TOP > > 冷房で腹痛や頭痛、だるさを感じる人へ!クーラー病、冷房病の予防法

冷房で腹痛や頭痛、だるさを感じる人へ!クーラー病、冷房病の予防法

エアコン

今は一家に1台というよりも、各部屋に1台のクーラーやエアコンが当たり前になっています。暑い夏もクーラーがあれば快適に過ごせますが、冷房の使い方によってはクーラー病になるリスクもあるのです。

夏になると、体がだるくなったり食欲が無くなったりしてお困りの方、いらっしゃいませんか?もしかしたら冷房病かもしれませんよ。

クーラー病には女性も男性も関係なく、また子供もお年寄りも気を付けなければなりません。そんなクーラー病の症状や予防法、対策をご紹介いたします。

クーラー病、冷房病って?その症状とメカニズム

クーラー病は日本にクーラーが普及し始め、どんどん性能が高まるにつれ増えている傾向があります。その昔まだクーラーなど無かった時代には、クーラー病という言葉も存在していませんでした。

クーラー病、冷房病とは、クーラーの効き過ぎた室内に長時間いることにより、自律神経が乱れ体調不良を起こすことを言います。正式な病名ではありません。

クーラーは部屋の中を冷やし涼しく快適な環境を作ってくれます。しかし一歩部屋の外に出れば、蒸し暑い夏の気温で一気に汗が吹き出てきます。

本来暑い夏には汗をかき、汗が蒸発する時体の熱が冷やされそれで体温調節をしていました。ところがずっと涼しく快適な温度の中にいるので、血管は収縮し代謝も少しずつ低下します。

一旦外に出ると今度は極端な温度差で、体が温められ血管が拡張します。代謝も上がり汗をかきますが、私たち人間の体は5度~7度までの温度差なら自律神経がうまくバランスをとって体温調節をしてくれるのですが、これを超える温度差には体が対応しきれなくなります。

本来なら暑いはずの時期に、クーラーによって体が冷やされるので、自律神経はますますバランスを崩して以下のような症状が起こります。

  • 頭痛
  • 腹痛や下痢
  • 腰痛
  • だるさ
  • 肩こり
  • 神経痛
  • 食欲不振
  • 寝起きが悪くなる

また涼しい室内で長時間過ごすので、常に体が冷え血行不良を起こします。

自律神経のバランスは一度崩れてしまうとそれが当たり前になってしまい、修正するのが難しくなります。こうなると慢性的に体が冷えた状態になるので、常に頭痛や肩こりが続きます。

注意したいオフィスでのクーラー病

冷房病が起こりやすいのはオフィスです。自宅では自分にあった温度設定にすることが可能ですが、オフィスは様々な人たちがいるためそうはいきません。

暑がりな社員がいたり男性が多い職場だと、低めの温度設定になりがちなので、女性はなかなか言い出せず我慢するというケースが多いようです。

また仕事によってはオフィスと外を何度も往復したり、ちょっとした用事で外に出る機会があると思います。冷え切ったオフィスと炎天下の中を往復することで、体には想像以上のダメージがかかってしまうのです。

クーラー病の予防には日頃の行いと身体を冷やさないことが大事

夏場によくやってしまいがちな夜ふかし、暴飲暴食は最大の敵です。不規則な生活が自律神経を狂わせ抵抗力を下げてしまいます。喫煙も身体を冷やす原因になりますから、やはりよくないでしょう。

就寝時間や起床時間を一定に保ち、温かく栄養のある食事を摂ることを心がけ、適度な運動により血行をよくする…これにつきます。

その他にもクーラー病に立ち向かう予防対策法がありますので、さっそくみていきましょう。

予防対策1.設定温度は28度に

クーラーを使うときは温度設定に注意します。適温は28度だと言われていますね。これは省エネだけが目的なのではなく、人の体にとって一番負担が掛からない温度であり外との温度差も5度~7度に抑えられるからです。

室内の温度に重点を置くのではなく、湿度をうまくコントロールすることがポイントです。湿度が55%以下であれば温度が高くても快適に活動できます。

また直接冷気を浴びないように注意しましょう。直接あたる冷気は、設定温度よりも低く慢性的な低体温になる可能性があります。

予防対策2.身体を冷やさない

会社などで自分の思い通りに温度調節ができない場合は、ひざ掛けや腹巻を使って体が冷えるのを予防しましょう。厚手の靴下や夏でもヒートテックのように体を冷やさない下着を身につけてもいいですね。

首筋は体を冷やすので、1枚スカーフを巻くだけでも冷えを予防できます。特に女性は下半身を冷やさないように注意しましょう。

昔からお腹の弱い人は腹巻をすると良いといいます。カッコ悪いと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、別にフウテンの寅さんのように、腹巻を表に出してつけろというのではありません。

今ではユニクロなどでも毛糸のパンツや腹巻を売っています。そういうものを活用してお腹まわりだけ暖めると良いでしょう。

小さめのカイロをおへその付近にあてるのも効果的です。「夏にカイロ!?」と思われるかもしれませんが、冷房で冷え切った室内では有効なのです。

予防対策3.ぬるめの水分をこまめにとる

冷たい物を飲むのを控えます。冷房を使うような暑い時期にはとかく氷の入ったキンキンに冷えた飲み物を飲みたくなりますが、そこはグッと我慢して、常温もしくは温かい飲み物を飲むことを習慣づけましょう。

身体の表面が冷房によりかなり冷えていますので、せめて身体の中には温かいものを入れてあげて、胃腸の活動がスムーズに行われるようにしておくという身体への配慮が大切です。

お腹を冷やさないように、少しぬるめもしくは温かい白湯やお茶をこまめに摂ってください。水分は主に大腸で吸収されます。お腹が痛くなるということは、大腸での働きが大きく関係している場合があります。

腸はぜん動運動をしながら、老廃物をだんだんと便として直腸に向かって押し出していきます。普段の生活では、人の体温は36度~37度くらいですから、腸もそのくらいの温度環境で動いているということです。

外気温が高いと、体温調節をするために身体は汗として水分を放出します。逆に冷房で急激に冷やされると身体の表面だけが冷えてしまって汗が止まります。

水分を吸収する大腸が、汗のために必要な分だけ吸収できずに動きが鈍くなります。

大腸としては、身体に必要な分だけ水分を吸収し不要な分は排出してしまいたいところですが、それを汗として使うのか尿として出すべきかあたふたしてしまうというイメージです。それが腹痛となって、身体の主に信号を送っているということです。

大腸があたふたしないように、一気に水分を大量に飲むのではなく、少しずつこまめにとることで、大腸も余裕を持って環境に応じた対応をすることができるようになります。そうすれば、必然的に、信号を出す必要がなくなり、つまり腹痛が減るということです。

予防対策4.歩く

冷気を浴びた状態で事務仕事を続けることは筋肉の緊張を持続させます。定期的にストレッチで身体を動かすことは、筋肉を柔らかくするのと同時に身体を温める効果もあります。

人間は歩くことで腸の調子が整います。冷房の効いた部屋の中で1日仕事をしたりしているとかなりの運動不足になりますよね。腹痛が起きたらゆっくりでいいので、トイレにいくつもりで少し歩きましょう。

予防対策5.食事で冷えにくい身体をつくる

夏は食欲も落ちてしまうので、ついあっさりめに済ませてしまいがちです。体を温める生姜や唐辛子などを取り入れ、体を中から温めてあげましょう。酸っぱいものは疲労回復効果もあるので、毎日梅干や酢の物を食べるのもいいですね。

今は美味しく飲めるお酢のドリンクなどもあるので、そういうもので代用も可能です。

予防対策6.シャワーではなく入浴で

入浴はシャワーで済ませるのではなく、ゆったりと湯船に浸かることをお勧めします。

とくに半身浴が効果的です。低温のお湯に胸の下まで浸かり、20分程度のんびりと過ごします。苦痛な方もいらっっしゃるかもしれませんが、音楽を聴くなど工夫しながら行いましょう。大量の汗をかくことで代謝もアップし冷えにくい体質になります。

予防対策7.寝るときの対策も大事

夜寝るときはクーラーをつけっぱなしにせず、タイマーをセットしておきましょう。この時扇風機も使って冷たい空気を部屋中に行き渡らせておくと効率よく冷えます。ただし寝るときはパジャマを着てタオルケットをかけるなど、体を冷やさない工夫も大切です。

表面がヒンヤリするシーツや布団、タオルケットやパジャマもあるので、そういうものを取り入れればクーラーなしでも快適に眠れます。首筋を冷やすのも効果的なので、氷枕にタオルを当てそれを首の後ろに当てておけば気持ちよく眠れると思います。

予防対策8.朝の簡単な運動で冷え知らずに

冷えない体を作る為には運動も重要です。激しい運動は一切必要ありません。

ウォーキングや軽いジョギング、ストレッチなどがお勧めです。毎日定期的に運動することで筋肉がつき代謝が良くなるので、冷房病や夏バテになりにくい体が作られていきます。

夏場の運動は無理せずに自分のペースで、また気温の低い早朝がお勧めです。

中年の男性にクーラー病が広がっている理由

中年になってくると、皮膚の感覚がだんだん鈍くなってくる事をご存知でしょうか?

よく老人が入るお風呂が熱いと言われるのはそのせいなのです。この感覚は、外気の温度に対しても同様です。周りの人が暑い、暑いと言っているのにそんなに暑く感じ無い。これこそが冷房病にかかってしまう最大の原因なのです。

室内から外に出たとき、温度差をあまり感じなくてもそれは感覚だけで身体はちゃんと温度差を受けてしまっています。このことに気がつかないでいると体調を悪化させてしまうのです。

また、女性と違いスーツの着用や日傘の不使用などが拍車をかけていると思われます。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る