TOP > > つらい口内炎をラクに治す!身近なもので今スグ出来る治療方法

つらい口内炎をラクに治す!身近なもので今スグ出来る治療方法

美味しいものが美味しく食べられない、いやーな口内炎。苦しめられている人は多いものの、いつもの事と特に治療をせず、自然治癒を待つ方も多い様です。薬を使わず、手軽に出来る治療法を知っていれば、その長引く痛みから早く解放される事が出来そうです。

なぜ口内炎になるのか?その予防法は「清潔+ビタミン+睡眠」

疲労やストレスを受けると、身体の新陳代謝が下がる傾向にあります。代謝が下がると口の中の粘膜は荒れてしまい、そこに食べ物などでキズが出来ると、口内の常在菌が反応して口内炎になってしまいます。

唾液は殺菌作用を持ち、100種類ほどもある口の中の細菌の過剰な繁殖を防ぐ役割を持っています。唾液がストレス等によって減少するとこのはたらきが弱まり、口内で菌が繁殖しやすい条件を生んでしまいます。

予防としては口内を清潔に保つ事が一番ですが、ビタミン不足でも口内炎は起こりやすくなります。野菜や果物を効率よく摂り、場合によってはサプリメントを利用するのも手。また睡眠不足も口内炎の原因となるため、生活のリズムを乱さない様に心がけましょう。

お手軽治療法!薬が効かない人のためのブラッシング+のどスプレー

一般に販売されている口内炎用の薬を飲んでも効かない、と嘆く方が多い様です。実は市販の薬のほとんどは、ビタミンB2不足による口内炎を想定して作られているため、ビタミン不足で口内炎になった方には効果的なのですが、それ以外の方にはあまり有効ではありません。

口内の細菌を減少させる事が治癒への近道。通常よりも時間をかけて、ていねいに歯をブラッシングしましょう。練り歯磨き粉は使わずに。練り歯磨き粉は唾液を減少させる効果があるため、せっかくの殺菌作用が減少してしまいます。水だけの歯磨きでも歯はきちんと磨けますので、練り歯磨き粉は本来は必要ないと言ってもいいものです。

外出中など、ふと痛みを感じる事があれば消毒作用のある「のどスプレー」が効果的。のどの痛みを抑えるために使用するスプレーを、直接患部に吹き掛けます。口内炎はウイルス性のため、即効性があり痛みをすみやかに軽減してくれます。

口内炎は、いわば不摂生をあらわすバロメーターの様なもの。日頃から予防につとめて、症状が出たら生活の問題点を正す事を心がけましょう。

ただし、口内炎だと思っていたら、実はガンだった、なんてケースもある様です。あまりにもひどい痛みを覚えたり、長引く様であれば一度きちんと診察を受ける事をおすすめします。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る