TOP > > ビタミン不足だけが原因じゃない!口内炎の4つの原因と予防法

ビタミン不足だけが原因じゃない!口内炎の4つの原因と予防法

口内炎が出来ると、口の中が痛みますよね。その為、食事も苦痛になってしまいます。一般的に口内炎の原因と言えば、「ビタミン不足」というイメージが強いです。でも、口内炎の原因はビタミン不足だけではないという事をご存知でしょうか?実は他にもたくさんの原因があるのですよ。そこで今回は、口内炎の4つの原因と予防方法をご紹介します!

免疫力の低下が口内炎の原因!

1つ目の口内炎の原因と考えられる要因は、「免疫力の低下」です。免疫力の低下からくる口内炎の特徴は、楕円形や円形をした白っぽい症状が現れるという所です。では、免疫力低下が原因でおこる口内炎は、いったいどうやって予防すれば良いのでしょうか?

それは、原因となっている免疫力低下を防ぐ事が最も有効だと考えられます。免疫力低下の原因は、疲労、睡眠不足、栄養不足、ストレスなどがあります。ですから免疫力をアップさせる為、十分な睡眠、休養、バランスの良い食事、ストレスを発散させるといった方法をお試しください。免疫力をあげる事で、口内炎がすっきり治るかもしれませんよ!

口腔内の不衛生が口内炎の原因!

2つ目の口内炎の原因と考えられる要因は、「口腔内の不衛生」です。歯磨きがいい加減だったり、全くしないという方は、口腔内(こうくうない)に細菌が大量発生している可能性が高いです。

細菌が大量発生すると、口内炎になりやすくなるのですよ。その為、口腔内の不衛生が原因の口内炎の場合は、食後の歯磨きの徹底を心掛けて、口の中を清潔に保つ事が予防につながります。ですから、口の中を清潔に保つ事で、口内炎が綺麗に治るかもしれません!

噛み合わせが口内炎の原因!

3つ目の口内炎の原因として考えられる要因は、「噛み合わせ」です。噛み合わせが悪いと、無意識のうちにほっぺたを噛んでしまう事があります。ほっぺたを噛んでしまうとそこに傷が出来て、口内炎になってしまいます。では、噛み合わせが原因の口内炎は、どうすれば予防出来るのでしょうか?

噛み合わせが原因で口内炎が出来る場合は、歯科で相談する事が最も簡単な解決策です。ドクターと相談の上、噛み合わせを改善する事で、口内炎の予防が出来ます!

病気が口内炎の原因!

4つ目の口内炎の原因として考えられる要因は、「病気」です。例えば、ベーチェット病、糖尿病、白血病などにかかると、口内炎が出来やすくなると言われています。こういった病気が原因でおこった口内炎を予防する為には、まず病気の治療が先決です。

原因となる病気をしっかり治療して完治させる事で、口内炎が出来なくなります。ですから、まずは元となる病気の治療に専念してください!

このように、口内炎の原因はビタミン不足だけではなく、たくさんの要因が考えられます。それぞれの原因に合った予防を心掛ける事が大切です!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る