TOP > > 窓のない職場で働くと活力低下を招く!健康を取り戻す改善策

窓のない職場で働くと活力低下を招く!健康を取り戻す改善策

窓一つない地下の狭い部屋。そんなところでサラリーマンをしていないでしょうか?常にうす暗い環境に身を置いている人は、近い将来、自分の健康状態になんらかの重大な悪影響を及ぼす可能性を認識しておいた方が良いでしょう。

窓の無い職場で長い間働いていると、睡眠障害や仕事に対する活力を失うことになる可能性があります。もし今そんな環境に身を置いているのであれば、自分の健康状態を取り戻す改善をしましょう!

窓なしオフィスがもたらす健康への悪影響

窓なしオフィスで働くビジネスマンは、窓があるオフィスで働くビジネスマンに比較して、普段の睡眠の質が悪い事が分かっているのです。また、何か行動を起こす時に必要とされる活力レベルも低い事が分かりました。

つまり、この活力レベルが低いというのは、「仕事に行きたくない」、「何のために生きているか分からない」などという、現代特有の「うつ病」の原因ともなりうると考えられ、窓なしオフィスが健康状態に及ぼす悪影響は非常に危惧されているのです。

健康への悪影響をどのように断ち切るか?

窓なしオフィスで働くことが健康に悪影響を及ぼすという前提で話を進めてきましたが、窓なしオフィス=悪ということではありません。窓なしオフィスのデメリットは直接太陽光を浴びる機会が少なく、身体の随所の機能を低下させている、ということであり、日光を浴びる事によって体内時計が調節されたり、活発な活動を生み出すエネルギーとなるビタミンDの生成などが起こるのです。

つまり、窓のないオフィスで働いていようとも、仕事外の時間でしっかり太陽光を浴びる時間を作れていれば良いのです。勤務外でのジョギングやウォーキング、サイクリングなど太陽光を浴びながら無理のない運動を取り入れると良いと言われております。

逆に、普段の職場が窓のあるオフィスだとしても、仕事以外の時間で外に出る機会が全くないような人は、窓なしオフィスで働いている状況と同じと言えるでしょう。1日24時間のうち、8時間前後を占める仕事の時間において日光を浴びる事が出来ない環境というのは、非常にマイナスな状態であり改善が必要と考えます。

改善策として、職場を変えることや、窓を取り付けるなどの変化を生み出す事が可能であればよいですが、それらの改善をする事が難しいようであれば、太陽光の下での適度な運動を取り入れてみてはいかがでしょうか?

仕事の終わりは夜遅くなので、太陽光を浴びる事が難しい、ということであれば、出勤前のランニングや土日などの休日を利用して、積極的に日光を浴びる取り組みをしてみましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る