TOP > > キリキリ痛む胃痛を改善!3つの簡単な方法でしっかり予防!

キリキリ痛む胃痛を改善!3つの簡単な方法でしっかり予防!

「胃痛は、仕方ない」と思って、諦めていませんか?でも、胃痛は予防する事も出来るのですよ。今回は、誰でも簡単に出来る、胃痛の予防法を3つご紹介します。毎日予防に努める事で、今までの胃痛が嘘のように、スッキリ改善されるかもしれません!

自律神経を整えて胃痛予防!

1つ目の簡単に出来る胃痛予防法は、自律神経を整える事です。胃痛の原因は多岐にわたるのですが、自律神経の乱れも深刻な要因のひとつとなっています。つまり、自律神経の乱れが原因となって、胃痛に苦しんでいる人も多いのです。

そこで、自律神経を整えて、胃痛を改善させるという方法がお勧めです。ではどうすれば、自律神経を整える事が出来るのでしょうか?自律神経を整える方法は、ストレスを溜めない事やバランスの良い食事を摂る事などたくさんあります。

しかし、最もお勧めしたい方法は、「呼吸法」です。鼻から息をゆっくり吸い込んで、数秒息を止めてください。そしてその後、ゆっくりと鼻から息を吐き出します。とっても簡単な呼吸法なのですが、自律神経の乱れを整える効果があると言われています。

自律神経の乱れが改善されれば、それに伴っておこっている胃痛も改善されます。ですから、呼吸法などを試して自律神経の乱れを整えましょう。

腹八分目を実践して胃痛予防!

2つ目の簡単に出来る胃痛予防法は、腹八分目を実践する事です。おいしいものを目の前にすると、ついつい食べ過ぎてしまう人も多いのではないでしょうか?でも、「食べ過ぎは胃痛最大の要因の1つ」と言われています。暴飲暴食は、胃に大きな負担がかかり急性胃炎などを起こして、胃痛に苦しむ可能性が高まります。

そこで実践して頂きたいのが、「腹八分目」と言う訳です。つまり、お腹いっぱい食べずに、少し余裕を残して「ごちそうさま」をすると言う事です。これは、胃痛予防だけではなく、健康の基本とも言われています。

食べ過ぎは胃痛の原因や、健康被害の引き金となります。ですから、食べ過ぎを防止して腹八分目を実践しましょう。

ピロリ菌の除菌で胃痛予防!

3つ目の簡単に出来る胃痛予防法は、ピロリ菌の除菌です。ピロリ菌とは、胃に住んでいる悪い細菌の事です。ただ、ピロリ菌は胃の粘膜を攻撃しますので、様々な病気を引き起こすきっかけになると言われています。急性腸炎、慢性腸炎、十二指腸炎、胃がんなど、胃や腸の病気とかかわりがあると考えられているのです。

ただ、ピロリ菌がいたからと言って、100%こういった胃痛を伴う病気にかかると言う訳ではありません。しかし、ピロリ菌が胃の病気に何らかの影響を及ぼしている事は、ほぼ間違いないと考えられています。

ですから、胃にピロリ菌がいるとわかっている方は、除菌をした方が良いです。でも、ピロリ菌は、どうやって除菌すれば良いのでしょうか?それは、とっても簡単です。病院でピロリ菌除菌用の薬を処方してもらうだけで、ほとんどの方が胃からピロリ菌を追い出すことができます。

もちろん保険適応内の治療になりますので、安心して病院を受診してください。ピロリ菌を除菌する事で、病気のリスクも減り、胃痛で苦しむ可能性も低くなります!

このように、胃痛の予防法としては、自律神経を整える、腹八分目を実践、ピロリ菌を除菌などがあります。ぜひ、参考になさって下さいね!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る