TOP > > 五十肩かと思ったら?その肩関節の痛みは腱板断裂かも?

五十肩かと思ったら?その肩関節の痛みは腱板断裂かも?

その炎症は五十肩?

40~50代に入ってくると加齢に伴い肩の炎症が起こる人が増えてきます。加齢に伴う肩の炎症はいくつかありますが、その中で最も有名なのは五十肩(四十肩)です。肩が痛くて腕が上がらない、といった症状が特徴です。

50代以降でこのような症状が起こり始めるとまず五十肩を疑うことが多いと思います。五十肩は運動不足が原因とも言われているのでリハビリが有効です。しかし五十肩対策として肩のリハビリを始めたけど治らないという場合は、五十肩ではなく「腱板断裂(けんばんだんれつ)」の可能性も疑われます。

腱板断裂と五十肩の違い

腱板断裂

腱板断裂は加齢によって起こる肩の炎症の中でも五十肩の次にポピュラーなものです。腱板断裂というのは腱板(肩の関節を安定させるはたらきをする4つの筋肉の総称)がすり切れることです。

急性断裂と変性断裂があり、急性断裂は怪我やスポーツなどによって起こるもので、加齢によるものは長い間かけて少しずつ腱板がほつれていく変性断裂のほうです。

腱板断裂が起こると腱板に炎症が起きて痛みが起きたり、関節の動きが妨げられて腕が上がりにくくなります。自然に治ることはなく、痛みを抑える治療や手術が必要になります。

五十肩

五十肩というのは肩関節の周辺に炎症が起こって痛みを感じることです。原因は加齢、運動不足、姿勢の悪さなどによって肩関節に負担がかかるためです。

肩の痛みが起こったり肩関節の動きが鈍くなるといった症状が起こりますが、炎症が治まると自然に回復していきます。肩関節の炎症によって周辺の筋肉が緊張し動きが悪くなっているので、リハビリをすることは筋力を高めて症状の軽快に効果があります。

腱板断裂の症状の特徴

腱板断裂には次のような症状が起こります。

  • 安静時に肩の痛みがある
  • 腕や肩を動かす動作の時に肩から腕にかけて痛みが走る
  • 腕を伸ばしての作業がしづらくなる
  • 夜寝ている時に痛む

また腱板が切れているために肩関節を動かすたびに「ごりっ」という音が聞こえますが、これは五十肩にはみられない特徴です。

どのような人に起こりやすいか

変性断裂は加齢によって腱板が自然にすり切れてくることで起こりやすくなります。特に50~60代の男性に多くみられます。一方、五十肩は女性の方に多くみられます。

職業などによって肩を使い過ぎた人は効き腕のほうの肩に腱板断裂が起こりやすくなります。また毎日の家事や趣味でスポーツを続けてきた人も変性断裂が起こりやすくなります。喫煙や栄養不足も血行の阻害によって肩関節の機能に影響を及ぼします。

肩に炎症が起こったら受診を

五十肩と思っていたらだんだん痛みが強くなってきた、という場合は腱板の断裂が大きくなっている可能性があります。五十肩と間違えることが多いのですが、個人の判断で肩をリハビリしていると炎症が悪化してしまう場合があります。

肩関節の炎症が気になる場合には整形外科を受診して、必要に応じて適切な治療を受けるようにしましょう。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る