TOP > > 整体師が伝授!冬の肩コリには使い捨てカイロをココに貼れ

整体師が伝授!冬の肩コリには使い捨てカイロをココに貼れ

肩コリで悩まされている人は思いのほか多く、日本の国民病とも言える状況になっているそうです。肩コリの原因は色々と考えられますが、多くの場合で筋肉の血流が悪くなることで発症しています。

秋から冬にかけてのシーズンは、気温も低下してきて身体に様々な影響を与えます。寒い外気は身体を冷やし、自律神経は体温を逃がさないように血管を収縮させます。

この働きにより筋肉の血流が滞る状態となり、肩コリなどの筋肉異常が発症するのです。もちろん、寒い日においてもストレッチや運動などを定期的に行うことで、このような問題を解消することも可能ですが、忙しくてできない人も多いようです。

寒い日の必需品の中に「使い捨てカイロ」を選択する人はいませんか?使い捨てカイロは手軽に使えるあったかツールとして人気の商品です。この使い捨てカイロを使った肩コリ解消法があるのですが、使い方を間違えているケースも見受けられます。

整体師の経験から効果的な「使い捨てカイロで行う肩コリ解消法」を伝授しましょう。

貴方の肩コリは本当に肩コリなの?

肩コリを訴える人はとても多いのですが、実際に肩の筋肉が緊張状態(コリの状態)にある人はそんなに多くはありません。「そんな馬鹿な、本当に辛いんだから」って言われる人もいますが、本当にそうなんです。

しかし、どこにも問題がないとは言っていません。肩コリを訴える人の多くは肩ではなく「首」や「背中」に筋肉の緊張が見られるのです。

つまり、自分で肩コリと思っていても、実際には首コリや背中コリが原因と言う訳なのです。このような例はとても多く10人いたら8人はこのような症状になっており、自分では自覚がないまま肩コリと信じているのです。

まず自分の肩コリが本当に肩コリなのかを調べることが肝心であり、対処はそれからと思って下さい。確認方法としては真直ぐの姿勢で、頭を下に向けます。この時、胸は真直ぐにして首だけを曲がることが重要です。

この姿勢をとった時に背中の筋肉が引っ張られる感じがしたら、背中の僧帽筋に緊張が見られます。また首を斜め前や斜め後ろに倒した時に背中が突っ張る時も同様と考えて良いでしょう。

簡単なチェック方法ですが、このような状態の時は肩コリではない可能性が高いのでそれに合った対処が必要です。

使い捨てカイロを使った筋肉緩和に挑戦

肩コリが酷い時に使い捨てカイロを肩に張って、一時的に楽になった経験はありますか?最近、このような「肩コリ対処法」を実践している人が多いそうです。たしかに緊張状態の筋肉を暖めることは、血管を広げ血流を改善する方法として有効です。

しかし、本当に改善しなければならない部分を捉えていないと、さほど効果も見られないと思われるのです。

自分の肩コリは実は首コリや背中コリと判明した人は、肩甲骨にそった僧帽筋を暖めることをオススメしたいと思います。肩甲骨とは背中の左右の肩から腕の付け根付近に1つづつある、逆三角形の形をした骨になります。

僧帽筋はこの肩甲骨の上に被さっている筋肉であり、ここを暖めることで僧帽筋の緊張を緩めるのです。温めるポイントは背骨を中心に左右の肩甲骨の飛び出ている部分が目安になり、この部分一帯を温めるようにしましょう。

僧帽筋は首を支える筋肉とも密接に関係していますので、僧帽筋を緩めることで首の可動も楽になり、首コリも解消できるのです。また背中コリも解消し、肩コリと認識していた痛みも楽になると思います。

使い捨てカイロは直接肌に貼ることは避け、商品の使用方法を厳守して下さいね。また必要以上の長時間の使用も、低温火傷の原因になりますので注意が必要です。

これからまだまだ寒くなってきます。肩を丸くして歩いていると、背中の僧帽筋が緊張してきます。そんな時にちょっと背中を温かくするだけで、不快なコリを発症させなくても済むのです。使い捨てカイロの対処法、如何でしたでしょうか?早速お試し下さいね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る