TOP > > 知っておきたい5つの腹痛の症状と種類

知っておきたい5つの腹痛の症状と種類

身近な痛みである腹痛を見直そう

腹痛は私たちにとって身近な症状です。日常的に痛むといっても過言ではないこの症状は軽視されがちですね。なんといっても我々はトイレに行きたくなる前兆すら、腹痛で感じるのですから。

トイレの予感である腹痛は痛みの種類でいうと内臓性の痛みになります。腸が活発に動くことによって痛みを感じるのです。腹痛の種類は5つに分かれています。痛みの種類から症状を探ってみましょう。

内臓性腹痛

内臓自体が原因になり、引き起こされる腹痛です。もっとも多い症状といえるでしょう。鈍い痛みが継続しておこる傾向にあるようです。鈍痛な為、痛む範囲が広く感じられ部位の特定が伝えづらいといえます。関連して下痢や嘔吐の症状も多くみられます。

体性腹痛

鋭く差し込むような痛みで、内臓性腹痛と違いは痛みの部位を自覚できるところにあります。医療機関を受診する際、医師に症状を伝えやすくはありますが、急性な場合が多く救急車を要請する事態になることもしばしば。

心因性腹痛

ストレスからくる痛みで、胃腸にあらわれる場合が多いようです。もともと器質的には異常が無かったとしてもストレス要因で臓器に異常があらわれてくることも。

関連痛

他の部位の症状が腹痛となって現れるものを指します。脳が痛みの発生している部位を誤認識して起こるといわれています。

放散痛

痛みが広がるように伝線し他の部位でも感じられます。

このように痛みの種類分けをしてみても、実際は痛みの強さや下痢、嘔吐の併発もあり分析どころではなかったり、痛みの種類も混在していてどれに当てはまるか分からなかったりと、混乱してしまいますね。

腹痛は軽い症状から命にかかわる重大な症状まで多岐にわたります。大切なのは少しでも痛みの様子がおかしいと感じたら自己判断で我慢をせずに受診することです。

痛みが起こる部位と疑いのある病気

へそ周辺

腸をはじめとする消化器の異変。腸炎、初期の虫垂炎の疑い。腸炎は下痢の症状を伴います。虫垂炎の場合は後に痛みが右下に移動していきますので判断がつきやすいようです。

みぞおち

胃、十二指腸の異変。胃腸炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍の疑い。とくに空腹時おこり長く続く痛みは要注意です。

右上腹部

肝臓、胆嚢、右腎臓、すい臓の異変。肝炎、胆石症、すい臓がんの疑い。重大な病気のある可能性がある部位です。背中や胃に関連痛、放散痛を起こしていることも。

左上腹部

脾臓、腎臓、直腸、心臓の異変。直腸がん、狭心症等の疑いがあります。右上腹部同様、慎重に痛みを判断することが重要です。

左右わき腹

腎臓の異変。腎臓結石、急性腹膜炎の疑い。

下腹部

大腸、膀胱、男性では前立腺、女性では子宮、卵巣の異変。膀胱炎、前立腺炎、子宮疾患、卵巣脳腫の疑い。妊娠中の下腹部の痛みは直ちに産婦人科へ。流産の危険性も。

腹部全体

過敏性腸症候群、腹部大動脈瘤、腸閉塞等の疑い。

おおよその内臓の位置になりますが、関連痛、放散痛などが併せておこっている場合が多くたいへん判断が難しいものですね。おなかが痛いことはどんなに些細な症状でも身体から発信される自己防衛の信号です。どの場合もまずはかかりつけの医療機関を受診しましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る