TOP > > 胃潰瘍だけじゃない!お腹に痛みを感じる病気一覧

胃潰瘍だけじゃない!お腹に痛みを感じる病気一覧

お腹に痛みなどの違和感があると、何となく「胃潰瘍かな・・・」と思ったりしませんか?確かに胃潰瘍の可能性もあります。でもお腹に痛みをもたらす病気は胃潰瘍だけではありませんよ。そこで今回は、胃潰瘍以外でお腹に痛みをもたらす病気の一覧をご紹介します。

お腹の右上に痛みを感じた時疑いのある病気

胃に痛みをもたらす病気はたくさんあります。その中でも、お腹の右上に痛みを意感じた場合、次のような病気が考えられます。それは、肝硬変、急性肝炎、胆のう炎、胆石症、十二指腸潰瘍などです。

これらはいずれも、病院で治療を受けた方が良い病気ばかりです。ですから、お腹の右上あたりに痛みを感じている方がいらっしゃいましたら、なるべく早く医療機関を訪ねてください。発見が遅れてしまうと、治療が長引く可能性が高いですから早期発見が大切なのです!

みぞおち部分に痛みを感じた時疑いのある病気

みぞおち部分に痛みを感じた時疑いのある病気は、胃がん、慢性胃炎、急性胃炎、十二指腸潰瘍と言った病気です。ここで最も心配なのは、胃がんです。胃がんは日本人のかかりやすい癌の上位に位置する病気です。

その為、「まさか自分が胃がんになるはずがない」と思う人も多いですが、誰にでもかかり得る病なのです。ですから、みぞおち部分に痛みを感じている人は、病院で一度検査を受けてみる事をおすすめします!

お腹全体に痛みを感じる時疑いのある病気

お腹全体が痛いと言う場合、腹膜炎、腸閉そく、腹部大動脈りゅう破裂などの可能性があります。どれも厄介な病気ばかりですが、腹膜炎などは比較的多くの人がかかる病気でもあります。お腹全体が激しく痛むという場合には、こういった病気を疑いましょう。

背部に痛みを感じる時疑いのある病気

お腹と言うよりも背中に近い部分に痛みを感じる事があると、それは急性膵炎や尿管結石が疑われます。いずれもかなり強い痛みを伴う事が多いようです。特に尿管結石の患者さんは多いですから、背部に強い痛みを感じた場合、早めに病院に行った方がいいですよ!

このように胃痛が伴う病気はたくさん存在するのです。食後に軽い痛みがある人やたまに胃が痛む程度でしたらあまり心配はいりません。ただ、うずくまるほどの激しい痛みを伴う胃痛の場合は、なるべく早めに病院で診察を受けてください。

病院で治療を受ける事で、痛みが治まるかもしれませんし、何か重篤な病気が見つかるかもしれません。特に重篤な病気ともなると、早期発見が大切です。ですから、忙しい方も時間を見つけて診察を受けましょう!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る