと言えます。

女性ホルモンの役割

女性ホルモンは約28日の周期を持ち、女性の生理のリズムを整えます。妊娠しやすく、出産がうまくいくように身体を変化させ、自律神経を安定させるのが主な役割です。

この周期こそ、女性を悩ませる月経の原因であり、女性にとって避けられない生理現象のひとつです。また成長期には女性らしい身体を作るために働く、「女性」という性に欠かせない存在と言えます。

女性ホルモンは2種類あり、簡単に言えば女性らしさを作るための「エストロゲン」、女性らしさを保つための「プロゲステロン」があります。双方は一定のバランスを保っており、乱れはそのバランスが保てない場合に発生します。

生活上で女性ホルモンを乱す要因

乱れを生む生活習慣

女性に起こりやすい冷え性、過度なダイエットとそれに伴う栄養不足、睡眠不足、ストレスなどは全て、女性ホルモンを乱す要因と言えます。

すべてのホルモンは人の体内時計と密接な関係にあり、生活のリズムが整っていることが、ホルモンを正常に分泌する条件のひとつでもあります。

食事の回数、時間、量や栄養バランス、入眠時間、起床時間などの全てがホルモンの分泌に影響を与えます。それらが毎日バラバラで、生活にリズムを作れていないという方は、特に注意が必要です。

避けられない「加齢」と「時期」

女性は加齢によって女性ホルモンが乱れやすくなる、という避けられないものがありますが、その中でも女性ホルモンが大きく乱れる時期というものが、大きく分けて2回存在します。

ひとつは、身体そのものがホルモンバランスをうまく一定化することのできない「思春期」。成長による肉体変化が起こるこの時期には、月経周期が遅れるなどの「乱れ」が生じやすくなります。

また卵巣からの女性ホルモン分泌が減少する「更年期」。ホルモンの量が減少する過程で様々な器官がその変化に順応できず、イライラ、めまいなどの不定愁訴が起こりやすくなります。

女性ホルモンの乱れによる害

月経の乱れと健康被害

女性ホルモンが乱れると、重い生理痛や生理不順、無月経や過多月経などの女性特有の症状のほかに、様々な不調が身体に起こります。

頭痛、腰痛、腹痛、肩こりなどの痛みと疲労感、冷えやむくみといった血流の悪化、イライラや不眠、うつ状態といった自律神経の乱れによる精神症状があらわれ、不妊症状が出る場合もあります。

ヒゲ、ニキビなどのオス化現象

肌の状態が悪化するのも、女性ホルモンの乱れが持つ大きなデメリットです。皮脂の分泌に狂いが生じるため、ヒゲが生える、ニキビが多くなる、薄毛や脱毛などの男性的な症状に悩まされやすくなります。

肌がオス化していると、いくらスキンケアをしても効果がみられなかったり、早とちりから不要な薬を服用したりと、女性にとって不都合が多くなります。誤った対処は、逆に不要なストレスを招く原因にもなります。

女性は閉経すると、同年代の男性よりも女性ホルモンが低くなることが分かっています。すると脳梗塞や心筋梗塞、虚血性疾患などの重病にかかるリスクが急増するため、特に注意が必要です。

ホルモンバランスを正常に保つには

ライフスタイルの見直し

ホルモンバランスを維持、改善するには、先ず食生活や生活習慣といったライフスタイルの見直しをすることが何よりも大切です。

生活にリズムができているかどうかをチェックしてみましょう。食事の時間、睡眠時間などを確保し、規則的にとれているでしょうか。暴飲暴食をせず、食性にあった食事内容を考え、栄養面に気を配る必要があります。

肉類や大豆に多く含まれる「たんぱく質」、トマトなどの野菜に含まれる「カリウム」を意識して摂取するようにすると、卵巣の新陳代謝をスムーズにして、女性ホルモンの活性化に役立つため、お勧めです。

ストレスを溜めない

女性ホルモンはストレスにたいへん弱いため、ストレスを溜め込まないことが非常に重要なポイントになります。やってくるストレスを防ぐことは難しいため、いかに「発散」させるか、に視点を当ててみましょう。

ストレス解消には「睡眠」と「入浴」が何より効果があると言われています。睡眠は最低でも6時間は確保し、部屋を暗く、静かにして朝までグッスリと眠ること。入眠前には読書などして、嫌なことをできるだけ忘れてみましょう。

入浴は「半身浴」がお勧め。浴槽にお尻をついて座り、おへその位置ぐらいまでお湯をはって長めにつかりましょう。血流を改善して冷えを予防するほか、入浴中に好きな事をしていればストレスを解消しやすくなります。

閉経以降の食生活

女性は閉経を迎えると、徐々に血管が老化しやすくなります。それを防ぐために、大豆に含まれる「大豆イソフラボン」、お茶に含まれる「カテキン」、蕎麦などに含まれる「ルチン」などを意識的に摂りましょう。

これらはポリフェノールと呼ばれる抗酸化成分で、耳にしたことのある人も多いと思われます。ポリフェノールは脂肪を燃焼し美容に効果があるため、若いうちから積極的に摂ることが勧められます。

女性はストレスと戦う生き物

女性という性を受けた以上、ストレスとの闘いは一生をかけたテーマであることは間違いなく、避ける術はありません。しかしそれを重荷と捉えるのではなく、むしろ迎え撃つくらいの気概を持つのは、健康にとって大きなプラスです。

自分ひとりで負けそうになったら、周囲に頼っても構わないのです。誰もが同じ戦場に身を置き、苦楽を共にする「戦友」。それによって新しい知識を得ることもあります。気負わず、気楽にホルモンと付き合っていきましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る