TOP > > 最近増えているストレートネックの壁を使ったチェック方法をご紹介

最近増えているストレートネックの壁を使ったチェック方法をご紹介

ストレートネックとは

背骨は本来、首から腰に掛けてS字のカーブを描いています。その首の部分のカーブが少なくなってしまい、真っ直ぐになってしまう状態をストレートネックといいます。病名ではありません。

正確には、頸椎の生理的前湾角度の正常値が30度~40度に対し、30度以下になっている状態を指します。首の骨が真っ直ぐになってしまうことが歪んだ状態であり、本来の湾曲が保たれていないと、首や肩に大きな負担がかかってきます。

うつむいた状態が長く続くと、ストレートネックになってしまいます。ストレートネックの方が今、急増中なのは、パソコンやスマートフォン、モバイルゲーム機の普及と関係しているといわれています。これらの機器を扱う時はどうしてもうつむき加減になってしまいますね。これが現代病といわれる所以です。

また、バレエや社交ダンスなどのレッスンに於いて姿勢の過剰な矯正や、むち打ちの後遺症、格闘技等での首への刺激もストレートネックになる原因となります。

どんな症状がストレートネック?

ストレートネックになっていると、首や肩に慢性的な症状があらわれます。こんな症状がある方はご注意を。

  • 首のこり、痛み
  • 首が回らない、動かない
  • 頭痛
  • 肩こり、痛み
  • めまい、吐き気
  • 首、肩、腕のしびれ

ただの疲れやこり、慢性頭痛だと思っていても、実はストレートネックが原因になっている場合も。今すぐチェックしてみましょう。

壁を使って今すぐチェック!

まず、背中を壁につけて真っ直ぐ立ちましょう。あまり力まず、軽く足を開くと良いでしょう。足を揃えると不安定になり正しくチェックできません。そして肩をきちんと壁につけるのがポイントです。その状態で顎を引いてみましょう。後頭部が壁につくかどうかをチェックします。

もう一つのチェック方法もご紹介します。壁を背に、踵、腰、肩、の順番で壁にピッタリつけて最後に後頭部がつくかどうか見てみましょう。

いかがですか?いずれの方法でも、壁に後頭部がつかなかったらストレートネックの可能性が。

ストレートネックを放っておくとどうなる?

ストレートネックの引き起こす症状は、首、肩のこりや痛み、頭痛だけではありません。神経に障り手足のしびれを感じたり、ふらつきを覚えたり、また、仰向けになるのが困難になり不眠になります。自律神経失調症まで引き起こす場合もあります。

セルフチェックで、ストレートネックの可能性があり症状を感じる場合は、一度受診してみましょう。ストレートネックはレントゲンで判明しますので、まずはレントゲンでの検査ができる医療機関にかかることをお勧めします。

こりや痛みのその症状、ストレートネックによるものかも知れません。今すぐチェックしてみましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る