TOP > > 痛い口内炎をしっかり予防しよう!5つの方法で口内炎にさようなら

痛い口内炎をしっかり予防しよう!5つの方法で口内炎にさようなら

口内炎は、1度出来てしまうと、なかなか治りません。そのため、食事中はもちろん、ふとした時に舌があたると「痛い・・・」となります。だから、口内炎はしっかり予防しておきたいですよね。そこで今回は、口内炎をしっかり予防する5つの方法をご紹介します。

ビタミンを摂って口内炎を予防!

1つ目の口内炎予防法は、「ビタミンを摂る事」です。口内炎の原因はたくさんありますが、ビタミン不足もその一因となっています。そのため、口内炎を予防する為にビタミンを摂取する事は、とっても大切な事となるのです。

特に口内炎予防にお勧めしたいビタミンは、ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンCです。では、これらのビタミンは、どのような食品に含まれているのでしょうか?

まずビタミンB2は、豚のレバー、うなぎ、粒ウニなどです。そしてビタミンB6は、にんにく、牛レバー、まぐろなどに多く含まれています。ビタミンCは、レモンなどの柑橘系フルーツに豊富に含まれています。

口内炎を予防する為に、こういったビタミンのたくさん含まれている食品を食べるようにして下さい。毎日ビタミンを摂取する事で、口内炎が出来にくくなるかもしれませんよ!

ビタミンを壊す食品を食べるのをやめて口内炎予防!

2つ目の口内炎予防法は、「ビタミンを壊す食品を食べ過ぎない事」です。口内炎予防にはビタミンが効果的だという事は、前述の通りです。つまり、口内炎予防にはビタミンが必要なのです。しかし、食品の中には、ビタミンを壊してしまう物もあります。

せっかくビタミンをたくさん摂取しても、壊されてしまえば意味がありませんよね。ですから、ビタミンを破壊する食べ物は、「食べ過ぎに注意」という訳なのです。では、どのような食品に、ビタミンを破壊する作用があるのでしょうか?

それは、糖分の多いお菓子類やアルコールです。また、タバコもビタミンを破壊する事で有名です。ですから、口内炎予防の為、糖分の多いお菓子類、アルコール、タバコは、なるべく控えるようにしましょう!

口の中を清潔にして口内炎予防!

3つ目の口内炎予防法は、「口腔内の衛生」です。口の中が不衛生になると、雑菌などが多くなります。雑菌が多くなると、口内炎が出来るリスクがアップします。ですから、口の中は、常に衛生的な状態をキープして下さい。ではどうすれば、口の中を清潔にする事が出来るのでしょうか?

もっとも簡単な方法は、食後の歯磨きです。しかし、仕事中や外出先などでは、どうしても歯磨きの時間を確保出来ない事がありますよね。そういった場合は、うがいやガムを噛むといった方法をお試しください。

うがいをしたり、ガムを噛んだりするだけでも、食べかすなどを口の中から排出する事が出来ます。ですから、歯磨きが出来ない場合は、うがいをしたり、ガムを噛んだりといった方法を採用し、なるべく口の中を衛生的に保って下さい。

免疫力をアップして口内炎予防!

4つ目の口内炎予防法は、「免疫力アップ」です。口内炎の原因は解明されていない点も多いのですが、免疫力の低下が要因となっている事は間違いないようです。その為、口内炎を予防する為には、免疫力を高める事が効果的なのです。では、どうすれば免疫力を高める事が出来るのでしょうか?

免疫力をアップさせる為に必要な事は、規則正しい生活習慣を送る事と、バランスの良い食事を摂る事、適度な運動をする事、ストレスを溜めない事などが効果的だと言われています。

つまりは、健康的な生活を送る事が、免疫力アップにつながるという訳です。ですから、免疫力を高める為、健康的な生活を送るようにしましょう!

刺激物を摂る事を控えて口内炎予防!

5つ目の口内炎予防法は、「刺激物の摂取を控える事」です。刺激物とは、主に香辛料の事です。例えば、唐辛子などです。唐辛子は、料理に使うと味が引き締まって美味しくなります。しかし、口腔内の粘膜が傷ついた時に香辛料を使ってしまうと、口内炎が出来やすくなります。

ですから、刺激の強いものを摂りすぎる事は、控えた方が良いのです。口内炎を繰り返している方は、特に刺激物の摂取を控えて下さい。そうする事で、口内炎の予防につながります。

このように、口内炎の予防法はたくさんあります。どれも簡単な物ばかりですから、ぜひ実践してみて下さい!これらを実践する事で、口内炎知らずの生活が待っているかもしれませんよ。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る