TOP > > 朝の10分で出来る!ストレス解消!瞑想のすすめ

朝の10分で出来る!ストレス解消!瞑想のすすめ

最近よく聞くけど瞑想ってなんなの?

最近よく瞑想に関する書籍や健康方法でテレビなどメディアの中で耳にすることが多くなった「瞑想」、でもいまいちよく分からないなんて人も多いと思います。そもそも瞑想とはなんなんでしょうか?

瞑想は古代のインドが発祥の地で、心を沈め、自分自身と向き合い、不必要な考えや邪念といったものから意識をそらす事を目的に行われてきました。

特に最近の日本ではストレスに関する病気や生活習慣病などが蔓延しており、こうした精神的な部分が弱まっているようです。そこで毎朝10分で誰にでも出来る瞑想方法で心の精神的な部分で強くなる方法をご紹介いたします。

どうやって瞑想するの?

まず朝いつもより10分早めに目覚まし時計をセットするようにしましょう。なぜ朝なのかというと、人間が最も集中できる時間帯が朝起きた直後で、更に目覚めの直後は脳が空の状態に近く、考えたことがすっと入ってくるからです。

雑音や気が散るものが無いようにするとより集中することができます。雑音が気になる人は落ち着いたヒーリングミュージック等を小さなボリュームで流すとよいでしょう。

次にどこでもいいので座りましょう。布団の上、ソファーの上、どこでも結構です。座り方は自由ですが自分の体が安定し、窮屈と感じない座り方がよいでしょう。

次に姿勢ですがなるべく背筋を伸ばし猫背にならないように注意します。人によりますが、手のひらを合わせたり、左右の指で円を作るなど、形はありますが自分が一番リラックスできる状態で座ります。

リックスした状態で座れたら目を閉じ、呼吸に集中します。鼻から大きく空気を吸い込み、口からゆっくり吐き出してください。このとき鼻からお腹の中心に空気が入ることを意識してください。

お腹が限界まで膨れたら口から「ふぅーー」っと頬を膨らませるように吐き出します。瞑想初心者の方は無意識になることは難しいので、頭の中では吸って吐いての呼吸に意識を向けます。

これを10分間続けると体中に酸素がいきわたりすっきりしますし、無駄なことを考えないのでスムーズに朝から仕事に入ることが出来るようになります。

慣れてきたらどうすればいいの?

毎日瞑想を続けることで習慣となり、自然と呼吸を意識しなくても出来るようになっていきます。そのようになってきたら今度は無意識になる訓練です。

無意識になるというのは何も考えない状態、つまり何も考えないということも考えない状態です。言い回しが難しくなりましたが、無の状態を作り出します。

このレベルまで来るとつまらない問題や他の人の問題、トラブルといったようなものに惑わされなくなります。大企業の社長や幹部クラスの人も瞑想をしているなんて人も多いくらいです。

やり方ですが意識を後頭部の上あたりに集中させます。徐々に周りの音や光といったものを感じ無くなり本当に静かな気持ちに入っていきます。

無理に無意識になろうとするのではなくあくまで自然体でいてください。これを続けていけば時間が物凄く早く感じられるようになります。

悩み事がある人や何かに息詰まっていると思う方はこのトレーニングをすることで問題解決策や対処など、ぱっと浮かんでくるかもしれません。皆さんも朝10分間の瞑想いかがですか?

キャラクター紹介
ページ上部に戻る