TOP > > 食べ過ぎだけじゃない!胃痛の意外な3つの原因と予防法!

食べ過ぎだけじゃない!胃痛の意外な3つの原因と予防法!

胃痛と聞くと、何となく暴飲暴食をイメージする人が多いのではないでしょうか?確かに食べ過ぎも胃痛の原因となります。でも、胃痛の原因は、暴飲暴食だけではないのですよ。そこで今回は、胃痛の意外な原因を3つご紹介します。また、その予防方法もあわせてご説明していきます。

ピロリ菌が原因の胃痛と予防法について!

ピロリ菌も胃痛の原因となります。ピロリ菌は、胃の粘膜に住み着いている菌です。全ての人の胃に住み着いているわけではありませんが、50代以上の人に関しては、約80%がピロリ菌保菌者と言われています。

しかし20代未満の人などは、衛生状況の良い中生まれ育っていますので、ピロリ菌保菌率はかなり低くなっています。でもなぜ、ピロリ菌が、胃痛の原因となるのでしょうか?それは、ピロリ菌が胃の粘膜を傷つけるからです。

ピロリ菌によって胃の粘膜が傷つけられると、慢性胃炎にかかりやすくなります。そして、胃痛の症状が現れるのです。ではどうすれば、ピロリ菌が原因の、胃痛を予防する事が出来るのでしょうか?

ピロリ菌が原因の胃痛は、ピロリ菌を撃退する事で症状が改善されます。ですから、ピロリ菌を退治したらよいのです。ピロリ菌は、病院で薬を処方してもらう事で、簡単に除菌ができます。保険内治療で、それほど高額な治療ではありません。

ピロリ菌が原因の胃痛でお悩みの方は、病院で薬を処方してもらい、ピロリ菌を除菌しましょう。そうすることで、ピロリ菌が原因の胃痛から解放されるかもしれません!

自律神経の乱れが原因の胃痛とその予防について!

自律神経の乱れが、胃痛の原因になる事もあります。強いストレスを受けた時、自律神経が乱れる事があります。自律神経が乱れると、胃酸が過剰分泌されてしまいます。でもなぜ、胃酸が過剰分泌されると、胃痛の原因となるのでしょうか?

それは、胃酸が過剰分泌されると、それにより胃の粘膜を傷つけてしまうからです。胃の粘膜が傷つけられると、胃に痛みを感じます。つまりそれが、胃痛と言う訳なのです。では、どうすれば自律神経の乱れが原因の、胃痛を予防する事が出来るのでしょうか?

それは、自律神経が乱れる原因を無くす事です。つまり、ストレスを溜めこまない事が、胃痛予防につながるのです。ストレスは、生きていれば必ず受けてしまいます。ですから、上手に受け流す方法を身に着けたり、心を鍛えてストレスに強くなったり、楽しみを見つけてストレスを上手に発散するすべを身につけましょう。

ストレス対策を万全にして、自律神経の乱れ予防が出来れば、自律神経の乱れからくる胃痛を予防・改善する事が出来ます!

病気が原因の胃痛とその予防について!

何かの病気が原因で、胃痛が起こる事もあります。例えば、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などです。ただの胃痛でしたら、それほど心配ないのですが、胃潰瘍や十二支腸潰瘍の場合は、放っておくと悪化する恐れもあり、病院での治療が必要です。

では、病気が原因の胃痛は、どのように予防していけばよいのでしょうか?病気が原因の胃痛の場合は、まず原因となる病気を治療する事が必要です。胃腸科などのある病院で、しっかり治療を受けてください。

このように、胃痛の原因は食べ過ぎ以外にも、ピロリ菌、自律神経の乱れ、病気などの要因があります。いずれにしても、胃痛の症状が長引く場合は、病院で治療を受けてください。適切な治療を受ける事で、ツライ胃の痛みから早く解放されますよ!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る