TOP > > 胃痛とストレスの関係とは?自律神経の乱れによる機能性胃痛対策

胃痛とストレスの関係とは?自律神経の乱れによる機能性胃痛対策

なんとなく胃がムカムカして締め付けられるような痛みを感じることがあります。これは胃痛の症状の一つですが、このような症状で悩まされている人は貴方の周りにも結構いるはずです。

胃痛は現代社会においてポピュラーな病気であり、薬局やドラッグストアなどにおいても胃薬が一番の人気商品となっているようです。

胃痛と言ってもその症状も様々で、シクシク痛むものや、キリキリと痛むもの、またギューとお腹を押されるような痛みのものまで多くの症状が見られます。最近では慢性的な胃痛を訴える人が増加しており、特に若年層の増加が見られます。

このように社会問題と考えても良い胃痛ですが、その原因には以下のようなことが考えられます。

  • 胃酸が多く、食道などに逆流している。(逆流性食道炎など)
  • 胃が炎症を起こしており、食べ物を食べることで痛みを感じる。
  • 胃の血流が阻害されており、胃の活動が低下している。
  • 胃酸が少なく消化が上手くできない。

このように胃痛を発症させる原因は色々とありますが、多くは専門医の検査によって理由が判明します。しかし、一部の胃痛においては一見して異常はなく、原因不明の胃痛と判断されてしまうのです。これを機能性胃痛(機能性胃腸炎)と呼んでいます。

原因不明の胃痛は機能性胃腸炎かも?

胃が痛くてなかなか治らない場合、やっぱり専門医に診てもらいますよね。多くの場合では内視鏡検査の予約を取って、後日その検査を受けると思います。胃の内視鏡検査(胃カメラ)は鼻や口から細いカメラを飲み込んで、胃の内部を直接調べる検査法です。

胃の内視鏡検査の精度は高く、胃炎やポリープ、小さな腫瘍など、レントゲンでは見つけにくい症状まで確認できます。反対に内視鏡検査で問題がなければ、胃に問題はないと診断されてしまうので、原因不明の胃痛だけが取り残されてしまう結果にもなるのです。

「胃には問題なかったですか。胃痛は私の勘違いだったんですね」で済めば良いのですが、なかなかそうは行きません。それでも胃痛を感じる場合は、胃の問題ではなく胃を動かす機能の問題を疑う必要があるでしょう。

これが機能性の胃痛なのです。機能性胃腸炎は胃や腸という臓器に問題がある訳ではなく、それを働かせる機能に問題があります。例えば胃が上手く膨らまない場合や胃の動きが悪く腸に内容物を送れない場合などが考えられるのです。

機能性胃腸炎はストレスによる自律神経の乱れが原因かも

それでは胃の機能がどうして上手に働かなくなってしまうのでしょうか?その原因として考えられるのが「ストレス」ですね。ストレスは現代社会において様々な病気を引き起こす原因になります。

機能性の胃痛を訴える人も、多くがストレスを感じて生活していることからもそれが言えるのではないでしょうか。特に過度のストレスは自律神経を乱す原因にもなり、胃には大きな影響を与えてしまうのです。

自律神経とは無意識下で臓器や体温などをコントロールしている機能で、胃の消化作用にとっても重要な働きをしています。自律神経が乱れることは胃の機能性も低下することから、胃痛などの症状が出てくると考えられるのです。

本来であれば胃に食べ物が入っているときに分泌される胃酸が、空腹時に大量に分泌されては胃も痛くなりますよね。これも自律神経が乱れた症状と言えます。

このように機能性胃腸炎の場合、自律神経が乱れている可能性があるので、それを正常に戻す必要があります。それには「十分な睡眠」「夜型の生活を止めて、規則性のある生活を行う」「ストレスを溜めないようにスポーツで発散させる」などが有効です。

また、食べすぎや過度のアルコールも避けるようにしましょう。散歩やウォーキングで気分をリフレッシュさせて、ゆっくり身体を休めるのが一番効果があるかも知れませんね。

もし、貴方に胃痛があって検査で問題がない場合、もしかしたらストレスによる機能性胃腸炎の可能性があります。自律神経の乱れがないか十分に注意してみましょうね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る