TOP > > 胃痛を和らげるツボがあった!4つのツボで胃痛にさようなら!

胃痛を和らげるツボがあった!4つのツボで胃痛にさようなら!

仕事中や外出先で、急に胃が痛みだす事ってありませんか?そんな時には、うずくまるわけにもいきませんし、本当に冷や汗が出てしまいますよね。そこで今回は、胃痛を和らげる4つのツボをご紹介します!

合谷(ごうこく)で胃痛を緩和!

急な胃痛の際、覚えておくととっても便利なツボは、合谷(ごうこく)です。合谷は、手の甲側の親指と人差し指の付け根辺りにあるツボです。合谷は様々な痛みの緩和に有効とされていますので、覚えておくととっても便利ですよ。

合谷を刺激する際のポイントは、少し痛みを感じる程度に押すことです。つまり、強めに刺激をする事で、より高い効果が期待できます。合谷は手にあるツボですから、仕事中でも人目を気にせずツボを押すことが出来ます。急に胃が痛みだした時には、ぜひ合谷を刺激してみましょう!

内関(ないかん)で胃痛を緩和!

急な胃痛に行くツボとしては、内関(ないかん)も人気があります。内関は手のひらを上にして、手首から指3分肘よりの場所に位置しています。内関は鎮痛作用のあるツボとして知られており、胃痛緩和にも高い効果が期待できます。また、慢性胃炎やイライラ緩和にも効果的だと言われていますので、覚えておくと色々な場面で役立ちますよ!

足三里(あしさんり)で胃痛を緩和!

足三里(あしさんり)も、急な胃痛を和らげる効果が期待できるツボの一つです。場所はその名の通り、足にあります。正確には、ヒザの皿部分から指4本分程度下の方にあるツボです。足三里は、胃痛緩和作用だけでなく、体力増強、病気予防にも効果がある事で知られています。

ですから、足三里を覚えて、毎日刺激をする事で体力アップや病気予防に努めましょう!毎日足三里を刺激する事で、胃痛緩和だけでなくうれしい健康効果を実感する事が出来るかもしれません!

中かん(ちゅうかん)で胃痛を緩和!

中かん(ちゅうかん)と呼ばれるツボも、胃痛緩和に効果的です。中かんは、みぞおちとへその中間点にあるツボですから、ツボ初心者の方でも簡単に把握する事ができます。中かんを刺激する際のポイントは、息を吐きながら指を押し込むように押す事です。

また中かんは、胃痛だけでなく様々な胃の症状に効果があると言われています。その為、最近胃の調子が良くないと感じる時などに刺激してもいいかもしれません。胃の機能回復に幅広く効果があると言われていますので、ぜひお試しください!

このように、胃痛緩和に効果的なツボは、合谷(ごうこく)、内関(ないかん)、足三里(あしさんり)、中かん(ちゅうかん)があります。急な胃痛でお困りの際には、ぜひこういったツボを刺激してみましょう!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る