TOP > > 便秘と下痢で悩む方の為のお腹のトラブルの改善法を教えます

便秘と下痢で悩む方の為のお腹のトラブルの改善法を教えます

お腹の不調に悩まされている方は多いです。下痢を繰り返していたり、反対に便秘でお腹の張りが辛かったり、またどちらも交互に引き起こすなどの不調は栄養の吸収が悪くなり、体全体の不調へ繋がります。

お腹のトラブルは長い目で見れば整腸が鍵ですが、症状に合ったピンポイントなケアをしていくことも大切です。お腹のトラブルの改善法を症状別に見ていきましょう。

全ては整腸をする事が大切

便秘や下痢、便秘と下痢を交互に繰り返すなどが頻繁な方は、腸の善玉菌が減り悪玉菌が優位になっています。そのせいで腸が刺激に敏感になっており、お腹のトラブルを引き起こしているのです。

お腹のトラブルには整腸が鍵です。便秘の薬や下痢止めを常備薬にするよりも、整腸剤を飲み根本から整える方が改善に繋がります。

ビール酵母がお勧め

整腸には薬よりもビール酵母がお勧めです。ビール酵母といえば妊婦さんの栄養サプリや、妊娠を望む夫婦の栄養剤などで有名ですが、整腸にもとても効果があります。天然の酵母なので体に負担がなく、整腸にはピッタリです。

便秘にはデトックス

腸の悪玉菌が増えると、腸の中には老廃物や体内に有害な物質がそのまま居座り、代謝が悪くなります。便秘の症状に悩まされる人には肌あれやニキビ、皮膚の老化など、皮膚にトラブルが現れやすいのも特徴です。

体の中の毒素は便によって排出されます。便によって排出される毒素は70~75%と言われています。便秘により排出されなかった毒素は、再び血液などから体内に戻ってしまいます。

毒が再び体内を回るとは、聞いただけでショックですね。毒素を排出するために毎日の排便がいかに大切かが分かると思います。毎日のデトックスで体の新陳代謝を正常に保つ為に、便秘は一刻も早く治したほうが良さそうです。

便秘を解消する為のデトックス

便秘を改善する為には老廃物を追い出す事が大切。つまりデトックスです。デトックスの為に是非習慣にしたい事をいくつか見ていきましょう。

寝起きに白湯を飲む

朝起きたらまず白湯を飲みましょう。腸が刺激されて活発になります。冷えた水は体を冷やすので、デトックス効果の高い白湯がお勧めです。

食物繊維を取る

便秘といえば食物繊維です。食物繊維は消化が良いので便通が良くなるのではなく、消化しにくく繊維として残る為、腸の中の便を絡め取りながら排出してくれます。特に肉料理を食べる日は、必ず食物繊維を多めに取っておきましょう。

軽運動や腹筋力をつける

軽い運動は便通を良くします。さらに腹筋を鍛えるのも効果的です。便秘に悩まされる方は筋肉量が少なく、りきむ力が足りない場合も多々有ります。腹筋を鍛える運動を取り入れてみましょう。

洋式トイレでは腰を立てて背筋を伸ばす

便秘で苦しむと、りきみたい為に背中を丸めて小さくなりがち。しかしこの姿勢では腸を圧迫して上手く力が入りません。スムーズに便が排出される姿勢は、腰を立て上半身の姿勢を良くする方が良いのです。

下痢には冷やさない事と水分が大切

お腹がすぐ冷えてしまう敏感な方は、便秘よりも下痢に悩まされます。また緊張やストレスなどでも下痢になりやすいです。過敏性腸症候群などと言われ、いつ腹が痛くなりトイレに駆け込む状況になるかと、不安感もつきまといます。

消化不良や食あたりの場合も

下痢の症状は、「腸内に留めておくと体に害を及ぼす」と腸が判断し下痢を起こさせ排出を促す役割もあります。この働きにより体が菌などに汚染され続ける事を防ぐ事ができるのです。

そのため下痢止め薬を多飲するのは注意しましょう。体内に残すべきではない菌や毒が排出されずに溜まってしまうと、いつまでも体調を崩す羽目になります。

水分補給は必須

下痢が続くと体内の水分が失われます。トイレに駆け込むたびに、水分とミネラル分を補給するくらいの感覚でいる事が大切です。ただし、下痢の時にお腹を冷やすのはいけません。この時も活躍するのが白湯です。ミネラル分をプラスする為に塩を舐めておくのも良いでしょう。

乳酸菌やビフィズス菌を取る

腸の善玉菌を増やす事が大切。お腹のトラブル全体に言えることですが、整腸を心がけましょう。ヨーグルトや乳酸菌飲料を取り入れて、腸内環境を整えるのです。

整腸と共に筋肉をつける

お腹のトラブル改善で特に大切な事は整腸、デトックス、そして腹筋です。筋肉量が少ないと体が冷えやすく、下痢を引き起こしたり、便秘の時にりきむ力が足りません。薬に頼りすぎず根本から改善させる為に、積極的な行動を起こしましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る