TOP > > 口内炎予防に効くビタミンは4種類あった!4つのビタミンで徹底予防!

口内炎予防に効くビタミンは4種類あった!4つのビタミンで徹底予防!

口内炎を予防する為には「ビタミンが必要」という話は有名ですよね。でも、ビタミンには色々な種類があります。そのため、やみくもにビタミンを摂るよりも、口内炎予防に効果的なビタミンを選んで摂取した方が良いです。そこで今回は、口内炎予防に効果的な4つのビタミンをご紹介します!

ビタミンAで口内炎予防をしましょう!

1つ目の口内炎予防に効果的なビタミンは、「ビタミンA」です。でもなぜ、ビタミンAは口内炎予防に効果的なのでしょうか?

それは、ビタミンAには皮膚や口腔内(こうくうない)の粘膜を正常化させる作用があるからです。口内炎は皮膚や粘膜が傷つく事で発症する事が多いですよね。そのため、ビタミンAを摂取して、口腔内の皮膚や粘膜を正常化させる事が、口内炎予防に効果的なのです。では、ビタミンAはどういった食品に含まれているのでしょうか?

ビタミンAが豊富な食品としては、レバー、あんきも、うなぎ、ホタルイカなどがあります。特に鶏レバーや豚レバーにはビタミンAがとっても豊富です。ですから、こういった食品をたくさん摂取して、口内炎を予防してください。

ビタミンB2で口内炎予防をしましょう!

2つ目の口内炎予防に効果的なビタミンは、「ビタミンB2」です。ビタミンB2もビタミンA同様に、皮膚や粘膜を正常に保つ働きがあります。そのため、口内炎予防に高い効果があると考えられています。では、ビタミンB2は、いったいどのような食品に含まれているのでしょうか?

それは、豚レバー、牛レバー、鶏レバー、キャビアなどです。また、魚肉ソーセージやマイタケなどにもビタミンB2が含まれています。

ビタミンB2は口内炎予防に効果的ですから、食品で摂る事が難しい方はサプリメントを利用して、上手に体内に取り入れる努力をしましょう。そうする事で、痛い口内炎と無縁の生活を送る事が出来るかもしれませんよ。

ビタミンB6で口内炎予防をしましょう!

3つ目の口内炎予防に効果的なビタミンは、「ビタミンB6」です。ビタミンB6は、免疫機能を正常化させる働き、新陳代謝促進、皮膚や粘膜を正常化させる作用などがあります。そのため、口内炎予防に高い効果があると考えられています。なぜならば口内炎は、免疫力低下、頬の皮膚や粘膜が傷ついた時などに出来やすいからです。

その為、ビタミンB6の持つ免疫機能を正常化させる働きや、皮膚や粘膜を正常化させる作用などが口内炎対策に有効なのです。では、どのような食品にビタミンB6は含まれているのでしょうか?

ビタミンB6が豊富な食品には、にんにく、まぐろ、カツオなどがあります。中でも特に、にんにくはビタミンB6の含有量が多い事で知られています。ですから、普段の食卓に、にんにくを効かせた料理を取り入れてください。チャーハン、麻婆豆腐、パスタなど、にんにくを効かせると美味しい料理はたくさんあります。毎日美味しく食べて、口内炎を予防しましょう。

ビタミンCで口内炎を予防しましょう!

4つ目の口内炎予防に効果的なビタミンは、「ビタミンC」です。ビタミンCには、免疫力をアップさせる作用があります。口内炎が出来る原因はたくさんありますが、免疫力低下も大きな要因の1つとして有名です。

そのため、ビタミンCを摂取して免疫力をアップさせる事が、口内炎予防に有効なのです。では、ビタミンCはどのような食品に含まれているのでしょうか?

ビタミンCが豊富な食品としては、レモンなどの柑橘類が有名ですが、赤ピーマン、ゆず、アセロラなどの方が、たくさんのビタミンCを含んでいます。

また、ビタミンCはドリンク剤やサプリメントとしても、たくさん販売されています。そのため、とても取り入れやすい栄養の一つとなっています。ですから、ご自身に合う方法でビタミンCを摂取し、口内炎を予防しましょう。

このように、口内炎予防に効果的なビタミンは、4種類あります。口内炎を効率よく予防する為に、ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンCを積極的に摂取しましょう!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る