TOP > > 眠る前の少しのコツで肩こり予防!しっかり予防の為の5つのポイント

眠る前の少しのコツで肩こり予防!しっかり予防の為の5つのポイント

ツライ肩こりを予防する、簡単な方法をご存知でしょうか?実は、眠る前の、ほんの少しのコツを実践するだけで、ツライ肩こりを予防する事が出来るかもしれません。今回は、肩こり予防のため、眠る前にしておきたい5つのポイントをご紹介します。

歯ぎしり対策をしてから眠る!

1つ目の肩こり予防ポイントは、眠る前に歯ぎしり対策をしておくことです。歯ぎしり癖がある方、いらっしゃいませんか?歯ぎしりは、歯がすり減るばかりか肩こりの原因にもなります。

歯を食いしばる事で、肩に力が入り、肩こりになるのです。ですから、眠る前に歯ぎしり対策をしておくことがお勧めです。でも、歯ぎしりはどのように対策をすればよいのでしょうか?もっとも簡単な方法は、歯科でマウスピースを作る事です。

歯科でマウスピースを作る事で、歯ぎしりの予防をする事ができます。また、歯ぎしりはストレスが原因で起こるとも言われています。ですから、原因となるストレスを解消する事でも、歯ぎしり予防につながります。

寝室の温度を適温に調整する!

2つ目の肩こり予防ポイントは、寝室の温度を適温に調節する事です。でもなぜ、寝室の温度と肩こり予防が結びつくのでしょうか?それは、寝室を適温に保つことで、ぐっすり眠る事が出来るからです。

肩こりの原因はたくさんありますが、その中の一つに、寝不足も含まれます。十分な睡眠がとれない人は、疲労が回復しづらく、肩こりの原因となります。

ですから、眠るのに最適な25℃~28℃程度の室温に設定してください。心地よい温度に設定する事で、ぐっすりと眠れる確率がアップします!そしてそれが、肩こり予防につながります。

枕の高さを調節する!

3つ目の肩こり予防ポイントは、枕の高さを調節することです。高さが合わない枕を使うと、肩がこってしまいます。特に高すぎる枕を使用すると、肩に負担がかかり肩こりになりやすいです。最近では、枕の種類がとても豊富で、様々な素材や高さを選ぶことが出来るようになりました。

ですから、枕を購入する際には、スタッフに相談して、もっとも高さが合う商品を選んでください。また、実際に試すことが出来るようでしたら、購入前にお試しください!よい枕を選ぶことで、肩こりの予防が出来ます。

眠る前に半身浴をする!

4つ目の肩こり予防ポイントは、半身浴をすることです。半身浴とは、入浴方法の事です。具体的には、下半身だけを温めのお湯につかる入浴方法です。38℃程度の温いお湯に約30分程度つかる事で、体が芯から温まります。

体が芯から温まれば、ぐっすり眠る事が出来ます。睡眠不足も肩こりの大きな要因となります。ですから、半身浴後にぐっすり眠る事が出来れば、肩こりの予防につながると言う訳です。

ストレッチをする!

5つ目の肩こり予防ポイントは、ストレッチをする事です。眠る3時間くらい前に、ストレッチなどの軽い運動をするは、肩こり予防に効果的です。でもなぜ、軽い運動をすると肩こりの予防が出来るのでしょうか?

その理由は2つあります。まず1つ目は、軽い運動をする事で、体が温まるからです。体が温まれば、深い眠りにつきやすくなります。深い眠りにつくことが出来れば、疲れが取れて肩こりを解消できる確率が高くなります。

そして2つ目の理由は、運動をする事で血行も良くなるからです。肩こりは血行不良で起こる事が多いですから、こういった血行不良による肩こりの改善も期待できます。

このように運動と肩こり改善は深いつながりがあるのです。ですから、ストレッチや軽いウォーキングなどで汗を流して、肩こり予防をしてください。ただ、寝る前に激しい運動をすると、逆に目が覚めてしまう事があります。そのため、無理のない軽いストレッチなどをおこなうことがお勧めです。

このように、眠る前に出きる肩こり予防ポイントは、たくさんあります。簡単に出来る事ばかりを集めていますので、ぜひお試しください。毎日続けていく内に、肩こりが改善されるかもしれませんよ!

キャラクター紹介
ページ上部に戻る