TOP > > 胃が痛い時に食べると良い・悪い食べ物!正しい食事の摂り方

胃が痛い時に食べると良い・悪い食べ物!正しい食事の摂り方

急に胃が痛むことはありませんか?胃はとてもデリケートな臓器なので、食べ過ぎや飲みすぎ、ストレスや薬の影響など、様々な原因で痛みを生じます。急な胃の痛みに襲われた時には、食事の摂り方に十分注意しなければなりせん。胃が痛くなった時の食事の摂り方についてアドバイスします。

急に胃が痛くなった時、食事を摂るべきか?

胃の痛みを感じる時は、胃の粘膜が荒れ、食欲もなくなるので、何も食べない人が多いのですが、胃の痛みを早く回復させるには、消化の良いものを少しでも食べたほうが、栄養や体力がつき、胃の働きが回復するので早く治ります。

また、胃が痛い時の多くは、胃酸が胃の粘膜を刺激しているので、少量でも食べ物が胃にあったほうが胃酸が中和し、胃の粘膜を保護する働きをするので、胃の痛みが早く和らぐのです。

胃が痛い時に食べると良い食べ物

胃に痛みがある時に食べたほうが良い食べ物は、端的に言えば、流動食です。おもゆ、おかゆ、葛湯、野菜を煮込んだスープ、果物をすったものなど、消化にかかる負担が少ない流動食を食べるようにして下さい。

煮込んだうどん、ヨーグルト、牛乳、卵黄、豆腐、茶碗蒸し、よく煮た鶏肉や白身魚など、たんぱく質が多く、消化に負担がかからない食べ物なら構いません。ただし、一度にたくさん食べずに、少量ずつ回数を分けて、よく噛んで食べるようにして下さい。

調理法は、ゆでる、煮る、蒸すというように、食べ物に火を通し、味つけは薄味にして下さい。生ものは食べないようにして下さい。また、刺激の強い調味料や香辛料も使ってはいけません。カレーなら食欲がわくという人もいますが、刺激が強いのでいけません。

胃痛の時、食べてはいけないもの

基本的に、冷たいもの、熱いもの、油っぽいもの、香辛料の強いもの、辛いもの、コーヒー、アルコールなど、胃を刺激するものはすべて避けるようにして下さい。冷やご飯、チャーハン、寿司、天ぷらやフライ、梅干し、塩辛、漬物、硬い野菜、チョコレート、和菓子など甘いものも、胃に刺激を与えるので控えて下さい。

タバコやアルコール、コーヒー、緑茶や紅茶も、胃に刺激を与えるのでいけません。しかし、水分はしっかりとらなければいけませんので、一度沸騰させた白湯を飲むようにして下さい。冷たい水は控えて下さい。

急な胃の痛みが起こり、市販の胃腸薬などを服用して、3~4日たってもまだ痛みが続く場合は、急性胃潰瘍や急性膵炎、胆石症なども考えられるので、医師に相談するようにしましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る