TOP > > ビタミンCが効果を発揮!体の中からストレス対策しませんか?

ビタミンCが効果を発揮!体の中からストレス対策しませんか?

皆さん、ビタミンCと聞いて、どんなことを思い浮かべますか?免疫力の強化や、美白・美肌などの美容効果を真っ先に思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

今回お話しするのは、「ビタミンCとストレス」の関係です。実は、ビタミンCはストレス対策にも大きな効果を発揮してくれるんです!

私たちの毎日はストレスがいっぱい!

ストレス社会ともいわれる現代社会では、毎日がストレスの連続と言っても過言ではありません。ストレスが溜まりすぎると体や心に不調をきたすこともよく知られていますね。

ビタミンCは、そんなストレスから体を守るために一役買っているのです。

「ストレス対抗物質」とビタミンC

ストレスを受けると、体はストレスを和らげるために「ストレス対抗物質」を用意します。そのひとつが、副腎から分泌される「副腎皮質ホルモン」です。この「副腎皮質ホルモン」は、ビタミンCを原料として作られているのです。

ビタミンCが不足していると、ストレスに対抗できるだけの「副腎皮質ホルモン」を作ることができません。ストレスを受けているときほど、ビタミンCは普段よりも多くの量が必要になるのです。

「活性酸素」とビタミンC

ストレスに対抗する副腎皮質ホルモンですが、この分泌や分解の際には、活性酸素が発生します。活性酸素が老化現象の原因になることは知っている人も多いでしょう。それ以外にも、生活習慣病などさまざまな病気を引き起こす原因となります。この活性酸素を除去するのに役立ってくれるのも、ビタミンCなのです。

お酒とビタミンC

ストレスが溜まると、発散のためにお酒を飲む機会が増えますね。お酒を飲んで、体内に入ったアルコールが分解されるのに必要なのも、ビタミンCなのです。

このように、ストレスを受けているときには普段よりも多くのビタミンCが必要になります。ストレスに対抗できる体でいるためには、意識的にビタミンCを摂ることがとても重要になってきます。

ストレスを感じたら積極的にビタミンCを摂りましょう!

ビタミンCは、食品ならレモンやイチゴ、ピーマンなど、野菜や果物に多く含まれています。熱や光に弱い・水に溶けやすい性質があるので、調理の際には気をつけましょう。

サプリメントやビタミンC配合のドリンク剤で摂るのも効果的。食後30分以内に飲むと吸収率がアップします。ただし、サプリメントの場合は過剰摂取しやすいので気をつけましょう。1日に10g以上摂るとお腹がゆるくなることがあります。

いずれにしても、ビタミンCは一度にたくさん摂っても尿と一緒に排出されてしまうことから、1日数回に分けることが大切。体内に留まる時間も2~3時間と短いことから、こまめに何度も摂るようにしたいものです。

運動やおしゃべり、買い物などでストレス発散をする人は多いはず。あなたなりのストレス発散法に加えて、体の中からもストレス対策、始めませんか?

キャラクター紹介
ページ上部に戻る