TOP > > It戦士必見!PCワークでの肩こりを予防する5つのチェックポイント

It戦士必見!PCワークでの肩こりを予防する5つのチェックポイント

パソコン作業と肩こり

近年、仕事や趣味で長時間パソコンを使用する方はとても多いのではないでしょうか。そんな方たちが悩む症状といえば、肩こり・首の痛み・目の疲れ・頭痛などが挙げられます。特に肩こりや目の疲れを感じる人は多いと思います。酷くなると慢性化してしまう可能性も。

ではどうしてパソコン作業をすると肩こりが起こるのでしょうか。それは長時間同じ姿勢で作業をしていることが関係しています。人間の体は長い間同じ姿勢でいると筋肉が疲労しやすくなります。特にパソコンに向かう姿勢が悪いと、より肩こりを起こしやすくなってしまいます。次に肩こり予防のポイントを5つ紹介していきます。

肩こり予防のポイント1.姿勢を正す

パソコン作業で肩こりを起こす一番の原因は姿勢の悪さです。集中しすぎてつい前のめりになったり猫背になっていませんか?これでは肩や背中、目への負担も大きく必ず弊害が現れます。ピンと背筋を伸ばして画面からも顔を遠ざけましょう。

肩こり予防のポイント2.机とイスの高さ

椅子や机の高さは適切ですか?パソコンを置いている机が高すぎる、または低すぎると体のあちこちに余計な負担が掛かってしまいます。もちろん椅子に関しても同じこと。パソコンに向かった時、無理なく自然な体勢を取れているか?もう一度自分の環境をチェックしてみましょう。他人にも見てもらうのもお勧めです。

もし机や椅子の高さが合っていないと感じた時はどちらかを買い換えることをお勧めします。金銭的に難しかったり緊急の場合は椅子にクッションを置いて高さ調節をしたり、机の脚に物を挟んでみるなどの工夫を。安全にはくれぐれも配慮してください。

肩こり予防のポイント3.寝ながらのパソコン作業は危険

ノートパソコンをお持ちの方で、ベッドや床に寝転びながら作業をしている方はいらっしゃいませんか?持ち運びができどんな姿勢でも作業ができるのがノートパソコンの利点ではありますが、寝転んだままではあまりにも体に負担がかかりすぎるのです。

うつ伏せの状態だとどうしても画面を覗き込んでしまう傾向にありますし、肩や首への負担が大きくなってしまいます。視力も落ちる危険性もあります。最近では仰向けで作業ができるグッズも販売されていますがこれも同じ理由でお勧めはできません。

肩こり予防のポイント4.必ず休憩をとる

ネットゲームなどをしていると、つい時間が経つのを忘れるほど夢中になってしまいますよね。長時間画面に向かっていると肩こりを起こしやすくなります。もちろん肩だけでなく体の様々な場所に負担がかかります。パソコン作業の際には必ず休憩をとるようにしましょう。

休憩の目安は1時間に一度ほど。1時間続けて作業をしたら最低でも5分以上の休憩を挟むようにしましょう。少し体を動かしたり外を眺めてリラックスすることをお勧めします。

職場などで堂々と休めないケースもあると思います。本来なら休めないような職場環境は望ましくないのですが、そのような場合はパソコン画面から目線を外したり肩や首を回したりしましょう。

肩こり予防のポイント5.肩こり改善の体操

パソコン作業の休憩中、また終わった後に簡単な体操をするだけで肩こりはだいぶ楽になります。体操といってもとても簡単な方法です。グーッと思いっきり背伸びしたり、首や肩をぐるぐると回すだけでOKです。これを何回か繰り返すだけで体のこりが解れていきます。椅子に座ったままでできますしお手軽で良いですね。

キャラクター紹介
ページ上部に戻る